【中国グルメ】快餐、肉まん、麺料理。中国によくある安食堂パターン5つ

シュンです。

まだ中国の話が続きます。
もうすこしお付き合いください。

今回は、中国でよく見た安食堂パターンを5つ紹介します。

2016年に、中国の深セン・広州・南寧・建水・元陽・景洪を旅しました。その中で思ったことをまとめました。
2016 世界一周 中国
スポンサーリンク

中国でよく見た安食堂パターン5つ

快餐

これには一番お世話になりました。

「快餐」は直訳すると、即席料理、ファーストフードという意味で、実際にマクドナルドやケンタッキーを指して使うようです。

ただ、ここでいう快餐はこれらファーストフードチェーンのことではありません。
この記事で紹介する快餐は、肉や野菜のおかずを数種類選んで、ご飯と食べるもののことです。
(正直、使い方が合っているのか分からないんですが・・・誰か教えてください。)
店先に並ぶ数種類~数十種類のおかずの中から自分の好きなものを選びます。

それで、こういう形式の店には大体、「快餐」と書いてあるんですよね。
だから、これも「快餐」と呼ぶんだと思って、僕たちは中国にいる間そう呼んでいました。
たしかに素早く盛り付けて食べられるし。。

相場は、安い場合でご飯1元、野菜料理1元、肉料理2元くらい、高い場合でご飯3元、野菜料理3元、肉料理5元くらいだったと思います。
または、どれでも3種類選んで15元、とか。

大体どれを選んでも美味しいし、ガッツリ食べられる。
それに、肉、野菜とバランスよく食べられる。
2人だと、最大6種類くらいのおかずを食べられる。

「安い、早い、美味い」が揃った快餐、おすすめです。