海外旅行におすすめ。3万円以下で買えるsimフリースマートフォン(2017/5)

2016/10に世界一周に出たとき、ASUSのzenfone2laserを持っていきました。
そして、最近xiaomiのredmi4Aに買い替えました。

色々とスマートフォンについて調べていたので、まとめておきます。

ここでは、海外旅行にsimフリーのスマートフォンをおすすめする理由と、Amazonで3万円以下で買えるsimフリーのスマートフォンの中で、おすすめの機種を紹介します。

さいごにまとめの表も作りました。

スポンサーリンク

simフリースマートフォンとは

simフリーというのは、簡単に言うと、通信会社の縛りがないということです。

少し前まで日本では、auで買ったスマホはauで、docomoで買ったスマホはdocomoでしか使うことができませんでした。
これはキャリア(通信会社。docomoやau、softbank)によってsimロックをかけられていたからです。

それに対して、simフリーのスマホにはこのsimロックがないため、基本的には自分の好きな通信会社のsimカードを使うことができます。

海外旅行に行ったときに現地の通信会社のsimカードを購入すれば、日本にいるときと同じように使うことができます。

もちろん、日本でも同じです。
今はやりの、格安通信会社のsimで使うことができます。

なぜ海外旅行にはsimフリースマホが良いのか

海外旅行ではsimフリーのスマートフォンが便利です。
現地のsimを買えば、wifiがなくてもインターネットに接続できるからです。

出先でgoogle mapが使えたり、ちょっと気になることがあればすぐ調べられるし、夜行バスの中で宿を探すこともできます。

海外では、日本よりも簡単にsimカードを買うことのできる国が多いです。
アジアではそのへんの露店で買えるし、なにも知識がなくても店の人がすぐに設定してくれます。
たいていは、5分もあれば使い始めることができます。

タイでは街中にあるセブンイレブンでも買えます。

値段も、1GBのデータ通信(インターネット利用)であれば大体200円~600円程度です。

海外旅行をしていると、wifiを使いたいがためにカフェに入る人が沢山います。
でも現地のsimがあれば、その必要もなくなります。

だから、僕は海外旅行・世界一周には「simフリースマホ+現地sim」がおすすめです。

海外旅行におすすめのsimフリースマートフォン

2017年5月現在、Amazonで3万円以下で買えるsimフリーのスマートフォンの中で、おすすめの機種を紹介します。

自分の経験に基づいて、旅中のシチュエーションも少し書いておきます。

ASUS ZenFoneシリーズ

ASUSは、台湾に拠点を置くPC、スマートフォンなどの製造メーカーです。

ZenFoneは種類や色が豊富で、格安simフリースマホの中でも人気が高いシリーズなので、なにを選べばいいかわからないという人におすすめです。

ZenFone2 Laser(ZE500KL)

  • Amazonでの最安価格:14000円
  • 画面サイズ:5インチ
  • 解像度:1280×720
  • 内部ストレージ:16GB
  • メモリ:2GB
  • バッテリー容量:2400mAh
  • メインカメラ画素数:1300万画素
  • サブカメラ画素数:500万画素

僕はZenFone2 Laserを使っていましたが、動作が安定していて、すごく使いやすかったです。

そして、持ったときに手にフィットするような丸みを帯びた形になっているのも良いです。

simカードを入れるのに裏蓋を外す必要があります。
この裏蓋が中々外しにくいんですが、何回かやっていると慣れます。

海外でsimを買ったときは、店の人がやってくれます。

ZenFoneシリーズは音量ボタンが背面にあるのも特徴的で、このボタンはカメラのシャッターとしても使えて便利です。

公式サイトはこちら

ZenFone3 Laser

  • Amazonでの最安価格:28340円
  • 画面サイズ:5.5インチ
  • 解像度:1920×1080
  • 内部ストレージ:32GB
  • メモリ:4GB
  • バッテリー容量:3000mAh
  • メインカメラ画素数:1300万画素
  • サブカメラ画素数:800万画素

ZenFone2 Laserの性能がアップした版という感じです。
画面サイズも5.5インチと大きくなっています。

サブ(前面)カメラの画素数が800万画素もあるので、自撮りをよくする人に適しているし、解像度が1920×1080(フルHD)なので、旅中に動画をよく見る人にも良いと思います。

今回紹介している中では価格が高く、ハイスペックです。

公式サイトはこちら

ZenFone3 Max(ZC520TL)

