【2017 ミャンマー① チェンマイ~ヤンゴン】ミャンマーのおもてなし

【旅のルート】

東京→香港→中国→ベトナム→中国②→ラオス→タイ→ラオス②→タイ②ミャンマー→タイ③→インド→バングラデシュ→インド②→ネパール→インド③→パキスタン→中国③→東京

シュンです。

旅行記ミャンマー編スタート!

2016-2017 世界一周 タイ
2017 世界一周 ミャンマー
スポンサーリンク

タイからミャンマーへ

2017/1/23

チェンマイ→メーソート→ミャワディ→ヤンゴン

今日はチェンマイを出て、ミャンマーに行く日。
ついにタイを出る日が来てしまった。

って言う寂しさと、次の国ミャンマーへの楽しみな気持ちが入り交じる。

朝5:30に起きて、6:30にこうだいさんと一緒に出発した。
見送ってくれたかずやさん、けいさん、まさみさん、オーナー、ありがとう!

今回は行っていないパーイやチェンライと一緒に、チェンマイにもまた来よう。

けいさんが通りに出て、タイにソンテウの交渉をしてくれて、アーケードバスターミナルまでひとり30バーツになった。
最後まで親切なけいさん。

7時過ぎにはバスターミナルに着いた。

まずはチケットの確認をする。

グリーンバスという会社のバスを、昨日ネットで予約しておいた。
Eチケットのようなメールを印刷した紙を見せて確認したところ、それで乗れるとのことだった。

朝食はバスターミナル内の店で食べた。
これが今回最後のタイ飯ってことでカオマンガイとガパオにしたけど、やっぱりお気に入りの店の味には敵わない。

セブンイレブンでお菓子を買って、タイバーツの小銭を消費する。

こうだいさんが8:00のバスでチェンコーンに出発した。
色々ありがとうございました!

▼同じ色に染めたはずが、青、緑、緑。

8:30にメーソート行きのバスに乗り込む。
チェンマイからまずタイ側の国境の街メーソートに行く。
そして国境を越えて、ミャンマー側の国境の街ミャワディからバスでヤンゴンに向かう。

でも、今日どこに泊まるかはまだ決めていない。

ミャワディに泊まるかもしれないし、ミャワディとヤンゴンの間にあるモーラミャインやバゴーという街に泊まるかもしれない。
とりあえず国境を越えて、ヤンゴンまでのいいバスがあるかどうかを聞いてみよう。

夜に街に着くのはあまり好きじゃないから、夜行バスがあるといいけど。

メーソート行きのバスは、ほぼ時間通りに出発した。
トイレ付きバスの一番後ろの席。

グリーンバスにははじめて乗ったけど、見た目すごく立派だ。
水と菓子パン付きで、添乗員の女性もいる。

このバスの背もたれがかなり寝やすい仕様で、よく寝れた。
ただ、寒い。

らしい。
メイが寒いらしい。

たしかにすごい冷風が来る。
風の吹き出し口を閉じようとしたら壊れていたので、ノートをちぎって穴に詰めて塞いだ。

しばらくすると、トイレが水没した。
ドアの鍵が閉まらなくて、車体が揺れる度にドアが勢い良く開いたり閉まったりする。
一番後ろの席だったから結構臭う。

らしい。
メイが臭いに参っているらしい。

途中で休憩が数回あった。

15:30くらいにメーソートのバスターミナルに到着。
ここから国境までは5kmくらいある。

すでにトゥクトゥク乗っていた旅行者たちとともに、1人40バーツでシェアして国境に向かうことにした。

国境付近は少し賑やかな雰囲気だった。

まずはタイのイミグレで出国をする。

簡単と思いきや、出国カードがない・・・
バッグを探してもない。

インドビザの申請用にバンコクでコピーしたやつがあったので見せたけど、それじゃあダメだと。
そりゃそうだわな。

仕方ないので、「I lost」と相談すると、入国カードをくれた。
本当は出国カードが必要だけど、入国カードしかなかったらしい。
arrivalを消してoutと書いてくれた。

