【ネパール・インド国境】ネパールからスノウリ国境を越えてバラナシに行く方法

2017年4月に、ネパールのタンセン(パルパ)という、ポカラとルンビニの間にある街からベラヒヤ/スノウリ国境を越えて、インドのバラナシまで陸路(バス+鉄道)で行ったときの情報です。

タンセンからバスで国境のあるベラヒヤに行き、ネパール出国、インド入国。
インド側の街スノウリからはバスでゴーラクプルへ行き、鉄道(寝台列車)でバラナシへ行きました。

スポンサーリンク

ネパールのタンセンからスノウリ国境を越えてインドのバラナシへ行く方法

総経費と所要時間

タンセンから国境(ベラヒヤ)までのバス:160ネパールルピー
スノウリからゴーラクプルまでのバス:90インドルピー
ゴーラクプルからバラナシまでの鉄道:183インドルピー

合計:160ネパールルピー+273インドルピー、約23時間

タンセンから国境(バイラワ)

タンセン(パルパ)からネパール側の国境であるベラヒヤまではバスで行きました。

タンセンから出るバス(おそらくポカラも同じ)は、国境(ベラヒヤ)までいくものと、すこし手前にあるバイラワという街までしか行かないものがあります。

僕たちは今回は直接国境に行くバスに乗りました。
運賃は160ルピーでした。

12:30頃出発、14:30頃国境に到着。
所要時間は2時間弱。

国境

ネパール出国

ネパールのイミグレは、インド方向に歩いて左側にあります。

出国はすぐに終わりました。

この近くに両替屋がたくさんあったので、替えておくといいと思います。

インド入国

ネパールとインドの間には大きな門がふたつあります。

インド側の門の前で荷物検査があり、バックパックの中身を出したりして20分くらい掛かりました。
この荷物検査は外国人のみ対象のようです。

また、荷物検査自体ない場合もあるようです。
数か月前にここを通った友人はなにも言っていなかったので。

インドのイミグレは門を過ぎてから800mほど歩いた右側にあります。

イミグレでは、管理官がバングラデシュのスタンプを見て「バングラデシュに行ったのか?」と聞いてきたり、動きが遅くて時間がかかりましたが、それ以外に面倒なことはなく入国完了。

スノウリからゴーラクプル

インドのイミグレのすぐ近くにバスターミナルがあり、ゴーラクプルに行くバスが出ているようです。
僕たちはイミグレの前に停まっていたバスがゴーラクプル行きだったので、それに乗りました。

運賃は1人90ルピーです。
(イミグレの隣にある観光案内所で聞いたところ100ルピーでしたが。)

ゴーラクプルからバラナシ

スノウリからのバスはゴーラクプルの鉄道駅に到着しました。

ゴーラクプルからバラナシへは、寝台列車で向かいます。
cleartripのアプリでsleeperクラスの席を取りました。

チケットは手数料込みで2人で366ルピーでした。
cleartripのアプリからだとすこし手数料がかかるんですが、クレジットカードで払いたかったので今回は利用しました。

ちなみに、駅の窓口でチケットを買う場合も、本当はクレジットカードでの支払いができます。
ただ、駅によってはできないと言われたり、機械によっては?インドのクレジットカードしか使えないと言われることもあります。

ゴーラクプルからバラナシへの列車は、一日に4本あります。

ゴーラクプルに着いたのが夜なので1:40(深夜)の列車に乗りたかったんですが、空きがなくて5:30の列車にしました。

夕飯を食べた後は暇だったので、駅前で寝て時間を潰しました。

インドの鉄道は夜中でも動いているし、駅にはたくさんの人がいて街灯もあるので安心して眠れます。
今回の列車はゴーラクプルが始発だったので、4:30過ぎくらいから乗車することができました。

列車はだいたい時間通り、5:30に出発して11:30頃にバラナシに到着しました。

さいごに

バラナシの駅から街の中心であるゴードウリヤー交差点周辺までは、オートリキシャーで50、60ルピー程度です。

ゴーラクプルの駅で寝るところがインドっぽくて良かったので、是非やってみて下さい。
駅で寝たくない人には、22:45発の列車もあります。