【2016 ラオス⑨ ルアンパバーン】伝統芸術民族センター、図書館、托鉢

シュンです。

現在バンコクです。
最近、本気でバンコクに住もうかなと考えてます。

2016 世界一周 ラオス
スポンサーリンク

伝統芸術民族センターと図書館に行った日

2016/11/20

宿においてあった地球の歩き方を見ていて、行きたいと思った伝統芸術民族センター。
入場料25000キープ。

ここは小さかったけど、キュッとまとまっていたし、内容がしっかりしていてかなりよかった。
広いだけで結局なにを学んだんだかよく分からないっていう博物館より全然よかった。(集中力不足?)

日本語のパネル翻訳資料とかもくれて、スタッフは親切。
そんなに混んでなくて、ゆっくり読みながら見れた。
しっかりした組織が運営してるような印象。

伝統の紹介と、最近の変化、今後の課題なども含めていて、すごく良い展示だった。
おすすめ。

図書館もあまり大きくはない。
日本から送られてきた絵本があった。
男の子がひとりで来て、椅子に座って声出して絵本を読んでた。

あとは、主婦がたくさん集まって、ワークショップのような会議のような何かの集まりをしていた。

雑誌を読んだら後ろの方に干支の占いがあった。
日本と同じ。

マーケットでロンガンを3000キープ分買って、宿のベンチで食べていると、宿泊客のポーランド人の老夫婦が来て、話しかけてきた。

「君は若者なのに、こんなところ(こんな何もない静かなところ)にいていいのか」
何回も聞かれた。
こんな静かなところで楽しいのか?と。
理解できないよ?と。

夜はナイトマーケットでカオソーイ。
実は、今日は3食カオソーイ。
全部違う店だけどね。

名物料理の味比べって、これだけで観光になる。

前にコーヒー豆を買ったところで、また安くしてもらって、300g買った。
メイは体に良さそうなお茶?を購入。

托鉢を見る日

2016/11/21

今日は托鉢を見る日。

6時10分くらいに外に出て、托鉢見学。
そこかしこでやっているから少しだけ見れたけど、もうちょっと早く来たほうが良さそうだった。
明日はもっと早く来よう。

▼モーニングマーケットで五平餅

メイが具合悪いので、一人で昼食を食べに行った。
メインの通りから脇道に入ったところにある店。
カオソーイ、10000キープ。

ひたすらカオソーイを食べるっていうルアンパバーンの楽しみ方。

ルアンパバーンの相場より安いし、ここのお茶はコーン茶。
聞いた話では、地元客が多いらしい。

夜はナイトマーケットで惣菜2品とカオニャオ。
骨付き肉とじゃがいも、玉ねぎのトマト煮と、ブロッコリー、厚揚げ、人参の醤油炒め。

▼ナイトマーケットの一番奥にある10000キープのカオチー

ナイトマーケットの道沿いで、無料で試飲ができるラオスのラム、ラオディ(LAODI)。
前回来たときに、オーナーのりゅうさんが「またおいで!」と言ってくれたので、また来た。
今日は全種類飲ませてもらった。

ラオスやお酒の話を色々聞かせてもらって、楽しく過ごせた。
ブラウンがおすすめ。