【2016 ラオス⑬ ルアンパバーン~ビエンチャン】カオソーイ食べたい、金縛り避けたい

シュンです。

もうすぐバンコクを出ます。
今回のバンコク滞在も、かなり有意義な時間でした。

次はインドのコルカタに入って、バスでバングラデシュの首都ダッカに向かいます。

2016 世界一周 ラオス
スポンサーリンク

カオソーイ食べたい

2016/11/26

シャワーを浴びて、10時にチェックアウト。
7泊したかな。
ゆっくりできた。

朝食はモーニングマーケットのおかゆ7000キープ。
おかゆはボリュームはないけど、安いし朝食にぴったりだと思う。

川沿いを散歩して、先週はなかった作り途中の橋と完成した橋を確認した。
けっこう歩いて疲れた。

昼ごはんの時間になったのでいつものカオソーイのおばちゃんのところに行ったら、まさかの休み。
土日はやってない?のかな?
昨日はカオソーイが売り切れで、明日行くからいいかと思っていたけど、まさかやってないとは。

何回も通っていたので最後に食べたかった。
とても残念。
ここ以外も土日は閉まっている店がいつもより多い気がした。

やっと見つけたところでカオソーイ12000キープ。
ここは生野菜とにんにく味噌つきだった。
野菜があると嬉しい。

ここのカオソーイは、ルアンパバーンで食べた中で一番、発酵っぽい匂いが強い気がした。
あと、やっぱりルアンパバーンのカオソーイの麺はルアンナムターのよりもしっかりしてる。
どっちがいいってことではなく、違いがあるな~と。

夜のバスまで時間があるので、カフェでヨーグルトシェイクとミックスフルーツシェイク。
どちらも15000キープ。

昨日会った日本人の大学生がいるカオチー屋台で、アボカドサンドとチキンサンド。
どちらも10000キープ。
ここは10000キープでカオチーが買えるので、ルアンパバーンの中では安い。
ちょっと固めのチキンがうまかった。

ついでに、バス用のおやつでパンだけ(具を挟まないただのパン)を買う。

「一番高いレートで両替をし、一番安いバスチケットを購入する」というのが本日のミッション。

カオチーは原価率がかなり高いらしい。
本当にそうだと思う。
市場で肉でんぶとかパンとかの値段を見たけど、そんなに安くなかったし。
それなのに、どこの屋台でも大体、具材をパンパンに詰めてくれる。

日本のコンビニの惣菜パンなんて、ほぼ具なしだからな~。
あれほど不本意な買い物はなかなかない。

金縛りが怖い

▼カルチャーゲストハウスのオーナー夫婦に挨拶と記念写真

ラオス ルアンパバーン〈Culture Guest House〉 ラオス ルアンパバーン でわたしたちが泊まった宿をご紹介します。 ...

歯を磨いたり荷物整理をしたり宿に置いてある地球の歩き方を読んだりしていると、10分早くピックアップが来た。
遅いのも困るけど、早いのも困る。
ちょっと待ってもらった。

18:00ちょっと前にバスターミナルに到着した。
3年前にも来たこのバスターミナル、なつかしい。
前と同じで夕日がきれい。

前と同じヴィエンチャン行き夜行バス。

あのときは出発して数十分後に金縛りになったなあ。
なんか唸ってたらしいし、あれはしんどかった。
というか、痛みとかはないんだけどとにかく怖かった。

今回はならないといいけど。

バスチケット(引換券?)を窓口のお兄さんに見せると、新しいピンク色のチケットに交換された。
チケットにはVIPと書いてある。

ローカルバスのチケットがVIPバスのチケットに変わった。
気のせいかなと思ったけど、時間も18:30から19:30のものに変わったので、やっぱり聞いていたバスと違う気がする。

でもグレードアップしたからラッキー。

夕日がオレンジから赤になって、くすんだ赤になって真っ暗になった。
ベンチに観光客が増えてきた。

19:30ぴったりに出発、乗客は9割が現地人だった。
バスターミナルにいた殆どの観光客は、同じ時間に出発するスリーピングバスに乗っていた。

乗る前は金縛りを警戒していたけど、いつのまにか普通に眠っていて、なんともなかった。
途中で3,4回くらいトイレ休憩。