Adonit pixelレビュー:ほとんどのiPadに使用可能の最新高機能スタイラスペン

以前、Adonit jot pro miniのレビューをしたのですが、今回は2016年6月10日に発売されたAdonit社の最新スタイラスペン、Adonit pixelをレビューします。

(Adonit公式:http://www.adonit.net/jp/jot/pixel/

スポンサーリンク

iPadの全最新モデルで描画が可能な最新スタイラスAdonit pixel

iPhone 5、5c、5s、SE、6、6 Plus、6s、6s Plus、iPad Mini、iPad Mini 2、iPad Mini 3、iPad Mini 4、iPad 4、iPad Air、iPad Air 2、iPad Pro 12.9で対応可能です。

iPad Proでしか使えないapple pencilとの大きな違いですね。

adonit-pixel3

裏面にはAdonit pixelのアピールポイントが書いてあります。
2,048段階の筆圧感知に対応ということなので、描くのが楽しみです。

adonit-pixel9

中には、本体・USB充電器・クイックスタートガイドが入っています。
使い方などの説明書はありません(笑)
ペン本体の色はブラックとブロンズがありますが、今回はかっこいいブラック!

adonit-pixel4

この2つのサイドボタンはショートカットボタン。
使い方はのちほど。

adonit-pixel5

写真はボケてますが、ペン先は1.9㎜なので細かい絵も描きやすそうです。

adonit-pixel7

重さは約20グラムで、適度な重さだと思います。
軽すぎると描きにくいんですよね~。

充電は、付属のUSB充電器にAdonit pixelの充電ドック部分(ペンのおしりの方)を立てて行います。
充電ドック部分は磁石になっているので、倒れる心配はありません。

充電中はライトが赤色に、充電が完了したら緑色に光ります。
1時間の充電で約14時間の使用可能です。

adonit-pixel8

対応アプリMediBang Paint(メディバンペイント)で試し描き

Adonit pixel対応アプリのひとつ、「MediBang Paint(メディバンペイント)」で試し描きをしてみました。

まず、iPadの設定画面でbluetoothをオンにします。

次に、Adonit pixelのサイドボタンを緑のライトがつくまで押し、起動させます。
(グリップセンサーが内蔵されているので手に取ったらすぐに作動するようなのですが、ライトが光ったりしないので電源が入ったのか入っていないのかわかりませんでした。)

MediBang Paintを起動し、左上にあるメニューの「筆圧感知設定」をタップします。

adonit-pixel16

すると、このポップアップが出てきます。

adonit-pixel1

「電源を入れて先端を押し当てて接続」の部分に、Adonit pixelのペン先を押し当てます。
これでAdonit pixelの接続が完了しました。

adonit-pixel2

2つのサイドボタンにショートカットメニューの割り当てを設定することができます。
わたしは、ボタン1(ペン先に近い方)に「ブラシ/消しゴムの切り替え」を、ボタン2に「取り消し」を設定しました。

これを設定しておくと、描いているときにワンタッチで切り替えができて便利です。
たまに描いている途中で間違えて押してしまうので、慣れが必要ですが。

パームリジェクションをオンにすると、手を画面に乗せても絵を描くことができます。

adonit-pixel15

では、さっそく描いてみます!
ここでは筆圧感知がわかりやすいようなブラシの設定にしてあります。

adonit-pixel14

しっかりと筆圧を感知しているのがわかりますね!
ここまで太い線を描くには、けっこう力を入れなければいけないので、画面に保護シールを貼っておいたほうが安心です。

へにょへにょな文字ですが、線の太さが絶妙で、ペンで描いたっぽい!

adonit-pixel11

ペン先と実際の線との位置にズレはほとんどありませんが、持つ角度によってはたまにズレるときがありました。

adonit-pixel12

他対応アプリ一覧

  • GoodNotes
  • concept
  • Notes Plus
  • Autodesk SketchBook
  • Astropad
  • MediBang Paint
  • Zen Brush2
  • Animation Desk Cloud
  • PicsArt
  • Tayasui Sketches

感想

わたしが持っているのはAdonit jot miniなので、それと比べるとやはり断然Adonit pixelの方が普通のペンのような感覚で描くことができ、描いていて気持ちがいいです。

気になった点は、少し動作が遅いということ。
速く描くと追いつけていない感じが気になります。
また、たまにですが、線が途中で途切れることがあります。
それと、説明書がほしい!

それ以外は文句はありません。
わたしが持っているiPadはApple Pencil非対応のAirなので、Adonit pixel一択ですし、値段も約20ドルの差でAdonit pixelの方が安いです。

スマートフォン、タブレット用スタイラスペン、adonit jot pro mini。比較的評価の高いこちらの商品を実際に使用してみた感想です。