【2017/5 パキスタン・中国国境】ギルギット、フンザからタシュクルガンへの行き方

2017年5月に、パキスタンのギルギット、フンザ(カリマバード)、スストから中国の新疆ウイグル自治区にあるタシュクルガンに行ったときの情報です。

ギルギットからフンザ(カリマバード)はバス、カリマバードからスストはヒッチハイクで行きました。

ギルギットには11泊、カリマバードには5泊、スストには1泊しました。

スストからタシュクルガンはNATCOという国営?のバスで行きました。

スストでバスに乗る前にパキスタンのイミグレで出国をして、国境付近では中国の公安による荷物検査があり、バスはタシュクルガンのイミグレに到着します。

荷物検査は前評判通りかなり面倒でした。

2016 世界一周 中国
スポンサーリンク

パキスタンのギルギット、フンザ、スストから中国のタシュクルガンに行く方法

ギルギットからフンザ(カリマバード)

ギルギットからフンザ地方の中心地であるカリマバードまでは、バスで行きました。

ギルギットのバスターミナルからカリマバードのゼロポイントまで、運賃は230ルピーです。

1時間ほどで到着しました。

フンザ(カリマバード)からススト

カリマバードからスストはヒッチハイクで行きました。

カリマバードのゼロポイントからヒッチハイクを開始しました。
近くにいたおっちゃんのアドバイスで、最初はアーリアバードという街(方向的には反対)に行ったんですが、アーリアバードからはススト行きのバスが出ているらしく、ヒッチハイクで乗せてくれる人は中々見つかりませんでした。

そこで、カリマバードまで行くというトラックの運ちゃんに頼み、カリマバード近くまで戻りました。

そこからは、スストには行かないけど手前のグルミットという村まで行くという車に乗せてもらい、順調にグルミットに到着。

▼途中の景色がすごい

▼何もないグルミット

グルミットではなかなか車が見つからなかったんですが、30分ほど待っていたら、スストに住んでいるという大学生4人組が乗せてくれて、無事スストに到着しました。

▼スストに行く途中に通過したパスーという村の近く

スストからタシュクルガンと国境

パキスタン側の国境の街スストからは、中国側の国境の街タシュクルガンまで1日1本だけ(正確に言うと、バスは何台かあるけど出発時間が全て同じ)バスが出ています。

バスは9:00出発です。

前日にNATCOの事務所(村の一番端、イミグレの近くにある)でチケットを買いました。
多分どの宿でも買えると思いますが、直接NATCOで買うのが一番安いです。

料金は2500ルピーです。

宿で買うと、2800ルピーになると思います。

スストでは、商店などで元とルピーの両替をすることができます。
レートは1元=16ルピーでした。

パキスタン出国

当日9:00頃に集合して、まずはパキスタンのイミグレに行きます。

荷物を一列に並べて麻薬犬が検査したり色々と時間がかかって、結局バスが出発したのは11:00ちょっと前でした。

カラコルム・ハイウェイを1時間くらい登り、国境付近に到着しました。
途中で国立公園を通るということで、800ルピーの入場料(外国人のみ)を支払います。

中国入国

バスに乗ったまま国境を越え少し進むと、中国公安の荷物検査があります。

この辺りは標高が約5000mで、すごく寒いです。
雪が降っていました。
公安に連れられて一人ずつバスから降り、建物に入ります。

まずは荷物も自分もX線。
靴も脱ぎます。

次に荷物の中身を全て台の上に出して、ひとつずつチェックしていきます。

PC、カメラ、スマホは中のデータ(画像、動画)まで見られます。
充電切れだったものは充電して見せろと言われました。

(事前に、PCなら隠しファイルにする、スマホならギャラリーで非表示にする、カメラのSDカードはフォーマットするなどすれば最低限の閲覧で済むと思いますが、あまりにもデータが少ないと怪しまれるかもしれません。)

荷物検査はかなり面倒だと聞いてはいましたが、担当者の態度もあってやっぱりちょっとイラつきました。

また、事前情報では食品系は中国に持ち込み不可と聞いていましたが、コーヒー豆、お茶などは大丈夫でした。

周りでは、タバコや米、ボトル入り飲料などの包装を開けてチェックされていたり、ハサミを没収されている人もいました。
(僕たちはハサミは没収されませんでした。)

僕の担当だった男性職員はけっこう細かくて、一人で30分くらい掛かりました。
トイレに行くときも別の公安職員が銃を持ってついてきました。

女性職員はいなかったので、女性の方は男性職員に色々漁られないように強い態度でいたほうがいいと思います。

ここで全員の検査が終わるのを待ち、バスに戻ります。
かなり時間がかかりました。

さらに、バスに戻った後は同じ時間に出発した他のバスを待って、かなり経った後にようやく出発しました。

その後は2時間くらいかけてクンジュラブ峠を下り、タシュクルガンのイミグレに到着。
ここでやっと入国です。

ここでも麻薬犬が荷物をチェックしてから建物に入り、軽く中身も見られました。
パスポートの顔写真と実際の顔が違うと難癖をつけられ、スタンプを押されるまでに10分くらいかかりました。

入国が済むと、イミグレの出口で解散です。
歩いてタシュクルガンの宿に向かいます。
K2 international youth hostel(MAPS.MEではcute international youth hostel)というところに泊まりました。

パキスタンと中国(北京時間)の間には、3時間の時差があります。
中国には、公式には北京時間しかありませんが、新疆ウイグル自治区では住民たちはローカル時間(北京時間-2時間)を使用しているそうです。

ちなみに、タシュクルガンのイミグレを出た時点で、北京時間では22:00でした。
ローカル時間でも20:00ですが、まだ周囲は明るかったです。

さいごに

パキスタンー中国間のクンジュラブ国境は、中国公安による執拗な荷物検査のため、かなり評判が悪いです。

実際、今回もかなり時間がかかりました。
荷物をバックパックから全部出さなくてはいけないし、それを元に戻すのもかなり面倒です。
さらに他の人の荷物検査を待つ時間もあるので、移動距離はそんなに長くないんですがとにかく「待ち疲れ」します。

まあちょっと調べればそういう情報は出てくるので、それなりに疲れる覚悟で行けばいいと思います。笑

最後に、注意点を書いておきます。

・スストからタシュクルガンへのバスは9:00だけなので、前日にスストに着いて1泊すること。
・時間がかかるので、パンなりクッキーなり、なにか食べ物を持っていくこと。