ベトナム行ったら絶対やるべき!羽を蹴り合う「ダーカウ」というスポーツ

2013年11月にホーチミンに行ったとき、ブイビエン通り近くの公園で(9月23日公園というらしい)何やら遊んでいるベトナム人がいっぱい。

スポンサーリンク

流行りの遊び

近寄ってみると、バドミントンの羽のようなものを足でポーンポーンと蹴り合っている。
なにこれ流行ってるの?
みんなめっちゃやってるじゃん!!

たのしそう!!!!!やるやるやる!!!!
さっそく売り子から1ドルほどで羽を購入し、公園のあいたところでやってみることに。

IMG_20160127_150251
▲売り子さんから買った羽(カウ)
IMG_20160127_150322
▲羽の根元に重りとバネがついている。

▲知らないおっちゃんが練習に付き合ってくれた

んー、難しい。
シュンもわたしもサッカー経験者なので普通の人よりはできるだろうと思っていたけれど、空振りばっかでなかなか思い通りに蹴れませんでした。
それに意外に体力が必要で、ベトナムの熱気と相まって汗だっくだくTシャツびっしょびしょ。

ダーカウというスポーツ

どうやらこのスポーツ、ベトナム語で「ダーカウ」というらしいのです。
国際的には「シャトルコック」と呼ばれ、中国が発祥。
公園ではただ向かい合ったり円になったりして蹴り合っていますが、本来はネットを張ってバドミントンやバレーボールのように打ち合うスポーツ。
世界大会も行われています。

▲シャトルコック世界大会 中国vsベトナム

ベトナムは学校の授業でもダーカウをやるらしく、とにかくすごい人気

わたしたちが公園で練習してるとあれよあれよという間に人が入ってきて、いつの間にか6人くらいで円になってダーガウをやることに。
その後も誰かが出たり入ったり。

ダーカウ

女の子も男の子もおじさんも子供もみんな、「じゃあ蹴っとくか」みたいな感じで普通に入ってきます。
「入ーれてっ!」とかは全然なく、買い物帰りとかそんなかんじでも、荷物置いて「さてと、」みたいな。
そんでみんな超うまい。

かっこいい技をやろうとしたのに失敗してみんなから「ウェーイww」って言われたり、うまくできると拍手が起きたり、がんばってると応援されたり。

楽しくて、結局この日はオールで朝のフライトギリギリまでやりました(笑)

再挑戦

日本に帰ってからもダーカウを練習しました。
これ見よがしに代々木公園でやってみましたが誰も入ってきてはくれず、ちょっと寂しい気持ちに。

それと、日本だと風がけっこう吹くので、羽が流されてしまって思うように練習ができなくてもどかしかったです。
そう考えるとベトナムは全然風なかったなぁ。

旅に行くと、「なにこれ・・」「これ、大丈夫なの?」「すごい!」というような、ついつい写真を撮りたくなるシーンによく出くわします。そんなヨーロッパのオモシロ?写真を集めてみました!

そして2015年9月にもう一度ホーチミンを訪れ、あの公園へ。
相変わらずやってるやってる!
早速練習をはじめると、開始1分で仲間が増えました。
日本語で「ウマイウマイ!」って言ってくれた優しい女の子たちありがとう(笑)

▲知らない女の子が練習に付き合ってくれた

時を重ね、下手になってる。
そんな簡単にうまくならないスポーツ、ダーカウです。
ダーカウ後のフルーツシェイク染み渡るぅ~。

さいごに

みなさん、少しやってみたくなりましたか?
ベトナムに行ったときは、ダーカウをやることを強くおすすめします!

なぜなら、海外旅行先でスポーツで汗をかくなんてそんなに多くある経験ではないはず。
手軽にできて何より楽しい。
そして現地の人の輪の中に自然に入っていく(むしろ輪の中心に入れる)ことができます。

まだ日本では認知度が低いので、日本に帰って友達とやるのも楽しいと思います。
羽は壊れやすいですが、安いのでたくさん買って帰ってくださいね。

わたしはロサンゼルスにいったときも、UCLAの芝生でダーカウやりました。
コンパクトで軽いので、バックパックのなかに忍ばせておけばいつでもできますね!

http://unusual-web.com/?p=5022