プロパンガス(LPガス)が高い!わたしは電話して値下げしてもらいました

夏に引っ越しをしたのですが、家のガスが都市ガスからプロパンガス(LPガス)になってしまいました。

プロパンガスは都市ガスはよりも高いと聞いていましたが、やはり、高い

それでも夏場のガス代はまだ我慢できたのですが、12月のガス料金が6700円(2人で)。

6000円という大台に初めて乗ってしまい、さらにその後半ときた。
我が家のキッチンはIHなので、ガスを使うのはお風呂と、顔を洗ったり食器を洗ったりするときのみ。

そんなに使ってもいないのに、前の家のときより1000円~2000円違うなんてたまったもんじゃない!と奮い立ち、ガス料金を減らす方法について調べ、ガス会社へ交渉をしてみました。

そこまで節約をしているつもりはないのに、周りからはなんでそんなに安いの?!と驚かれるので、今回は我が家の食費についての記事を書いてみます。
スポンサーリンク

プロパンガスって?

まず、ガス料金には基本料金単価があります。
ところがわたしの家に毎月届く「LPガス検針票」には基本料金や単価は書いてありませんでした。

電話して聞かないとわからないということですね。
もうこの時点でプロパンガス業界の闇が見えるというか怪しさ満載。
明細を明記しないなんて今どきありえない。

そもそもプロパンガスがなぜ高いのかというと、プロパンガスは都市ガスと違い、公共料金ではなく自由料金なのです。
国が決めた料金設定ではないので、プロパンガス会社によって自由に料金が決めることができます。

だから、ガス業者が利用者の許可なしに、料金を勝手に上げることができます。
わたしの家のガス会社のように、明細を明記していないところも多くあるので、料金が上がったかどうかなんて聞かないとわからないのです。

なんじゃこりゃ、こんなガス会社早く変えてしまえ!と思うかもしれませんが、我が家のような賃貸の集合住宅なんかは、大家さんがガス会社と契約しているので、勝手にガス会社を変えるわけにはいきません。

そんな消費者を助けてくれる?団体

プロパンガスについて調べていると、検索上位にこのようなサイトがいくつか出てきます。

このようなサイトは、現在のガス会社へ値段交渉、その後の一方的な値上げの抑制、または適正価格で契約可能な会社の紹介などを、すべて無料でやってくれるそうです。

でもこのサイト、NPO法人なのに広告を出したり、サイトの形式や謳い文句がなんかどうも胡散臭いなぁ~と思って調べると、同じことを思っている人がけっこういて、知恵袋などに質問がいくつかありました。

そもそも、すべて無料で行っておきながら、この会社の利益はどこから来るのかというと、斡旋したガス会社から支払われる紹介料。
軽く調べただけで同じような会社がこれだけでてきたんだから、きっと儲かるんでしょう。

斡旋されたガス会社は、適正価格つまり比較的低めの料金設定をしている会社ですが、さらに紹介料を支払うとなると、単純に利益が減るような・・・。
するとどこから利益を回収をしているのかな・・・。

ネット上では、大体の人が「この手の会社はNPOまがいのブローカーだ!」と言っている中で、「利用しました!値下げしてくれて助かりました!」っていう意見もいくつかあるという印象です。
とりあえず、利用して騙された、という人は今のこと見つけられていません。

わたしは、なんとなく良い印象が持てなかったので、とりあえず自分でガス会社に直接電話してみました。

http://unusual-web.com/?p=4552


交渉

ガス会社との交渉の結果、
基本料金:2000円⇒1800円
単価 :610円⇒500円
になりました。

これでも相場と比べて安くなったわけではないと思いますが、月1000円くらいは安くなりそう。

電話の内容

~電話~
私「ここの基本料金っていくらですか?検針票に書いてないんで 」
ガ「ちょっと待ってくださいね。えー○○円です」
私「ちょっと高いですよね。何とかならないですかねー」
ガ「あーじゃあ検討してみます」
ガチャ

あれ、案外あっさり。
でも実際はもうちょっと長くて、いつもお湯の温度が安定しないこととか、ガス会社のミスでお湯が出ない日があったこととかを話題に出しながら(笑)やんわりと言ってみました。
そのおかげかとてもあっさり。
あっさり過ぎてこれスルーされるんだろうなと思ったら、1週間後に電話が来ました。

ガ「例の件ですが、基本料金1800円、単価500円でいいですかね。これアパートのほかの住民には公言しないようにお願いしますね。へへ」

これまたあっさり。
あっさりすぎて、もっと安くしろって言えばよかったって後悔しています。
対応が終始すごく嫌な感じなんですが、とりあえず料金が下がってよかった。

気をつけなければいけないこと

わたしの場合かなりあっさり値下げしてくれてラッキーでしたが、こういうこともよくあるみたいです。
こうやって電話するのってだいたいがめんどうな客ですしね。

ですが、こうやって値下げしてくれても数か月たったら気づかないうちに今までより高い料金を払わされてた、なんて話もよく聞きます。
これで安心せず、毎月しっかり料金をチェックし、おかしいなと思ったらすぐに電話するようにします。

違う方法

わたしはこの交渉でだめだったら、次は大家さんに相談してみようと思っていました。
大家さんが取り合ってくれれば、ガス会社への交渉や会社変更をしてくれる場合もあると思ったからです。

ですが、大家さんとガス会社がある契約(たとえば無料でガスの取り付けをやるかわりに契約してください、とか)をしていると難しいかもしれないです。

そのほかの方法としては、先ほどのサイトが頼りになるかもしれません。
実際にそのようなサイトを利用して安くなったという話もありますから、疑いすぎるのも良くないかもしれません。
100%は信用せずに、また気づかぬうちの値上げなどに注意できるなら、利用してみてもいいかもしれません。

ファンデーションをベビーパウダーにかえたことをきっかけに始まったわたしの自分流肌断食。あえて「何もしない」究極のスキンケアに挑戦中です。