海外旅行の持ち物リスト(女性バックパッカー編)

わたしがいつも、バックパックで旅に行くときの持ち物をリストにしてみました。
この持ち物リストの対象者は、旅行日数が1週間以上の女性バックパッカーです!

わたしはいつも貧乏旅行なので、いいホテルなどには泊まらない設定での持ち物です。
そんなに女性らしい持ち物はないと思いますし、えあれいらないの?とか、それいるの?とかもあるとは思いますが、
ぜひ皆さんにも知ってほしいおすすめグッズなどもありますので、参考にしてくださるとうれしいです!

bsJSK542_passtomemo

スポンサーリンク

海外旅行の持ち物リスト(女性バックパッカー編)

バッグ

 まずは私が使っているバッグをご紹介します。

□バックパックノースフェイスの42リットルを使っています。
今のところ、2週間くらいの旅はこの大きさで十分です。
□持ち歩き用バッグマンハッタンの肩掛けバッグを使っています。マジックテープが簡単に開かないし、生地が厚くナイフでも簡単に切れないので盗難被害には遭いにくいと思っています。もちろん歩くときは紐短め、斜め掛けにしてカバンを前に持ちます。
海外旅行に持っていくバックパックとサブバッグ
わたしがいつも海外旅行用に使っている、バックパックと肩掛けバッグをご紹介します。
東京でバックパックを買うなら原宿~渋谷で探すのが良い
バックパッカーで海外旅行に行くときにまず買わなければいけないのが「バックパック」ですね。 バックパックは色々なメーカーから発売され...

貴重品

「貴重品」の意味を調べると、高価なもの、非常に価値のあるもの、などと出てきますが、ここでいう貴重品とは、高いかどうかは関係ない。自分にとって大事なものかどうかである!

□パスポートこれを忘れてしまったらお話になりません。期限に注意!
□クレジットカード念のため何枚か持っていくといいです。キャッシング機能がついているといざというとき助かります。保険がついているものを選んだほうがいいと思います。
□現金(日本円・外貨)現金はそんなにたくさん持って行かなくてもいいと思います。現地到着が夜中や早朝のときなどは日本で両替して行ったほうがいいかも。
□携帯電話そろそろSIMフリーのを買おうと思ってます。
□カメラこれを忘れたら相当落ち込む・・・
□各種コピー類パスポートや旅程はスクショはもちろん、コピーもしておくと安心。
□各種メモ自分用観光メモのほかに、大使館やカード会社の番号などを控えておくと安心。
□定期券一部の人に限られますが、空港まで安く行き来するには必須。遠回りでもなるべく定期圏内を通って行きます。
□家の鍵ちゃんと家の鍵しめてから出てください!それと旅中になくしたら帰ってきたとき家に入れません!
□航空券いまどきはほどんどeチケットだと思いますが。eチケットのスクショは絶対に忘れず!

※eチケットは必ずスクリーンショットして、ネット環境のないところでもすぐに見られるようにしておいたほうがいいです。
空港に入る際に警備員にこれを見せないと中には入れられないと言われることがあります。
自分の名前・フライト名・時間・行先が記載されているところがあれば大丈夫だと思います。。。

海外旅行おすすめグッズ:パスポートケース
海外旅行をするうえで、命の次に大事なものと言われるパスポート。なくさないようにするためのおすすめのパスポートケースをご紹介します。

電子機器

壊れやすいものが多いので、洋服の隙間に入れておくなどしておくといいです。

□音楽プレイヤー空港や長距離バスなどの移動中の暇つぶしです。急に音楽が恋しくなります。
□ドライヤー海外でも使えて、かつコンパクトなものに変換プラグを差して使います。
□変換プラグその国のものコンセントを事前に調べてください。100均で売っています。
□延長コード宿にはコンセントが少なかったり、自分のベッドから遠かったりすることが多いので必ず持っていきます。
□各種充電器携帯電話・カメラ・音楽プレイヤーの。けっこう荷物になりますが、忘れたら大変。携帯の充電器はいつでも使えるようにバッグに忍ばせておくといざというとき役立ちます。

洗面用具

女性の旅の持ち物で一番荷物になるであろう洗面用具。
ここで男性の荷物の量と差がついてしまうんですよね。
女性は男性より力がないのに、荷物が多い。
でも仕方ない。できるだけコンパクトにしてまとめましょう。

