バックパッカーの旅を最大限に楽しむための5つの心得

今回はバックパッカーで旅をしようとしているあなたに向けて、今までの旅でわたしたちが感じた「バックパッカーの旅を最大限に楽しむための5つの心得」を紹介します。

スポンサーリンク

バックパッカーの旅を最大限に楽しむための5つの心得

1.写真をたくさん撮る

一眼レフでもコンデジでもiphoneでも何でも、迷ったら写真は撮っておくべきです。
やっぱり写真は、あとで見返すと旅の思い出がすぐによみがえりますし、現像したら物としても残すこともできます。

また、景色の写真だけでなく、自分を写真に写すことも大切です。
一人旅の場合は、韓国人や中国人よろしく、周りを気にせず自撮りをしたり、ほかの人に頼んで撮ってもらいましょう。
撮ってもらうのは、初めは恥ずかしいかもしれませんが、すぐに慣れますし、それをきっかけに仲良くなることもあります。

いらない写真の整理は、宿に戻った夜や、帰国後にすることをおすすめします。
「撮りすぎたから整理しないと」と思って、勢いで削除してしまうよりも、落ち着いて選別したほうが冷静に判断できるからです。

以前、旅行中のひまな時間にカメラの写真を見ていて、うまく撮れなかったと思った写真をバンバン消してしまっていました。
帰国後にもう一度見たら、あそこの写真もない、あの写真もない、と悲しくなりました。(シュン)

2.記録を残す

旅をしながら、簡単な日記をつけることをおすすめします。

感動的な景色を眺めたり、美術館で観たかった絵を観たり、思わぬ出会いがあったりと、旅には日常生活ではなかなか味わうことのできない醍醐味があります。
移動中に携帯のメモ帳に書いたり、1日の終わりにベッドの中で書くというのもいいですね。
ゲストハウスなどで他の旅行者と情報交換をするときにも、メモがあると便利です。

メモをする内容は、行った場所・行き方・かかったお金・食べたものの味など自由ですが、わたしはいつも、おもしろかったことや考えたことをメモしています。
旅をする中で、自分が感じたことをずっと大事にしたいからです。

わたしは3秒前に話してたことすら忘れてしまうくらい記憶力が悪いのですが、メモを残したことによって、5年前のフランス旅行もここまで鮮明に覚えています。(メイ)

フランス観光6日目。ルーブル美術館に行くのはこの旅で3回目。この日は1日中芸術に触れた。ここまでくると絵画について知識ゼロのわたしが、持論を繰り広げるまでに成長した・・・・。

3.自分にお土産を買う

家族や友人、仕事仲間にお土産をあげるだけではなく、自分用のお土産を買うことをおすすめします。

わたしはむしろ、自分へのお土産のほうが多いかもしれません(笑)
ビールやコーヒー、調味料などをよく買って帰ります。
自分用のお土産を買うと、帰国してからも余韻に浸って楽しめるし、調味料などは長期にわたってその国の気分を味わいつづけることができます。

現地で着れる物であれば、民族衣装や地元の人が着ている服を買って着る、というのも楽しみのひとつです。

モロッコでは民族衣装のジュラバを買っている人がたくさんいました。

心地良い喧騒が身体を熱くさせる。 モロッコ、マラケシュのメディナ(旧市街)は日々大勢の人を吸い込み、吐き出していく。 旅人の好奇と商人の欲望が交錯し、質素な暮らしと実際的な希望がすれ違う。 大きなうねりで訪れた者をトランスに誘う、旧市街ラプソディー。

4.オープンマインドで過ごす

オープンマインドでいることは、旅においてわたしたちが1番大切だと思っていることです。

海外の知らない土地にいると、言葉も通じず文化も違って、不安になることがたくさんあります。
トイレが汚い、食事があわない、店員が不愛想など、ストレスもあると思います。
油断しているとスマホを盗まれたり、お釣りをごまかされたり、ぼったくられたりするかもしれません。

それでも、それ以上の楽しみがあるのが旅です。
細かいことを気にせず、自分の心を開けば、みんな親切にしてくれます。
そして旅に溶け込んでいくと、自然とオープンマインドになっていきます。

旅の思い出は、出会った人や出来事に左右されると思っています。
どんな出会いがあるかは、自分次第です。

バックパック旅行をしたことがない。そんなのできない!したくもない!ていうかバックパッカーってなに?そんな人に向けて、ヘタレなわたしがバックパック旅行をおすすめする理由をご説明します。

5.安全第一

オープンマインドとは言っても、安全が最優先です。
危険そうなところ(例えばクラブの奥の方とか、人通りの少ない夜道など)には近づかないようにするなど、注意が必要です。

海外で多発するスリなどは、どうだ!盗んでみろ!くらい万全の対策をしなければなりません。
逆に言うと、それくらいしないと盗まれてもしかたないということです。

自分の身は、自分で守るしかないのです。

海外旅行をするうえで、命の次に大事なものと言われるパスポート。なくさないようにするためのおすすめのパスポートケースをご紹介します。

さいごに

何回かバックパッカーをしているうちに、自分の旅のスタイルが見つかるはずです。
食事であったり、人との交流であったり、自分にとって楽しいことを最大限に楽しめるようになったら、すごくいいと思います。

▼ホテルや航空券もまとめて予約できる、海外旅行プランを一括比較!