【レシピ】葉しょうが(谷中しょうが)の肉巻き

hasyohga-nikumaki11

6月~7月に出回る葉しょうが。
ちょうどいまが季節ですね!
甘酢漬けにしたり、そのまま味噌につけて食べたりしましたが、今回は肉巻きにしてみました。
お弁当にも入れます。

スポンサーリンク

葉しょうがの肉巻き

材料

hasyohga-nikumaki16

葉しょうが:1袋分(上の写真参照)
豚肉うすぎり:100g
塩こしょう:少々
酒:大さじ1
みりん:大さじ1/2

作り方

1.葉しょうがの茎の部分を適当な長さにカットする。
hasyohga-nikumaki17

2.葉しょうがを良く洗い、茎に合わせてしょうが部分を切り、茎の皮をむく。(おすすめのむき方は下の「ポイント」参照)
hasyohga-nikumaki06

3.豚肉で巻き、塩こしょうを振りかけておく。
hasyohga-nikumaki07

4.肉の巻き終わりを下にして、少量の油を熱したフライパンに並べる。
あまり触らずにしばらく置いて、片面に焼き目をつける。
hasyohga-nikumaki08

5.片面に焼き目がついたら裏返し、軽く火を通したら、酒を入れる。
hasyohga-nikumaki09

6.ふたをして、蒸す。
生で食べられるしょうがにどのくらい火を通すのかは好みなので、味見したり、竹串を刺したりして加減してください。
hasyohga-nikumaki10

7.ふたを取り、みりんを入れて照りが出るまで炒めて完成!

ポイント

葉しょうがの皮をむく方法

葉しょうがの茎は皮があって、食べると筋が残ります。
皮をむくとやわらかい半透明な部分が出てきます。
ただ、この皮をむく作業が大変なのと、すぐにポキっと折れてしまうので、比較的むきやすく折れにくい方法を考えました。

まず茎の上の方から下へ向かって、スーッと引っ張って1か所皮をむきます。
バナナの皮をむくみたいにです。ここまではたぶん普通です。
hasyohga-nikumaki18

1か所皮をむいたら、またバナナのようにまた別の個所からむいていきたくなるところですが、わたしが考えた方法は、根元(赤い部分)のところを持って、先ほどむいた部分をきっかけに、下の写真のように開いていきます。
むくと言うよりは、丁寧に「はがしていく」というイメージ。
例えるならば、キャンディーを包み紙から出すかんじかな。
hasyohga-nikumaki03

この方法でもポキっと折れるときはありますが、コツをつかむとうまくいくことが多いです。
ぜひ挑戦してみてください。

さいごに

味付けはとてもシンプルですが、とてもおいしいです。お酒にも合います。
切った茎の部分も皮をむけばおいしく食べられるので、全部むくのは大変ですがぜひ茎まで食べてみてください。
とっても香りがいいので、料理にもいろいろ使えそうです。