それに記入をして、無事にタイを出国。

歩いて橋を渡る。
徒歩での国境越えはいつもワクワクする。

橋の途中で、路上生活をしている人が何人かいた。
ここで寝泊まりしているのか、日中だけここに出てきているのか分からないけど、きっと出国手続きとかはしていない。

川を船で渡っている人たちもいた。
多分出国手続きはしていない。

タイ人、ミャンマー人は出入国手続きなしで自由に行き来できるのかもしれない。
改めて、国境ってなんだろうって思う。

橋を渡り終えて、ミャンマー側へ。
ノートが置いてあって、そこにパスポートナンバーやビザナンバーを書き込む。

ここで時計を確認すると、16:20。
時差が30分あるので戻して、15:50。

ミャンマーのイミグレは小さな小屋だった。
6畳くらいの狭い部屋でパスポートチェックをする。

入国カードを書いて、カメラの前に座る。
入国はすぐに終わった。

ヤンゴンへ

外に出ると、怪しいお兄さんに話しかけられた。
トゥーさんという名前の人。

「どこ行くの?」
やっぱりバスの客引きの人か。

聞くと、ヤンゴン行きは16時に10ドルのバス、17時に12ドルのバスがあるらしい。
16時だとあと少ししか時間がない。

でも思ったより高くはないし、喋ってる感じ、トゥーさんもあまり悪そうな人ではない。

まあ、とりあえずは他のことも考えよう。

国境付近をふらついて、ミャワディがけっこう良さそうだったので今日はここに泊まってみようかっていう話もしたけど、結局ヤンゴンに行くことにした。

実は明日の夜にヤンゴンで会う人がいるので、明日の朝ここからバスで向かうよりも、今日の夜行バスに乗って明日の朝にヤンゴンに着いていたほうがいいかなと思った。

トゥーさんを見つけて、さっきの17時のバスのチケットを手配してもらう。

それから両替。
タイバーツをミャンマーチャットに替えてもらう。
(100チャットが約8.5円)

トゥーさんの立っているところ(屋台のような商店?)のおばちゃん(母かなと思った)にしてもらった。

ついでにそこでsimカードを買う。
simカード本体が1500チャットで、1か月1GB(+キャンペーンで1GBの合計2GB分)のデータ通信が6000チャット。

2017年1月~2月に、ミャンマーでtelenorという通信会社のsimカードを買って利用したときの買い方、料金などの情報です。

全部トゥーさんがやってくれて、なんだかんだで16:50くらいになった。

トゥーさんが「ドーテイクはシングルって言う意味だよね? 」って聞いてきた。
前に会った日本人から教わったらしい。

でも、ドーテイクじゃなくて、ドーテイね、しかもシングルとはちょっと意味がちがう。
英語でどう説明するか悩んで、have not sexとか色々言ったけどうまく通じない。

結局通じたのは、
He have not fucked ever.
トゥさん爆笑。

トゥーさんは最後にバスを探し出して見送ってくれて、メイのバックパックも運んでくれた。
もちろんチップもないし、本当にただの親切な人・・・

さすがにバス代にマージンが含まれていると思うけど。
入国後初めて会った人がいい人だと気持ち良い。

メイも、もうミャンマーを好きになったと言っている。

ヤンゴン行きのバスはバンかなんかだと思ってたら、すごいバスが来た。
ちゃんとしてる。

預け荷物も番号札を付けるし、座席はリクライニングできるし、きれいなカーテンに大きな窓。
水、毛布付きで快適。

何度か止まって、人を乗せる度にだれがどこに座っているかチェックをする。

途中で休憩が何回かあった。
深夜なのに屋台やレストランが開いているし、普通に食べてる人も多い。

休憩のときには歯ブラシが配られ、バスに戻ってくると毛布がたたまれている。
すごいミャンマーのおもてなし。

3時過ぎにヤンゴンに着いた。
一番きつい時間だ。