海外旅行の宿探し!歩いて探すorネット予約

スポンサーリンク

まえがき


旅において、どんな宿に泊まるかというのは重要なポイントです。

何もない街、何もしていない街でも、宿がよければいい思い出として残ります。
どの都市が良かった?と聞かれたときに、宿の印象が良かったところは自然と上位になっているはず。

今回は、宿を探す2つの方法についてご紹介します。

旅の宿探し

1.歩いて探す

東南アジアなどで本当に安く泊まりたかったら、事前に予約をせずに歩いて宿を探す方法が有効です。
本当に安いところは予約サイトには載っていないことが多いからです。

その都市の安宿街の名前(通りの名前など)と場所さえ覚えておけば、そこにたくさん集まっているので簡単に見つけることができます。
バスやタクシーの運転手も、旅行者の多い安宿街のことはだいたい知っています。

どの宿にするかを決める際は、部屋を見せてもらい、比較してみましょう。
受付の人に部屋を見せてほしいと言えば見せてもらえますので、いくつかの宿で部屋を見て、値段やグレードなどを考慮して決めてください。
値引き交渉も可能です。延泊すると安くしてくれることが多いです。

以下に、歩いて宿を探すときのチェックポイントを挙げるので参考にしてみてください。


歩いて宿を探すときのチェックポイント

ドミトリーの場合
  • シャワー・トイレの数はベッド数に対して十分か。これは大事。
  • 貴重品またはバックパック用のロッカーはあるか。
  • コンセントは足りているか(人数分あるか)。取り合いになります。
  • 部屋の鍵はあるか。施錠されていないドミトリーはすこし心配かも。
  • 枕元にライトがあると便利。部屋のライトが消えているときに使います。ほかの人がまだ寝ている中、朝早く出るときなど。
個室の場合
  • シャワー・トイレは共用か、部屋にあるか。
  • 部屋にコンセントはあるか。ないと何も充電できなくて次の日に困ります。窓もコンセントも無い部屋がほんとにあるんですよ。笑
ドミトリー・個室共通
  • wi-fi設備はあるか、自分の部屋でも使えるか。ロビーでしか使えない、端の部屋には届かないってこともあります。
  • ホットシャワーかどうか。東南アジアだと水シャワーで十分なときもありますが。
  • シャワー・トイレは清潔か。シャワーの水圧が弱すぎないか、トイレはちゃんと流れるかなども。
  • 部屋に窓はあるか。なくてもいいけど選べるならあるほうがいいです。
  • 空調設備は整っているか。東南アジアでファンなしエアコンなしの部屋はけっこうキツイです。
  • 朝食は付いているか。これは好みですね。
  • ベッド脇に荷物置き的なイスかテーブルがあると便利。

これくらいチェックすれば大丈夫!
とは言っても、バックパックを背負って一軒ずつ見て回るのはなかなか疲れます。
特に、到着が夜だと危険もあるかもしれません。
ネットで世界一周ブログなどを見て、ある程度目星を付けておくといいと思います。

ゲストハウスに泊まる一番のメリットは、旅行者同士やスタッフと交流して友達になれることです。
みんなで飲みに行くと楽しいです。英語が喋れなかったらそれをネタにしてもいいし、ゆっくり話すから黙って聞いてくれ!って言っても大丈夫です。
仲良くなれば旅の情報交換もできます。
安宿探しもバックパック旅行の醍醐味の一つのですので、無理のない範囲で楽しんでください。

2.ネット予約

東南アジアとは違い、ヨーロッパの安ホステルはネットで予約可能なところが多いです。
安いところでは10ユーロ前後で予約できるので、何都市か周遊するときはネットで予約していくといいと思います。
前日や当日でも部屋が空いていれば予約することができます。

高級ホテルも予約サイトで探せばびっくりするくらい安くなっていることもあります。
バックパック旅行でも、「最終日だけ」とか「リゾート地だけ」とかで高級ホテルに宿泊するのも楽しいです。
そんなときはネットで探してみるのがいいと思います。

予約サイト紹介

Expedia:言わずと知れた超有名サイトです。航空券検索はイマイチですが、航空券とホテルをセットにしたダイナミックツアー検索をすると驚くほど安いことがあります。

Booking.com:こちらも定番の、使いやすいサイトです。

hostelworld:この中では一番、安宿が多く掲載されている気がします。



さいごに

高級ホテルで不快な思いをすることもあれば、安宿でも気さくなスタッフの心遣いや笑顔に心温まることもあります。
逆に高級ホテルの素晴らしいサービスに大満足なこともあるし、安宿で大量の虫が発生していたり、持ち物を盗まれたりというのもよく聞く話です。

どっちがいいということはなく、その時の旅行スタイルや気分によって宿を使い分けるのがおすすめです。