  • Amazonでの最安価格:17905円
  • 画面サイズ:5.2インチ
  • 解像度:1280×720
  • 内部ストレージ:16GB
  • メモリ:2GB
  • バッテリー容量:4100mAh
  • メインカメラ画素数:1300万画素
  • サブカメラ画素数:500万画素

4100mAhという大容量のバッテリーが最大の特徴です。
旅中は、夜行バスや駅泊、停電など、電源がなくスマホを充電できない場面がありますが、これなら安心です。

しかもすごいのは、モバイルバッテリーのように他の端末を充電することもできるところです。(リバースチャージ機能)

公式サイトはこちら

ZenFone Go(ZB551KL)

  • Amazonでの最安価格:14970円
  • 画面サイズ:5.5インチ
  • 解像度:1280×720
  • 内部ストレージ:16GB
  • メモリ:2GB
  • バッテリー容量:3010mAh
  • メインカメラ画素数:800万画素
  • サブカメラ画素数:500万画素

ZenFone Go(ZB551KL)は手頃な値段で最低限のスペックです。
ZenFone2 Laserと、見た目も中身も似ているので、違いを挙げておきます。

ZenFone Go(ZB551KL)の方が、画面サイズが大きく、バッテリー容量も大きいです。
一方、ZenFone2 Laserの方が、カメラ周りの性能が若干高いです。

公式サイトはこちら

HUAWEI

HUAWEIは中国の深センに本社を置くメーカーです。

どの国に行っても、必ずと言っていいいほどHUAWEIはよく置いてあります。
バンコクでもMBK(マーブンクロンセンター)の店員さんにHUAWEIを勧められました。

他の会社のandroid機に比べて、iPhone(iOS)の操作感に似せているような気がします。

Y6

  • Amazonでの最安価格:12274円
  • 画面サイズ:5インチ
  • 解像度:1280×720
  • 内部ストレージ:8GB
  • メモリ:1GB
  • バッテリー容量:2200mAh
  • メインカメラ画素数:800万画素
  • サブカメラ画素数:200万画素

他と比べてスペックは高くありませんが、価格の安さが魅力です。
スマホに多くを求めない人であれば、問題ないと思います。

ただ、数千円プラスすればもっといいものを買えますが。

公式サイトはこちら

GR5

  • Amazonでの最安価格:17980円
  • 画面サイズ:5.5インチ
  • 解像度:1980×1080
  • 内部ストレージ:16GB
  • メモリ:2GB
  • バッテリー容量:3000mAh
  • メインカメラ画素数:1300万画素
  • サブカメラ画素数:500万画素

バランスの良い機種だと思います。
Amazonで1万円台で買えますが、指紋認証パネルが付いていたり、解像度が1920×1080(フルHD)だったりと、満足感は高いと思います。

画面サイズは5.5インチなので、動画を見る機会の多い人にも向いていると思います。

公式サイトはこちら

P8 lite

  • Amazonでの最安価格:15978円
  • 画面サイズ:5インチ
  • 解像度:1280×720
  • 内部ストレージ:16GB
  • メモリ:2GB
  • バッテリー容量:2200mAh
  • メインカメラ画素数:1300万画素
  • サブカメラ画素数:500万画素

ASUSのZenFone2 Laserとほとんど同じスペックです。
画面サイズも同じ5インチですが、ZenFone2 Laserと違って、よりスタイリッシュで平べったい形です。

旅持っていくスマホとして、主に地図アプリやfacebook、instagram、LINEやmessengerなど、ときどきカメラを使ったり動画を見るくらいの使い方であれば、ちょうど良いです。

公式サイトはこちら

P9 lite

  • Amazonでの最安価格:22366円
  • 画面サイズ:5.2インチ
  • 解像度:1980×1080
  • 内部ストレージ:16GB
  • メモリ:2GB
  • バッテリー容量:3000mAh
  • メインカメラ画素数:1300万画素
  • サブカメラ画素数:800万画素

P8 liteの後継機です。

GR5と同じく、指紋認証パネルが付いています。
また、サブカメラの画素数が800万画素あり、解像度は1920×1080(フルHD)です。

旅中の自撮り用のサブカメラの画質にこだわりたい、そしてスマホで高画質の動画を見たい、という人に向いています。

画面サイズが5.2インチなので、5.5インチは少し大きすぎると感じる人におすすめです。

公式サイトはこちら

xiaomi

xiaomiは、中国の北京に本社を置く、総合家電メーカーです。

僕は迷いに迷った挙句、インドでxiaomiのRedmi 4Aという機種を買いました。

xiaomiは日本ではあまり有名ではありませんが、洗練されたデザインや機能性の高さなどもあり、一時期は「中国のapple」と呼ばれていたこともあるような、大企業です。
でもappleのような高価格帯商品ばかりではなく、コストパフォーマンスはかなり高いです。

