【2017 タイ⑤ チェンマイ】美味しいカオソーイ

シュンです。

最近久しぶりにとんかつを食べたんですが、美味しかった。
海外にいるときは和食って全然食べたくならないんだけど、やっぱり和食が好きだなと思いました。

でも記事を書いているとまたタイ飯が食べたくなりますね。

記事は1月のタイ・チェンマイです。

2016-2017 世界一周 タイ
スポンサーリンク

宿移動、マッサージ

2017/1/21

まずはチェックアウト。
この宿は「悪くないけど良くはない宿」の典型かな。
悪い点は、シャワーがひどいのと、シーツが汚い。
良い点は、汚くはない、広さも十分、スタッフも親切、立地がいい。

10時過ぎにけいさんたちが泊まっている宿に移動した。
説明は全部けいさんがしてくれた。
本当に親切な人だなあ。

そして、けいさんが教えてくれた宿の近くの店でブランチ。
もう至れり尽くせり。
カオソーイ40バーツとラートナーガイ(発音的にはラッナーだと思ってる)30バーツ。
この店、安いしすごいうまい。

ラートナーはあんかけ麺のことで、ガイはチキン。
麺というか、餅を薄く伸ばしたようなもので、おこげがおいしかった。

カオソーイはチェンマイ滞在中に食べた中で一番美味しかった。
濃厚で量もしっかりあったし、チキンもほろほろ。
最後余ったスープにご飯を入れて食べたい。

▼mee jin thai foodという店名かな

一度宿に戻ってから、今度は噂の1時間140バーツのマッサージ屋へいく。
ワット・サンパオの入口を入ってすぐ左のところにある。

マッサージは全身か足だけかを選べるので、全身にした。

けっこう痛い。
足だけは何回もやったことがあるけど、全身ははじめて。

いててててって声を出してたら、みんなに笑われた。
けど身体が伸びて気持ち良い。
「セブ(痛い)」と「ディー(良い)」を交互に言い続けていると、あっと言う間に終わった。

タイ古式マッサージは「二人でやるヨガ」と言うらしいけど、ほんとその通りだわ。
筋肉痛になりそう。

本当に1時間140バーツだったしズボンも貸してくれるし、ここはおすすめ。

パン屋で全粒粉のパンを買って、気になっていたコーヒー屋へ。
今日はパンの種類が色々ある。

毎日カフェ巡りができるっていうのも、チェンマイが人気の理由の一つなのかな。

ファイヤー、ビリヤニ、サタデーマーケット

今日も夕方、ターペー門にアリさんたちのショーを見に行く。
貧乏旅行と聞いて、こうだいさんがビールを分けてくれた。

カオマンガイを持ち帰りで買う。
やっぱりここのはうまい。

リョウマさん、アリさん、メイちゃんの3人のファイヤーショーは迫力があった。
火を振り回しているから、近くにいるだけでもあつい。

けいさん、かずやさん、こうだいさんと夕飯。
サタデーマーケット方面(チェンマイ門の方)に向かって歩いて、インド好きのかずやさんおすすめのチキンビリヤニの屋台に行く。

途中、コンビニでビールを買う。
ビアチャン3本パックをシェアしませんかと言ったら、こうだいさんが買ってくれた。
こうだいさんはかなりマイペースで変な人だけど、色々気にかけてくれる。

ビリヤニはいつものタイ飯と一味違って、うまかった。
でも青唐ソースがついているのはやっぱりタイっぽい。

次は20バーツのシェイク屋台。
何を入れても20バーツという激安価格。
他のシェイク屋は40とか60バーツでやっているのに、すごい努力だよなぁ。

この屋台もチェンマイの達人けいさんの行きつけ。
マンゴー、パッションフルーツ、ライムとコンデンスミルクという組み合わせ。
ちょっと塩も入れてたかな?
これが程よい甘さと爽やかさで、かなり良いバランス。

夕飯後は、せっかくなのでサタデーマーケットへ。
ここもすごい人だった。
チェンマイは毎日お祭りみたいだな。
時期的に、今が混むときなのかもしれないけど。

アイスを買って宿に戻る。
今日も一日、充実。