□化粧品私は普段の使う化粧品の半分しか持っていきません。すごく荷物になるし、どうせ汗で取れるので旅行中は薄化粧です。
□洗顔・クレンジング旅行中は結構肌荒れしやすいので、これはちゃんと持っていきます。
□化粧水・保湿ヨーロッパなどは水質の影響でカサカサになることもあるから少し多めに。
□シャンプー・リンスー試供品があれば便利ですよね。
□石鹸固形石鹸だと、ボディソープとしてもハンドソープとしても使えます。
□ワックス化粧は薄くても、髪の毛さえちゃんとしたら大丈夫だという持論です。
□リップクリーム財布と同じくらい大事。なかったらカッサカサで何も集中できない。
□歯ブラシ・歯みがき粉空港などでよく歯を磨くので、すぐ出せるようなところに入れておきます。
□カミソリ冬なら必要ないんですけどね・・・
□バスタオルこれは荷物になるのですが、ないと困るもの。私はいつもかさばらなくてすぐ乾く100均の車用拭き上げクロスを持っていってます。
□タオルあまり使わないけど一応コンパクトなものを1枚。
□生理用品とても荷物になって厄介なものですが、女である限り仕方ありません。お気に入りのを持っていきましょう。タンポンが体に合う人はそっちのが楽かも。
□ 洗剤、洗濯バサミ私は洗濯は自分で手洗いするので必要です。洗濯ひもがあってもいいかもしれませんが、ドミトリーじゃあまり使えませんね。
□ トイレットペーパートイレに紙がないことも多いのでこれは必須。ティッシュとしても重宝します。シングルだとカバンの中でボロボロになってしまうのでダブルがおすすめ。
□コンタクト・洗浄液・ケース 飛行機や長距離バスで付けたり外したりするのでめがねと一緒に出し入れしやすいところに入れておきます。1dayが楽なんですけどね。

※飛行機に乗るとき、液体系を手荷物で持っていくには、100均の容器に移し替えるなどが必要です。

旅行中の洗濯どうしてる?手洗いの方法や便利グッズ紹介!
旅行中の服の手洗いについて、必要なグッズや、洗い方、どうしても乾かなかったときの秘伝の対処法などをご紹介します。

日用品

ほとんどのものは現地で調達できますので、最悪忘れても大丈夫!

□日焼け止め海に行くならウォータープルーフのものを!
□ウェットティッシュ100均の20枚入りくらいのを2,3個もっていくとケチらず豪快に使えます。
□ハンガー(プラスチック) 洗濯ものを干します。本当は針金のほうがコンパクト、折り曲げられるのでおすすめしたいのですが、荷物検査で取られたことがあるので・・・
□マスク長時間飛行機やバスに乗るとき、乾燥した国で夜寝るときに使います。のどが弱いので・・
□爪切り私はいつも人に借りるか、日数によっては我慢します。手荷物検査で取られないように注意!
□鏡ちょっと大きめの自立するやつがあれば、ベッドの上で化粧できます。
□サンダル宿でスリッパ代わりに履きます。共同シャワーなら履いたまま入ることもあります。
□めがねこれがなかったら目玉を忘れたも同然です。
□ペン飛行機で入国カードを書くのに使うので、持ち込みバッグにボールペンを1本入れておきます。筆談するときにも使えます。
□メモ帳筆談や日記、下調べの情報を書いたりします。
□薬私は整腸剤、下痢止め、酔い止め、鎮痛剤を持っています。
□ビニール袋エチケット袋、ゴミ袋、買い物袋、汚れた服入れなどなんでも使えますし、ないと地味に困ります。
パスポートケースカバーではなく、ポーチのように首から下げるパスポートケースです。おすすめパスポートケースについての記事はこちら。
□財布3つ貴重品用の入れ物はパスポートケース含め、3つに分けて持っています。首から下げる用、バッグにひもでくくりつける用、バックパックの奥に隠しておく用です。盗まれる前提で考えます。
□ガイドブックなんだかんだ「地球の歩き方」
□時計あまり高価なものは危険です。時差があるときに時間を進めたり戻したりして使います。
□南京鍵あまり意味はないかもしれないけど、注意してるぞっていうことをアピールしてバッグのチャック部分などにつけます。
海外旅行で使える便利な100均グッズ13選
これ以上旅の費用がかさむのは避けたい!なるべく安くおさえたい!そんなときは100円ショップの力を借りましょう。 100円でも十分使える便利グッズをご紹介します。

衣類

正直、服装を選ぶのが一番時間かかります。何日もかかります(笑)
現地の気温などを調べるのが大切ですよね。
またあまり余分に持っていくと荷物になりますので、わざと少なめに持っていき
現地で気候に合った服を買い足すのもひとつの楽しみです!

