【2016 ラオス④ ルアンナムター】本日も異常なし

メイです。

現在ミャンマーのインレー。
ネット環境に苦戦しています。

2016 世界一周 ラオス
スポンサーリンク

ルアンナムター、本日も異常なし

2016/11/15

8時ごろ起きて、朝ごはんは部屋でテキトーなもの(ピーナッツ、クッキー、普洱茶、みかん)を食べて済ませた。

洗濯を出したら3キロを超えてて、30000キープもした。
基本は手洗いだけど、手洗いする気にならないような洗面所のときや、あまりに量が多いときなどは、ランドリーを利用することもある。

わたしは午前中のうちに、昨日見つかった砂だらけのレンズカバーをきれいにして、髪を切って、くつをきれいにした。

【安宿情報】ラオス ルアンナムター〈Thoulasith Guesthouse〉 無難な安宿
ラオス ルアンナムター〈Thoulasith Guesthouse〉 ラオス ルアンナムターでわたしたちが泊まった宿をご紹介します。 ...

▼ルアンナムター、本日も異常なし

昼ごはん

11時半ごろになってお腹が空いたので、昨日の昼も行ったご飯屋さん。

▼向かいの道から見たご飯屋さん

ちょうど昼時に来たので、昨日は売れ残りの1品くらいしかなかったのに、今日はおかずの種類がたくさんあって嬉しい!

地元のお客さんもひっきりなしに来ていて(みんな持ち帰り)、繁盛していた。
この辺、ここくらいしか地元の人が来るようなお店ないもんなぁ。

豚肉とハーブの炒め物(のちに「ラープ」だということを知る)、野菜炒めと、ぶっといソーセージ(サイウア)で、2人で16000キープ。
ご飯お代りしてもこの値段。

3つともおいしくて、安くて、天気もいいし、今最高に幸せだと思った。

カオニャオ(ラオスのもち米)は、お腹に溜まって嬉しい。
タイ米よりも好きだ。

Taxi Coffee

気になっていたTaxi Pizzaへ。
ここのコーヒーが気になっていた。

買う前に値段を聞いてみたら、アイスコーヒーが10000キープで高いと思ったけど、作っているところを見たら納得。
ベトナムコーヒーよりも手が込んでいた。

材料は、練乳、粉から淹れたコーヒー、缶に入ったミルク(エバミルク?)、それと少しの塩(!)

ビニール袋に氷をたくさん入れて、コーヒーを入れ、ビニール袋に空気を入れてパンパンにして結んで、かわいい紙袋に入れ、さらにもう少し頑丈なビニール袋へ。
ストローはパンパンにしたビニール袋に、ぷすっと勢い良く刺す。

味は、ベトナムよりも薄め(ベトナムコーヒーは飲むと甘い!と叫びたくなる)でちょうど良い(といっても甘い)。
おいしかった!
ぜひみなさんに紹介したい。(Taxi Pizzaはルアンパバーンにもあった。)

帰りに博物館でも行こうと思ったけど、昼休みの時間でやっていなかったので、一時帰宅。

ルアンナムター博物館

14時頃、博物館へ再訪。
1人10000キープ。

私たちが来たら、係の女性が部屋の電気をつけ始めた。
部屋に入ると、どうやら博物館というのはこの広い1部屋だけのことを言うらしい。

▼立派な入り口

展示物は、民族衣装や、農耕器具、インドシナ戦争時の武器、電化製品、ルアンナムター発展の経過、子供が書いた絵(この絵は売られていた)。

プリントが貼ってあったり、Lサイズ写真が並べてあるだけの学校の展示物レベルで、英語での説明が書いていないものもあった。

中は撮影禁止。10分くらいで見終わってしまった。
こんな立派な建物なのにもったいないな。
他の部分はオフィスとして利用されているらしい。

ルアンパバーンまでのチケット探し

明日のルアンパバーン行きのバスを買うため、何軒か旅行会社をまわって値段チェック。

朝発、昼発、夜発があり、
朝、昼の普通のバスは130000キープ、ミニバンは150000キープ、所要時間は9時間が目安らしい。
夜発(20時発)の夜行は必然的にVIPバスらしく、だいたいどこも150000キープ。

