【2012 スペイン・イタリア⑪】コロッセオ、パンテオン、トレヴィの泉

これは、2012年8~9月に女友達と2人でスペインとイタリアに行ったときの記事です。

スポンサーリンク

ローマの観光地めぐりと絶品のピザ

11日目。7時45分起床。
今日は1日ローマの観光地を周る。
コロッセオには太陽を遮るものがないとの情報で、日焼け止めを塗りまくる。
焼けたくないから暑いけどスキニー。

9時前に家を出る。旅の最初のときよりずいぶん準備がはやくなったもんだ。
でも、部屋用のサンダルで外に出てきちゃって一回部屋に戻る。
前も韓国に行ったときホテルのスリッパで外に出ちゃったことあったな。

朝ごはんは、わたしたちが泊まっている宿と提携しているのか、近くのバーでパンひとつとドリンクが無料。
こういうのすごいうれしい、お得感がある。
チョコクロとカプチーノをいただいた。
でも、朝ごはんをがっつり食べる派のわたしは、勝手にベーコンエッグパンとかがあるもんだと思っていた。

メトロB線でコロッセオまで。(1.5ユーロ)
9時45分にコロッセオに到着し、共通チケット(コロッセオ、フォロ・ロマーノ、パラティーノの丘 )を買った。(12ユーロ)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはパラティーノの丘とフォロ・ロマーノ。
どこががパラティーノの丘で、どこがフォロ・ロマーノなのか、よくわからなかったので、写真はランダムです(笑)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
italy-day11-h06 italy-day11-h07 italy-day11-h08
OLYMPUS DIGITAL CAMERAitaly-day11-h09
italy-day11-h05 italy-day11-h04

現地の中学生?の遠足でしょうか。
大人っぽ過ぎてびっくり。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

11時20分にふたつを見終える。
ガイドブックには半日は必要と書いてあったのに、2時間もせず見終わった。
このふたつはやはり聞いていたとおり日陰がなく、帽子やサングラスは必須。

コロッセオ含め、フォロ・ロマーノなどは歴史ある場所に来たということに意味があって、正直美術館のように長時間いても楽しいと思うところではなかった。
説明がないところもあって、瓦礫がゴロゴロ転がっているだけでなにがなんだか・・・。

コロッセオに向かう途中で、「ニーハオ」と言われる。
これはけっこうどこでも言われる。
それなのになぜかわたしはこのとき「ニャーオ」(猫の鳴き声)って言われてると思い、「ニャーオ」と笑顔で答えていた。
今思えば「ニャーオ」ってなんだよ。

コロッセオ。
italy-day11-h01
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA  italy-day11-h15
italy-day11-h14italy-day11-h13  italy-day11-h12

思ってたより全然大きかったけれど、1時間もせずに見終えた。

コロッセオ(colosseum)を英語読みすると「コロシアム」。
昔、ビューティーコロシアムという番組がありましたね。
見た目に少々難がありの女性たちが一人ずつ出演し、その人を半円に囲むようにして整形医師・美容師・歯科医などが並び、涙の訴えを聞きながら一喝したり優しく声をかけたりする。
そして数か月後、女性は彼らによって生まれ変わったきれいな姿で登場するという番組。
番組制作者は、かつてローマのコロッセオ(円形競技場)で、グラディエーターと猛獣が向かい合う構図をイメージしてこの番組名をつけたのではないかと想像してしまった。
コロッセオの外で結婚式の撮影をしていた。きれい!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

客引きのお兄さんに、「どんだけ~」と無表情で言われた。
IKKO教えたの誰よ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12時半、おいしいと有名のピザ屋へ向かった。
チーズ&ハム、焼きマッシュルーム、アンチョビオリーブのミックスピザと水を頼んで、2人で分けた。(4.5ユーロ)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これが本当においしくて感動した。

まずチーズは牛乳の味がして、きゅっきゅと歯ごたえがある。
ハムも何かがちがうし、焼きマッシュルームも甘くてうまいし。
ひとくちたべるごとに納得。

食べ終わって真実の口へ。
ここで写真を撮るためにけっこうな人が並んでる。日本人もまぁまぁいる。
わたしたちも並んで写真を撮ったけど、ポーズとるときに並んでいるたくさんの人に見られているのが恥ずかしくって、思い切ったポーズがとれなかった。
それより恥ずかしいからはやく終わらせたかった(笑)

バスでトレヴィの泉を目指す。

途中で寄ったヴェネチア広場。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ていうかあつい。ローマあつい。
炭酸飲みたすぎてファンタオレンジを買った(1.7ユーロ)
標識を見ながら、トレヴィの泉を目指す。

着いたらすごく混んでいた。
なかなか泉に近づけず、たくさんの人の頭越しに4¢投げた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
italy-day11-h24

コインがたくさん沈んでいる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小学生のころは「トリビアの泉」が「トレヴィの泉」から来ていたなんて知らなかった。
もしかして自分だけ知らなくって、クラスのみんなは知ってたのかな。

15時45分パンテオン到着。
これほんとに約1900年前に造られたもの?!?!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA italy-day11-h25 italy-day11-h29
こんなきれいで、ピカピカで、細かくて、ドームも美しい。
それに入場料が無料というのもすばらしい。(かといって特にこれと言って見るものはないが。)
ルネッサンス時代の画家ラファエロの墓もある。

パンテオンから徒歩5分くらいで、ナヴォナ広場に到着。
italy-day11-h33
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本にはこういう広場が少ないといつも思う。土地がないのか?

噴水に座ってぼーっとしてから、テルミニまでバスで戻る。

バスは満員でなかなかお金を払えない。むしろ払うほうが難しい。
わたしたちの後から入ってくる人も誰も払っていないように見える。
どうなってるんだろうその辺。

ぎゅうぎゅう詰めの中、なにかお尻に固いものが当たるな~誰かのカバンかな~などと思っていたら、後ろに立っていた6、70歳くらいのおじさんの固いものだった。
気持ち悪くてがんばって避けたけど、おじさんは友達と普通にしゃべりながらだったし、きっとわたしの自意識過剰なんだろう。

宿の最寄り、テルミニに着いて、スーパーでおみやげを買おうと店に入ったけれど、
入る前に入念なカバンチェックを受けた。
わたし日本人です!
世界一まじめな日本人なんで万引きなんてしません!

パスタ、オリーブ、おかし、コーヒー、紅茶、ペッパー、プレジデントを買って21.97ユーロ。
けっこうしたな・・・
買ったものを宿の冷蔵庫に入れて、割れ物は梱包してちょっと休憩。

2012年9月にイタリア ローマに行きました。そこでわたしが泊まったおすすめ宿をご紹介します!

夕飯を食べに、また昨日と同じ店(Ristorante Pizzeria Andrea)でサラダミックス、水、ミートソーススパゲッティ、そして食べたかったフェットチーネのスパゲッティを頼んだ。(ふたりで24ユーロ)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フィットチーネのスパゲッティは、ポルチーニとマッシュルームが入っていて、それがおいしすぎてびっくり。
ポルチーニは知らなかったけれど、高級食材らしい。
フェットチーネは想像よりコシがない感じだったけど、でも全体的においしかった!

テルミニ駅からフィウミチーノ空港までの行き方を調べて、23時半就寝。