□トップスあまりお気に入りのを持っていくと汚れちゃいます。ゴシゴシ洗えるものを。
□ズボンスカートよりは安全で動きやすいと思います。
□防寒着どこの国、どこの季節に行っても、1枚は必要だと思います。
□パジャマ次の日に着る服をパジャマとして着ることが多いですが、動きやすいハーフパンツは1枚持っていきます。
□下着捨てて帰ってもいいくらいヨレヨレなものでいいと思います
□靴下かさばらない靴下でおしゃれを楽しむのがおすすめです!
□帽子夏でも冬でも持っていきますが、おしゃれ要素としてのが大きいです。
□スニーカーいっぱい歩いても足が疲れないもの。
服に関する記事は、このブログにたくさんあるので参考にしてみてください。→旅の準備

荷物は少なく服はおしゃれに!海外旅行の着まわしのコツ4つ
荷物はできるだけ少なく、それでいてオシャレな服を着たい!旅の準備の中で1番悩むところだと思います。そんな旅の着まわしについて、いままでわたしが旅行にいく中で見つけた、4つのコツをご紹介します。

持っていくと便利なもの

あらゆることを想定して、ひとつのもので多用途に使えるものがベストですよね。
使わないかもしれないけど持って行っても邪魔にならないもの、捨てて帰れるもの、というのもポイントです。

□輪ゴムお菓子を留めておいたり、ものをコンパクトにまとめたりするときに便利です。
□新聞紙地面に座るときや、梱包材として使えます。
□アーミーナイフなにかと使えます。
□証明写真ビザの申請、国際学生証、パスポートを紛失したとき(2枚必要)などに使えます。

季節もの

季節ものは自分の体質・体調などを考えて備えてください。

□虫よけスプレー夏、フィリピンでこれをしなかったためにものすごく刺されました。
□カイロ冬のヨーロッパや、アメリカに行くときは持っていきました。
□水着海に行くときは忘れず!
海外旅行で冬や寒い国に行くときの持ち物・服装とそのポイント
寒い国や季節に行くときの持ち物や服装と、そのポイントについて、寒がりなわたしが経験したことを踏まえて書いていきます。

 必要に応じて持っていくべきもの

事前に必要かどうかを確認しておく必要があります。

□国際学生証海外でも簡単に作れます。((海外だと学生じゃなくても作れる・・・))
□国際運転免許これも意外に簡単に取れるそうです。
□ビザ日本で取るにもとても苦労する国もありますので、余裕を持って取得してください。
□マイレージカード貯めている人は忘れず。事後申請もできます。
□お土産用の袋たくさんお土産を買って帰る人はボストンバッグなど必要かもしれないです。



おまけ

持って行ってもあまり使わなかったもの

おまけで、あまり持って行っても意味なかったよ~というものをご紹介します。
使用頻度の低いものを忘れても、困るのは1日くらいです!

□サングラス日差しが強いときは帽子をかぶるのであまり使いませんでした。使うとしても海に行くときくらいで街歩きのときは使いませんでした。似合わないし・・
□アイマスクなくても眠れます。
□首枕同上。これはほとんど使わないくせにものすごい荷物!むしろなんで持って行ったのか謎
□コテ、変圧器スーツケースで持って行ったことがありますが、セットに時間がかかるし変圧器が重いくてデカイのでもう持っていきません!最近は旅に出る前に美容院でパーマをかけています。
□雨具雨が降ったら降ったで濡れればよし。

さいごに

参考になったでしょうか?
もっと詳しくご紹介していきたい部分もありますが、取り急ぎ。
旅の服装や便利グッズ、盗難対策などはここでは詳しく説明しきれなかったので、別記事でまとめています。

ここまでリストにまとめましたが、ほとんどのものは現地調達もできますので、そこまで神経質にならなくてもよさそうです。

でも、パスポートとお金!これだけは忘れないで!
そして持っていくときは、「盗めるもんなら盗んでみろ!ほら盗めないだろ!」くらいの気持ちで万全に対策を取っておくと、心に余裕思って旅を楽しめます。