【2011 パリ②】雨と寒さ。ヴェルサイユ宮殿、リトルイタリー

これは、2011年9月にはじめてのヨーロッパ旅行として、女友達と2人でパリに行ったときの記事です。

スポンサーリンク

雨のち晴れ

朝ごはんは昨日スーパーで買ったバゲットに、ハムとチーズとレタスをはさんで食べた。いい朝。観光2日目。

france-day216

今日はヴェルサイユ宮殿に行く。
地下鉄RERの車内で、酒くさいおじさんが楽器演奏を始める。
かなりテンションが高いが、乗客の反応はいまいち。
朝から陽気だな~とのんきに思うけれど、これが彼らの仕事なんだろう。

france-day217

ヴェルサイユ宮殿に到着。
雨。そして極寒。短パンで来たことを悔やんだ。
前を歩く女の子たちにも同情する。

france-day218

中に入るために、かなり長い列に並ばなければいけなかったが、準備のいい友人がEチケットを日本で取ってくれていたのでスムーズに入れた。

france-day21

france-day22

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

france-day219
▲サイゼの天井じゃないよ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中はまさに豪華絢爛。広ーーい。
すべてが見どころだった。

庭園は、寒かったので写真を撮るために数秒だけ外に出て、すぐに中に戻った。

宮殿を出て、寒いので近くのカフェに避難。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パニーニを頼んだのに、店員はパニーニじゃないのを買え的な空気だったので、しかたなくダックのサンドを食べたが、くせ(くさみ)が強すぎるのと、パンが固すぎるのでおいしくなかった。
おいしくないサンドなんて初めてだったからけっこう驚いた。
ココアも味が薄く、ひどいものだった。
観光地近くのお店のクオリティの低さは、いたしかたないのか。

店を出て、凍えながら駅に向かった。
ホームにあった自動販売機の、1ユーロのホットコーヒーが最高においしかった。

一度アパルトマンにもどり、短パンからジーパンに着替え、体をあたためてからオペラ周辺散策。

france-day23

france-day25

このときくらいから晴れてきた。
わたしは寒いのが苦手なので、晴れてくると俄然テンションがあがる。
でも日曜日のため、ほとんどの店が閉まっていた。
通りの名前は忘れてしまったけれど、日本でいう竹下通りみたいな賑やかな通りがあった。
完全に、たけしていた。

そのとおりの近くで、日本にも進出しているジェラート屋、Deliziefollieで濃いチョコのジェラートを食べた。


同じ時期にパリを旅行中の先輩と合流して、ディナーはLittle Italy(リトルイタリー)に。
わざわざフランス来たのにイタリア来ちゃった。

本場じゃないからと侮ることなかれ。
昨日のシャルティエ大衆食堂と違って、料理がはやいしおいしい。

わたしが注文したラザニアが、とってもボリューム満点でおいしかったのでおすすめ。
他の人が頼んだパスタなども全部おいしかった。おすすめ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

france-day26

その後は、先輩たちが泊まる宿を見せてもらった。
エレベーターなしの7階は辛かったが、窓からの景色が素敵だった。

たくさんの煙突と、遠くのほうにライトアップされたエッフェル塔が見える。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰りは少し暗いが、自分が変質者になれば、誰も襲ってこない。
フードをかぶって、バッグでおなかを膨れさせ、大股で、奇声を上げて帰ろう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
航空券徹底比較『スカイスキャナー』