【2012 スペイン・イタリア⑫】バチカン市国でサンピエトロ聖堂、バチカン美術館、システィーナ礼拝堂

これは、2012年8~9月に女友達と2人でスペインとイタリアに行ったときの記事です。

スポンサーリンク

観光最後の1日はバチカン市国で極上の芸術を

12日目、9時起床。
10時過ぎに宿を出て、朝ごはんは昨日と同じバーで、アーモンドクロワッサンとカフェオレ。

アーモンドクロワッサンが、ヴェネチアで食べた唯一おいしくなかったジェラート(ピスタチオ味)と同じ味がしてぎょっとした。
なんなんだ、、なんかの香辛料か、、、?

10時半にテルミニ駅を出発。A線まで遠い。
電車に乗ると、アコーディオンを弾く陽気なおじさんが入ってきた。
日本じゃありえないけど、こっちだと日常茶飯事。

10時47分に、バチカン市国の最寄り駅、オッタビアーノ駅に到着。
ここから徒歩8分で、バチカン市国到着。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広場。
italy-day12-h01

日差しが強いです。
italy-day12-h02

なんかすごいかっこいい。映画に出てきそう。悪い人役。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミニチュア。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新しい国に来たっていうのに、駅から徒歩で来れて、パスポートもいらないなんて、よくわからないなぁ。
心境としては「他大学に来てみた」、くらいの感覚。

まずはサン・ピエトロ聖堂へ。
近づくと大きさがわかる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天井が高い。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

改修工事中。細かい作業してます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミケランジェロ作の「ピエタ像」。
24歳でこの作品を完成させたそう・・・今と同い年・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ご利益があるのか、みんなこの聖ペトロ像の足に触っていくのでかなりツルツルにすり減っていた。自分も真似してスリスリしてみた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベルニーニの天蓋付きの祭壇。
すごい迫力と重厚感。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミケランジェロ作の大円蓋(クーポラ)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

神々しい光。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マンホールみたいは透け透けです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミサ中。窓からの光が本当にきれい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA   OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA
italy-day12-h04

お土産売り場で、お母さんから頼まれていたロザリオと、ポストカードを買った。
その店員が超絶イケメンだったんだけど、すごい笑顔で「コンニチワ、サンペイです」って言ってきて萌えた。

バチカン郵便局で、さっき買ったポストカードに手紙書いて送った。
各地から手紙を出すっていうのは、けっこう旅行中の楽しみかも。
郵便局の中には机があって、同じ考えの人が手紙を書いたり切手を貼ったりしている。
切手代は2枚で3.2ユーロ。
italy-day12-h05

お昼ご飯がわりにジェラート。(2.0ユーロ)
チョコ味とレモン味頼んだんだけど、すでに溶けかけてて、ゆるゆるでおいしいとは言えなかった。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それよりもジェラート屋のお兄さんが、「なんでだろ~なんでだろ~なんでだなんでだろ~」と「じゃんけんぽんあいこでしょ」って無表情で言ってきた方が気になった。
せめて意味を理解していてほしい。
実はこの国は一切の軍事力を保有しておらず、警察さえもいないらしい。
代わりに教皇の衛兵はスイス人が担当している。

この方たちが着ている制服がすごーくかわいい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミケランジェロがデザインしたとも言われているらしい。
この景観だから似合う制服だなぁ。着てみたい・・・

13時15分バチカン美術館へ。
予約していた日にちが昨日だったというミニアクシデント。
でもなぜか入れた!ありがとう!(笑)

ピナコテカから見始める。

「フォリーニョの聖母」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レオナルド・ダ・ヴィンチの「聖ヒエロニムス」。未完らしい。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラファエロの「キリストの変容」。
右下にいる悪魔に憑りつかれた少年の真似が2人の間でブームになる。italy-day12-h06

中庭の松ぼっくり。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

金玉としかいいようのない金玉。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

14時20分からピオ・クレメンティーノ美術館へ。
italy-day12-h07

ラオコーン像。作者不明なんでしたっけ?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バイトのキッチンのおじさんに似てたもんで。OLYMPUS DIGITAL CAMERA
italy-day12-h08

胸のあたりにたくさんついてるのがおっぱい説と睾丸説があるらしいだいぶ気持ち悪い像。
italy-day12-h09

次は地図のギャラリー。
天井キンピカでした。
italy-day12-h10

次はラファエロの間。
なんか、おしゃれ!
italy-day12-h11

「アテネイの学堂」
italy-day12-h12

こっちを見ているのがラファエロ本人だそう。ゾクゾクする!
italy-day12-h14

ツアー客の説明を盗み聞き・・・
italy-day12-h13

次はシスティーナ礼拝堂。ここがメインディッシュですね。
ところがここは撮影禁止。(みんな撮ってたけどね)
載せられないのが残念。

有名な「アダムの創造」も「最後の審判」も、「これ!知ってる!!!」感がすごい。
迫力満点なのでぜひ自分の目で確かめに行ってもらいたいです。

アンモナイトのような階段を降りて終了!
いや~見ごたえあった~
italy-day12-h17

16時に見終わったので3時間見ていたことになる。
教科書でしか知らなかった人たちや、その作品を実際にこの目で見れたことはなかなかの感動だった。

バチカン市国をあとにし、テルミニ駅まで帰った。
テルミニに着いて、宿の近くで明日のバスチケット(9時10分テルミニ発、10時にフィウミチーノ空港着)を買った。(6.0ユーロ)
8.0ユーロだと思ってたからお金浮いた!
今日のディナーもいつもの店でほんのちょっとだけ贅沢ができる(感涙)。

18時、いつもの店(Ristorante Pizzeria Andrea)で、ラビオリ、サラダミックス、マチェドニア(フルーツポンチ)、水を頼んだ。(ふたりで20.0ユーロ)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日もおいしゅうござんした!
二人でこれで足りないだろうと思われるかもしれないけど、お通し?のパンと、それにつけて食べるオリーブオイルもついてきて、それがなかなかのボリュームなのだ。

italy-day12-h21 italy-day12-h22

そして。
明日でこの旅は終わり。
わたしのお金はあと0.19ユーロだけ。

宿に戻ってからは、パッキング。
壊れやすいものや硬いものは服で包み、飛行機での手荷物を分け、奥底にしまっていた日本円も準備し、シュンに電話をして22時には寝た。