【2016 ラオス② ルアンナムター】今日はのんびりする

シュンです。

今からタイのチェンマイを出て、バスでミャンマーに向かいます。

やっとこの旅5か国目。

2016 世界一周 ラオス
スポンサーリンク

メイ:二日酔い?

2016/11/13

目覚めた。
すごい、ちゃんとコンタクトを外してるし、着替えもしてる。
シュンのしわざだ。

起きあがってみると、んーやっぱり二日酔い。
今までの経験上、夜まで楽しく飲み続けたときは、次の日99%二日酔いになる。
しかも昼過ぎまで治らなくて、吐かないと良くならないっていうめんどくさいやつ。

でもよく考えてみたら、昨日そんなにたくさん飲んだかな~。
ご飯食べずにお酒たくさん飲んだからかな~。
帰ってきた記憶ないな~。

なんか新郎弟からFB友達申請来てたけど、全然教えた覚えないし。
あと、一眼のレンズカバーもない。
それと大事な大事な日記もない。ヤバイ。
薄々パーティー会場のトイレで吐いた覚えはある。
ふぅ。

とりあえず寝よう。
お腹は空いてるのでクッキーを食べられる元気はあったけど、どうも身体が重い。
しゅんには朝ごはんに行っててもらった。

シュン:腹減った

メイが二日酔いでダウン。
午前は一人で街歩きをすることに。

歩いていると、中国語の看板があちこちにある。
中国系の人が多いのだろうか。

10:30頃、めちゃくちゃ腹減ったのに、カフェ以外にまともに開いている店はほとんどない。
偶然すれ違った移動屋台のおばちゃんの練乳パンを6000キープ(80円くらい)でふたつ買った。

昨日は楽しかったけど大変だったな。
酔っぱらって足元のおぼつかないメイを、ほとんど引き摺るように連れて帰り、ベットに横にしてコンタクトを外して一息。
他人のコンタクトを外したのなんて生まれて初めてだ。

それにしても、昨日の酒はすごくうまかった。
あのラオスワインとか言ってた梅酒みたいなやつ。
死ぬほどたくさん用意されていたから、みんなラッパ飲み。
一人で2,3本飲んだと思う。

あれはその辺の店で売っているんだろうか。

しばらく歩いて、やっと見つけた野外食堂のようなところでレバーとしょうがの炒め物とソーセージ、ご飯で11000キープ。

ご飯を1000キープでおかわり。
ここのご飯はもち米。
これがラオスの主食カオニャオってやつか。

商店で、水とメイ用のエナジードリンクを買って宿に戻る。

【安宿情報】ラオス ルアンナムター〈Thoulasith Guesthouse〉 無難な安宿
ラオス ルアンナムター〈Thoulasith Guesthouse〉 ラオス ルアンナムターでわたしたちが泊まった宿をご紹介します。 ...

メイ:復活の兆し

結局14時半くらいまでは寝てたかな。
シュンがエナジードリンク買ってきてくれた。
ありがたかったけど、炭酸ゼロで、甘すぎて気持ち悪くて全然飲めなかった。

トイレで吐いて復活しようと思ったけど、思うように吐けなかった。
でも体調は回復してきた。
このパターンはめずらしい。

シャワーを浴びて、、遅めの昼を食べに行くことにした。
近くのカフェでヌードル。

観光客向けのご飯を出しているところだったので期待してなかったけど、美味しかった。
別添えの生野菜が嬉しい。
トマトが入っていて酸味もいい。
完全に回復した気がした。

でもレンズカバーと失くした日記のことが気になって胃が痛い。

シュンはビール。
昨日もたくさん飲んだのに、まだ飲めるというのはさすが酒好き。
わたしは今日は酒、いらない。

バナナの葉に包まれたちまきみたいなものを買って帰った。
もちっとしてて美味しい。

ナイトマーケット

18:30頃、ナイトマーケットで夕飯。
地元の人と観光客が半々くらい。
賑わっているのかシケているのかよく分からない、穏やかな雰囲気。

まず、目についた焼き鳥、一本1000キープ。
安いしうまい、なんか知ってる味がする。
ココナッツ?グリーンカレー味?っぽくて酒に合いそう。

生春巻きと揚げ春巻きを2本ずつ買って5000キープ。
揚げ春巻きは時間が立ってて微妙だったけど、揚げたてならもっと美味いはず。
生春巻きはうまい、タレが良い。

ラオスヌードル10000キープ。
ちょっと臭いのは麺?肉そぼろ?なんかちょっと腐ったような発酵臭?納豆みたいな。
麺はつるつるっとした平たい麺をその場でハサミで切っていた。
すごくうまい。
茹で野菜が嬉しい。

ラオスヌードルという名前になってたけど、これはどうやらラオス北部名物のカオソーイという麺料理らしい。
名物となれば、今後も何回か食べたい。

フライドライスは作り置き感があって微妙だった。
ちょっとねちょっとしていた。

デザートに焼きバナナ1000キープ。
この小さいバナナを焼いただけの、素朴な甘さがすごくいい。
あつあつなのに、地元の人は素手でもらっていた。

ナイトマーケットは規模は小さいけど、食べ物の種類は色々あった。
暗くなると野犬が集まってくる。
そして少数民族の女性がかなりしつこく品物を売りに来る。

ズエラレストランで、ラオコーヒー(数軒のカフェのメニューを物色して気になっていた)を注文。
酸味が強いなという印象。
ここでも少数民族の女性が売り込みに。

ちょっとだけ、ベトナムのサパを思い出した。