ポーレックス セラミックコーヒーミルの長所と短所、ミニとの違い

ポーレックスのコーヒーミルについて。

coffee2

これは、何年も前から欲しいなと思って迷っていたのをやっと買ったもので、今や、かなりのお気に入りとなっていて、毎日使っている。

迷っていたのは値段が高いと思っていたからだけど、なんでもっと早く買わなかったのかと思うほど素晴らしい商品だと思う。

この無駄のないデザインがかっこいい。

今まで、ミルは電動のものを使っていたけど深夜だと音が気になるし、やっぱり手動で挽きたいなと。
電動ミルは唐辛子やごま用として使うことにした。

このポーレックスのミルはハンドルを外せばコンパクトなので旅行にも持って行こうと思う。

スポンサーリンク

「ポーレックス セラミックコーヒーミル」と「ポーレックス セラミックコーヒーミル ミニ」の違い

この商品は、「ポーレックス セラミックコーヒーミル」と「ポーレックス セラミックコーヒーミル ミニ」の2種類ある。
長所と短所について書く前に、この2種類のサイズの違いについて触れておく。

  • Amazonでの価格は同じくらい(4200円程度)
  • 「ポーレックス セラミックコーヒーミル ミニ」にはハンドルホルダー兼滑り止めのゴムバンドがついている。
  • 容量は、「ポーレックス セラミックコーヒーミル」が30g(約3人分)「ポーレックス セラミックコーヒーミル ミニ」が20g(約2人分)

ポーレックス セラミックコーヒーミルの長所と短所

本題の、長所と短所について。
うちにあるのは「ポーレックス セラミックコーヒーミル」のほうなので、それについての長所と短所。

長所

  • 洗練されたデザイン
  • ハンドルを外すとコンパクトで場所を取らない。持ち運びに便利
  • 豆を挽く荒さを調節できる、プロじゃないしこれで十分満足
  • 洗いたいときは分解洗浄できる
  • 一人、二人分を挽くのにはぴったりの容量
  • 筒状の形状なので、粉を粉受けからフィルターにセットするのが楽。こぼしようがない

短所

  • 手で握るところに滑り止めバンドがついていないので、滑るときがある(ミニには付属している。)
    楽天でバンドだけ別売りで買える:ポーレックス セラミック コーヒーミル 専用 ハンドルホルダーtate
  • ハンドルを付けたままで立てておくと不安定
    あまりそういう場面はない
  • 豆を入れるところが狭くてこぼしやすい
    慣れor手でこぼれないようにしながら入れればOK
  • 豆によっては粉が底に残りやすい(特に、深煎りで油分の多い豆の場合)
    コンコンとやるか、箸とティッシュで拭き取れば問題ない
  • 一度に挽ける量が限られている
    人が家に来た時など、困るシチュエーションは限られているので我慢できる、そのかわりにコンパクトなので別にいい
  • ちょっと値段が高い(安いコーヒーミルだと2000円程度で買える。アマゾンで類似品が1500円で売っていた。)
    これがほしかったから、しょうがない!
  • 挽き方の調節にコツがいる
    ねじを一番きつく締めたところから何回緩めるか、という回数で調節する。(Amazonレビューなどで丁寧に開いてくれている人がいるので、参考にしながら、その時挽く豆と淹れ方に合わせて自分で探る。実はこの「探る作業」はけっこう楽しい。)

まとめ

coffee1

ぱっと見、短所の方が多く出てしまった。
ただこれらは全て妥協できることであって、総合的には「おすすめ」だと思っている。

他の手動コーヒーミルと比べても、分解洗浄できる点やデザインがスタイリッシュな点で上回っているのではないだろうか。(値段も上回っている。)

Amazonのレビューですぐ壊れたと書いている人がいたけど、半年くらい使ってうちのは全く壊れていない。
粗挽き、細挽き、深煎り、浅煎りと色々な豆を挽いているけど全く問題ない。

毎日使うものなので、気に入ったものを使えていてとても満足している。

2016/5追記:

現在、長期の世界旅行に持ってきています。
旅中に出会ったコーヒー好きの人も、何人か同じ商品を持ってきていて会話が弾みました。

コンパクトなので旅・アウトドアにもおすすめです。
海外旅行・世界一周にコーヒーミルを持っていこうと思っている人には是非これを持っていってほしいです。