HUAWEIと同じで、操作感はiPhone(iOS)を意識しているように感じます。
なので、iPhoneを使っている人も比較的馴染みやすいのではないかと思います。

ただし、xiaomiのスマホ全般に言えることですが、そのまま(グローバルROM、中国ROMの場合)だと日本語が使えないことがあります。
日本語化も可能ですが、初心者の方には難しいと思います。(英語はあります。)

Redmi 4A

  • Amazonでの最安価格:14980円
  • 画面サイズ:5インチ
  • 解像度:1280×720
  • 内部ストレージ:16GB
  • メモリ:2GB
  • バッテリー容量:3120mAh
  • メインカメラ画素数:1300万画素
  • サブカメラ画素数:500万画素

僕はこれをインドで買いましたが、世界一周中に使うスマホとして、満足しています。
デザインがシンプルで、安っぽさもなく気に入っています。

画面サイズは、個人的には5インチが一番使いやすいです。
解像度は1280×720ですが、価格が安いので特に気にしていません。
もちろん、1980×1080だったらもっと良かったんですけど。

インドのAmazonでは5999ルピー(約10500円)、中国では499元(約8000円)で買えるようです。
これは衝撃的な安さだと思います。

現在、日本のAmazonでは14980円で買えるようです。
もう少し価格が下がったら、間違いなくおすすめ度No.1です。

スペックはASUSのZenFone2 Laserや、HUAWEIのP8 liteより少し上くらいのイメージです。

旅中に現地のsimを入れて地図アプリを使ったり調べ物をしたり、たまにカメラを使ったり、映画を観たり、kindleのアプリで本を読んだりしていますが、こういう使い方であれば十分です。

公式サイトはこちら

Redmi 4X

  • Amazonでの最安価格:19980円
  • 画面サイズ:5インチ
  • 解像度:1280×720
  • 内部ストレージ:16GB
  • メモリ:2GB
  • バッテリー容量:4100mAh
  • メインカメラ画素数:1300万画素
  • サブカメラ画素数:500万画素

4100mAhという大容量のバッテリーが特徴的です。
海外旅行・世界一周に持っていくにあたって、バッテリーが大容量なのは心強いです。

さらに、指紋認証センサーが搭載されていたりと、Redmi 4Aと比べて若干ハイスペックです。

価格もRedmi 4Aよりは高いですが、同等レベルの他社のスマホよりは安いです。
ただ、現在Amazonでは19980円するようなので、もう少し下がれば良いと思います。

公式サイトはこちら

さいごに

分かりやすいように、表にしておきます。

★は、価格が手頃で、かつ十分なスペックなのでおすすめの機種

機種名画面解像度ストレージメモリバッテリーメインカメラサブカメラAmazon価格
★ZenFone2 Laser51280×72016GB2GB2400mAh1300万画素500万画素14000円
ZenFone3 Laser5.51920×108032GB4GB3000mAh1300万画素800万画素28340円
ZenFone3 Max5.21280×72016GB2GB4100mAh1300万画素500万画素17905円
ZenFone Go5.51280×72016GB2GB3010mAh800万画素500万画素14970円
Y651280×7208GB1GB2200mAh800万画素200万画素12274円
GR55.51980×108016GB2GB3000mAh1300万画素500万画素17980円
★P8 lite51280×72016GB2GB2200mAh1300万画素500万画素15978円
P9 lite5.21980×108016GB2GB3000mAh1300万画素800万画素22366円
★Redmi 4A51280×72016GB2GB3120mAh1300万画素500万画素14980円
Redmi 4X51280×72016GB2GB4100mAh1300万画素500万画素19980円

この記事は独断と偏見と半端な知識で書きましたが、随時更新する予定です。

PC、カメラ、スマホなど、旅に持っていく電子機器は色々あります。今回は、僕が旅(世界一周)に持ってきている電子機器類を紹介します。
世界一周を初めて2か月ちょっと経って、「やっぱりAmazonいいな」と思ったので、旅に役立つAmazonプライムの特典を紹介します。
2017年1月~2月に、ミャンマーでtelenorという通信会社のsimカードを買って利用したときの買い方、料金などの情報です。