【2016 タイ⑪ パクソン~ウボンラチャターニー】ラオス終わり。再びイサーン料理

シュンです。

現在、日本に一時帰国中です。
前半は、約8か月で9か国を周ってきました。

ハーフタイムは東京。

後半も楽しみで仕方ないです。
次の出発は7月後半か8月かな。

2016 世界一周 ラオス
2016-2017 世界一周 タイ
スポンサーリンク

ラオスラスト

2016/12/18
ラオス パクソン

今日は遅くなっちゃったんで、朝昼兼用。
市場で買い物。

カオニャオ、豚肉と魚のおかず、レバー串、揚げ肉まん。

おやつ用に揚げバナナ、揚げパン、カオチー、中に芋の入ったパン、ペプシ。
ちょっと豪華だ。

今日はすごく天気が良くて暖かい。
ここの宿の猫が可愛い。

おやつ用にコーヒーを淹れていると、宿のおばちゃんがパパイヤを切ってくれた。
こんな風に切ったパパイヤを食べたのって、意外と初めてかも。

▼宿にあるパパイヤの木

午後はのんびり、猫と戯れたりパソコンをやったりしながら過ごした。

夕方、今度は夕飯の買い出しのため市場へ。

ピンカイ(鶏の串)、ジャーキー、ソーセージ(サイウア?)、カオニャオ。
肉ばっかり。

帰りは市場の門が閉まっていて、塀をよじ登って帰った。

部屋で、クラブワールドカップの鹿島対レアルを観ながら夕飯。

またイサーン

2016/12/19
ラオス パクソン~タイ ウボンラチャターニー

今日はついにラオスを出て、タイに向かう。
延べ約1か月いたラオス、物価はタイよりちょっと高いけど、すごく好きな場所。

コーヒーが美味しい国。
ビールが美味しい国。
すぐ歌って踊ってビアラオ飲んで、それ以外は寝てる人たちの国。

朝10:00頃に宿をチェックアウト。
おばちゃんとハグして記念撮影。
この町に4泊する人は珍しいのか、なにかと親切にしてくれたおばちゃん。
ありがとう!

広場では今日もサッカー。
こないだもいた審判に呼び寄せられて、挨拶をする。

「おーい」と呼び寄せたわりには特に言うことはなかったらしい。

試合は青チームと、濃い水色チーム。
究極に分かりにくい。

グラウンドの周りには生徒たち(主に女子)がたくさん。
「キャー!」と、さほど惜しくもないシーンで叫ぶ。
みんな、学校と仕事どうした?

でもこれがラオス感だ。
このなんとも気の抜けた、穏やかな雰囲気がラオスだ。
今日でラオスを出ると思うと寂しい。

市場の前の道で、パクセー行きのソンテウ(乗り合いのトゥクトゥクみたいなもの)を発見。
11時発だと言うので、バックパックをソンテウの上に載せて、市場に朝食を買いに行った。

カオチー。
いつも変わらないメニュー。

でもこれがうまいんだ。
全然飽きない。

▼ソンテウで向かいに座っていた男子3人組。ラオスでは上下デニムが流行り。

11:50に、パクセーの南バスターミナルに到着。
そのまますぐに、「ボーダー」と言っていた運転手のトゥクトゥクに乗って、出発。

一人10000キープって安くないか?と思っていたら、すぐ近くで降ろされて、停まっていたバンに乗り換えろと。
あーそうだったのか。
これは予想できなかった。

バンに乗り換えて国境まで向かう。
一人30000キープと言われたけど、交渉して二人で50000キープにしてもらった。

車内にはすでに6人くらい乗っていた。
さっきのバスターミナルからこれに乗ればよかったんだろうな~。

しばらくして、国境近くに到着。
免税店などもあって、賑やか。

ラオス出国はすぐに済んだ。
歩いてタイのイミグレに向かう。

ちょっと分かりにくいけど、地下道を通って建物に入る。
立派な建物。

タイ入国も、荷物チェックもなく、すぐに終わった。

▼タイ側から見たタイイミグレ

イミグレを出ると、すぐにセブンイレブンが2軒。
こんなところにまであるとは。

早速、タイに来たなーという気分になる。
真っすぐ歩いてチョンメックのバスターミナルへ。

ここからはバスではなく、バンでウボンラチャターニーへ向かう。
一人100バーツと、ちょっと高い。
14:00出発。

本当はパクセーからウボンまで直通のバスがあったらしいんだけど、8:00か15:00?の2本しかないらしく、時間が微妙なので今回は自力で行くことにした。
それだと200バーツらしい。

ウボンラチャターニー

ウボンラチャターニーは、タイのイサーン(東北)地方にある都市。

ウボンラチャターニーのバスターミナルには15:25に到着。
街の中心へはタクシーかソンテウで行くことができるらしい。

親切な係のおじさんが、乗るソンテウを教えてくれた。

紙にホテルの名前をタイ語で書いて「迷ったら誰かにこれを見せて」と言ってくれたり、同乗したおばちゃんに「この人たちをあそこで下ろしてね」って言っておいてくれたり。

こんな案内の紙ももらったし、ウボンは観光に力を入れているようだ。

ソンテウに揺られながら街の様子を眺める。
小中学校の下校時間なのか、子どもたちが屋台に集まって買い食いをしている。
日本ではこういうのはあまり見ないけど、楽しそうでうらやましい。

ソンテウにも、シェイクを持った学生たちがたくさん乗り込んできた。

自分より年下の学年の子が乗って来るとサッと席を譲っていた。
コップンカーといって座る年下の子。

宿に到着。
ウボンベストプレイスという宿。
部屋はすごく清潔で明るくていい感じ。

今日の夕飯

夕食はナイトマーケットのようなところで食べた。

タイ在住の友人に教えてもらった、「マイサイ ポムシュロ」という言葉。
「味の素無しで」という意味。

さっそくソムタムの注文に使ってみたら、ちゃんと通じた。
味の素無しだと甘みが強かった。

ムーヨーという魚肉ソーセージに似た食感の豚のソーセージ。
バナナの葉に包んで蒸してある。
胡椒が利いていてツマミに最高。
ベトナムハムとほぼ同じかな。

クイチャップ・ユアン。
透明の太い春雨のような見た目の、タピオカ粉と米粉を混ぜて作るモチモチ食感の麺料理。
ユアンはベトナムという意味。

ベトナムから移り住んできた人によって、ウボンなどタイのイーサーン地方に広まった。
ラオスのカオピヤックセンにも似ている。

豆乳屋台でデザート。
おまかせにしたらナタデココや小豆が入っていて、ベトナムのチェーや日本のぜんざいに似ている。
素朴で美味しいスイーツ。
こういうの好きだ。

友人の旦那さんがウボン出身らしく、色々食べ物情報を教えてくれたおかげで初日からローカル飯を食べることができた。

ウボンにはベトナムから来た食べ物が多いらしい。