朝の4時くらいに着いちゃうらしいけど、1泊代が浮くので夜行がいいな。

1軒だけ、ひとり140000キープずつでいいよと言ってくれたおっちゃんがいたので、あとで買いに来ることにした。

※こことは別の1軒だけ、夜のVIPバスは、スリーピングバスか普通のバスかどっちが来るかはわからないって言ってきた会社があった。どの旅行会社から買っても同じバスで行くはずなのに、他の会社はVIPだ!スリーピングだ!と言い切っていたのが気になった。

カフェWi-Fi測定

今夜はサッカー日本代表の試合なので、全然Wi-Fiが繋がらない現在の宿ではなく、ちゃんと繋がるカフェ探しを夜までにしなくちゃいけない。

まずは、Mankong Bakery&Cafeで計測。
ここは欧米人の女の子が働いていた。期間限定かな?

結果はいまいち。
次、Zuela Restaurantで計測。と思ったけどWi-Fiパス忘れた。
次、Manychan Restaurant。

Wi-Fi良好!
おそらくルアンナムターで一番良い。笑

ビアラオの黒はスモールしかったけど頼んでみた。(6000キープ)
シュンいわく、「泡がクリーミーでコクがある。中国のビールにはないこの深み。久しぶりに飲むとこういうビールもうまい」らしい。

ソムタム(パパイヤサラダ)は、辛いけどめっちゃ美味しかった。
ここらへんは観光客用のレストランばかりで、どの料理も安くはないけれど、ここはソムタムだけは10000キープと、安めだった。

ソムタム大好き。
日本に帰ったら絶対作ろうっと。

今夜の日本代表の試合を見る会場が決まったので、パソコンの充電をしに一時帰宅。

簡単に人が見つかる街

ルアンパバーン行きのチケットを買おうと、さっきのおっちゃんのカウンターに行くも、おっちゃんがいない。
軽く周辺を探すと、いた。
探すと見つかっちゃうところが、この街だなぁ。笑

無事チケットを1人140000キープで買えた。

※スリーピングバス?と聞くと、「VIPバスだ」と答えられて、あーこれはスリーピングじゃなさそうだ、と思った。

今日の夕飯その1

ナイトマーケットでカオソーイの汁なしバージョン。
スモールが5000キープで、ビッグが8000キープ。
安い!

▼カオソーイ汁なし

隣で食べてた地元のお姉さんが、「唐辛子を入れるといいよ!」と再三言うので、入れてみたら本当に美味しかった。
酢漬けにされているせいか、すこし辛味が弱まっていて、食べやすい。

▼酢漬け唐辛子

ハマって、4つ唐辛子を入れて食べた。(シュンはひとつも食べられてなかったけど笑)
唐辛子をおいしく食べられる人で良かったって、この旅ですごく思う。

ラオスの人たちは辛党だって聞いて、周りを見ていて本当にそう思うし、タイの北部も辛党らしく、これからが楽しみだ。

サッカー観戦

急ぎ足で宿に戻り、パソコンを取りに戻って、またWi-Fiの繋がるManychan Restaurantへ。
お世話になります。

黒ラオを頼んで、シュンはサッカー観戦、メイはブログ。
サッカーはとぎれとぎれで全然見れてなかったけど、後半から接続が良くなり、かなり見れるようになっていた。

ルアンナムターでネットやるなら、Manychan Restaurantがおすすめ。
宿もあるみたいです。

Manychan Guest House

今日の夕飯その2

夕飯はナイトマーケットで、ホルモンと野菜の煮物、黒いもち米、ソムタム。
ソムタムはサラダだけど、ご飯と合う。ビールとも合う。