【2015 フィリピン】フィリピンといえばJollibee(ジョリビー)

フィリピンといえばジョリビー。

フィリピンに行ったことがある人は誰もがうんうんと頷くと思います。
ほんとにあちこちにあります。

スポンサーリンク

ジョリビーとは

では、ジョリビーとはなんなのでしょうか。

ジョリビー(Jollibee)はフィリピンのファーストフードチェーン店。フィリピン華僑のトニー・タンが率いるジョリビー・フード・コーポレーションによる運営である。現在、フィリピンの他にアメリカ、香港、ベトナム、インドネシア、ブルネイ、サウジアラビアに進出している。

メニューはハンバーガーとフライドチキンがメインで、それ以外にライスやスパゲッティなどを扱っている。
ハンバーガー、フライドチキンといった西洋食以外に、フィリピンの伝統的な食べ物であるパラボックやバッチョイ(セブ伝統料理で日本のラーメンのようなもの)も販売している。

(wikipediaより引用)

犬も歩けばジョリビーに当たる

jollibee9

町中にたくさんありすぎて、もはや目印にはなりません。
私たちが最初に見たジョリビーは、ニノイ・アキノ空港の第2ターミナルを出たところにありました。

しかも、空港をでたところの左端と右端に2つあり、空港出た瞬間からジョリビーのゴリ押しを実感することができました。剛力彩芽並みです。

その後、空港泊をするために快適と噂の第3ターミナルに向かったのですが、そこにも当然のようにJollibeeが。

空港から市内に出ても、あるよあるよたくさんJollibeeが!

jollibee1
▲ジプニーを撮ったはずの写真に写りこむJollibee。

jollibee3
▲見、見られてる・・・

このキャラクター、どこから見てもこっちを見ているように見える八方睨みの龍がごとくの目線を感じる。

実食

第3ターミナルはほかのターミナルと違って飲食店ながどとても充実しているのですが、その中でもひと際安かったので、わたしたちはとりあえずここでお腹を満たすことにしました。

ちなみにターミナル3のジョリビーにはゲイ?レディボーイ?が多くいて、基本的にそういう人たちにモテるしゅんは、やはりモテモテでした。

「『love』って日本語でなんて言うの♡?」
「じゃあ『like』は♡?」

わたしにはまったく見向きもせず、掃除そっちのけでコソコソモジモジする彼(彼女)ら。

話は戻ってしゅんが頼んだスパゲッティとドリンクのセット。
普段は50ペソらしいのですが、このときはキャンペーン中かなにかで29ペソか39ペソでした。安い。
Jollibee公式のプライスリスト

jollibee7
▲スパゲッティ。

感想:給食のソフト麺に甘すぎるソースがかかったやつ

ジョリビーではバナナで作られた「バナナケチャップ」を使用しているため、やや甘めの味付けである

(wikipediaより引用)

なるほどだから甘すぎたんだねバナナケチャップ。

私はチキンとライスのセットにしました。(写真がない・・)
持ち帰りにしたのですが、日本と同じレベルで丁寧に包装してくれたことに少し驚き。

ほかの東南アジアと同じように、乱雑なイメージがあったフィリピン。たしかに乱雑なことは乱雑なのだが、この国の美意識について、ほかの東南アジア諸国とはなにかちがううものがあると感じた。

チキンと一緒に紙に包まれたカチカチの塊が渡されました。広げてみるとライスでした。
ですがそれはもはや粒の形をなしていない・・・
食べてみると紙粘土のよう・・・スプーンで削って食べるというかんじ・・・
普段は食べ物を残さない私たちですが、このライスばかりは完食できなかった。ごめんなさい。

そしてチキンにはソースがついてきたのですが、私はあまり好みの味ではなかったです。

フライドチキンについてくるソースはグレイビーソースである。

(wikipediaより引用)

たしかにグレイビーソースはあまり好きではない。

すごいぞジョリビー

世界に進出し、各国においてファストフード業界のトップシェアを保持しているマクドナルドがフィリピンでシェア第一位になれない原因は、ジョリビーがあるからだと言われている。

ジョリビーがマクドナルドを超える人気を保持している理由は、地元の食文化に根ざしたメニュー展開にある。フィリピン人好みの甘い味付けや、フライドチキンと彼らの主食であるご飯を添えたセットメニュー、主食以外にもスパゲッティとコーラのセットといったメリエンダ(おやつ、軽食)用のメニューも充実している。

(wikipediaより引用)

マックに圧勝!
地元密着!
すごいぞジョリビー!

そうはいっても、日本に来ても流行らないんだろうなーと思いきや、4travelのマニラグルメ・レストランランキングでなんとまさかの1位 (笑)

私たちの舌がおかしいのかな?
もういっかい違う店舗でたべて、味を確かめようと思います。

おまけ

ジョリビー人形。
少し恐怖を感じます。

jollibee8

紙袋はかわいいので日本に持って帰ってきました。
ちょっとドキンちゃんみたい

jollibee5

2015年9月に行ったフィリピン パラワン島のプエルトプリンセサ。そこで食べたものをすべてご紹介します!どれも日本人の口に合うと思ったので、ぜひ行った際には食べてみてください。

フィリピンの他の記事はこちら