初心者のためのevernote活用法・初級編

evernote_logo_center_4c-lrg

Evernoteはアカウントは持っているけどイマイチ使いこなせていない、という人が意外と多いのではないでしょうか。
Evernoteって何?とか、登録しているけど何が便利なのか分からない。
という初心者のために、「初心者のためのEvernote活用法」と題し、2回に分けて私が普段から活用している便利な使い方を紹介します。

実際にしばらく使ってみると、Evernoteの良さに気付くはずです。
今回は初級編です。

よくよく考えてみたら、「初心者のための」「上級編」ていうよく分からないタイトルになっていました。まあそれは気にしないとして、...
スポンサーリンク

初心者のためのEvernote活用法・初級編

1.基本知識

https://Evernote.com/intl/jp/

Evernoteは、なんでも自由に記録ができるノートです。
スマートフォンやタブレットでは手書きもできます。

基本的には、新しいノートを作成して何かを書いたり、すでにあるノートを編集したりして使います。
作成したノートは保存しておくことができます。
ノートはノートブックにまとめることができ、ノートブックはスタック(フォルダ)にまとめることができます。

evernote

また、ノートにはタグを付けることもできます。
ノートはタイトルや本文、タグで検索することができ、とても便利です。

2.メモ帳として使う

一番オーソドックス?な使い方です。
Evernoteをメモ帳として使うメリットは、パソコンやスマートフォンなどどこからでもアクセスできることです。
自分のパソコンでなくとも、インターネットに繋がればどこからでもアクセスすることができます。

私は普段思いついたことを携帯でEvernoteに書いておき、夜に自宅のノートパソコンでそれを整理する、という使い方をしています。
その際に、WriteNoteというアプリ(アンドロイド)を使っています。

http://www.nap.jp/michi/Android/WriteNote/

WriteNoteは、同じタイトルのノートを作ると一つのノートにまとめてくれる便利なアプリです。
私は日付をタイトルにして、一日分のメモをまとめて一つのノートにしています。
毎回の投稿にタイムスタンプを付けることもできます。
便利過ぎてもう手放せなくなっています。

使い方は簡単ですが、調べればすぐ出てきます。

3.チェックリストを作る

チェックリストも簡単に作れるので、Todoリストや買い物リスト、持ち物リストとしての利用もおすすめです。

4.クラウドの利点を活かす

先程も書きましたが、Evernoteはパソコンやスマートフォンなど、インターネットに繋がっていればどこからでもアクセスできます。

つまり、USBメモリなどを使わなくても、データを移動することができます。

具体的な活用例として、私の学生時代の使い方を紹介します。
自宅のパソコンでレポートの文章を作成
→Evernoteに保存
→学校のパソコンでEvernoteにログイン
→文章をwordに貼り付け
→学校で印刷

一人暮らしでプリンターもofficeもなかったのでこれはけっこう便利でした。
Evernoteを使う前は、自分のヤフーメール宛にメールでレポート文章を送っていました。笑

5.共有する

Evernoteでは作成したノートを他の人と共有することができます。
共有のノートブックを作成すれば、そのノートブック内のノートは全て共有されます。

しかも、共有に参加している人なら誰でも編集が可能です。
同時に編集するとおかしくなってしまうので、誰かが編集中のときはロックが掛かり、他の人は編集不可になります。

さらに、EvernoteはノートにWordやPDFのファイルを添付したり、写真を貼り付けることができるので、ちょっとしたやり取りであれば、メールで送ったりUSBメモリで渡したりするよりも手軽にデータのやり取りができます。

6.大切な情報を保管する

銀行の口座番号やクレジットカードの番号、免許証や保険証のスキャン画像など、大切な情報をEvernoteに保存している人もいます。

ネットで買い物をするときや、ネットバンクにログインするときなど、いちいち財布からカードを出して・・というのが面倒なので、私も保存しています。
あとは忘れがちな、いろいろなアカウントのユーザー名&パスワードなど。

海外旅行のときにも大事な情報を保存しておく場所として活用しています。

Evernoteではノート内のテキストの暗号化をすることができます。
大切な情報を保存する場合は、必ず暗号化することをおすすめします。

暗号化は、ノート内のテキストを範囲選択して、右クリックから「選択したテキストを暗号化」ですることができます。

(暗号化は絶対に安全というわけではありません。重要な個人情報なので、あくまでも個人の判断で行ってください。なにか問題が起きても当サイトは一切責任を負いません。)

さいごに

Evernoteは、ここまで書いてきたように、とても便利なものです。
ただ今回紹介したのは基本的な使い方です。
次回は上級編として、さらなる活用法について紹介します。

初心者のためのevernote活用法・上級編