世界一周に持っていくクレジットカード選び

クレジットカード

海外旅行にクレジットカードを持っていく理由と、海外旅行保険について、そしてわたしたちが世界一周(長期旅行)に持っていくことにしたクレジットカードを紹介します。

まだ旅行前なので、実際持って行ってどうだったかは別の機会に書こうと思いますが、今回は選んだカードとその理由について書きます。

スポンサーリンク

海外旅行にクレジットカードを持っていく理由

まずは、海外旅行にクレジットカードを持っていく理由です。
世界一周でなくても、旅にクレジットカードを持っていくメリットはたくさんあります。

海外旅行保険

一番のメリットはこの海外旅行保険です。
海外旅行中に事故に遭ったりケガをした際に、保険で定められた補償額が支払われるというものです。

下で詳しく説明します。

わたしたちも海外旅行保険の内容を軸に、旅行用のクレジットカードを選びました。
クレジットカードのグレードによって補償内容は変わります。

身分証明になる

海外では、(パスポートを除いて)日本の身分証を持っていてもあまり意味はありません。
その点、クレジットカードは世界共通で利用できるものであり、持ち主の信用を証明するものにもなります。

現金より安全

海外で現金を紛失した場合に取り戻すのは困難ですが、クレジットカードの場合はカード会社に連絡すればすぐに利用停止することもできますし、万が一不正利用されたとしても補償されることが多いです。

わたしも一度モロッコでカードを紛失しましたが、電話してすぐに利用停止することができました。

現地通貨を引き出せる

クレジットカードの海外キャッシング機能を利用すれば、海外のATMで現地通貨を引き出すことができます。
レートや手数料によっては両替所で両替するよりもお得な場合があります。
旅先で急に現金が必要になった時にも便利です。

ただし、あくまでもキャッシングなので事前にクレジットカードのキャッシングの仕組みや返済方法を確認しておくほうが良いでしょう。

学生の場合はキャッシング枠が0になっていることもあるので、これも要確認です。

クレジットカードでしか支払いできないことがある

海外の航空券や鉄道やバス、ホテル、観劇、スポーツなどのインターネットからのチケット予約や、街なかのレンタサイクルの料金決済など、クレジットカードでしか支払いができないことがたまにあります。

この点からも、海外に行くなら1枚は持っておいたほうが良いと思います。

特典を利用できる

カードの種類によりますが、海外旅行に行く際に便利な、様々な特典があります。

例えば、海外でのレンタカー料金が割引になったり、expediaなどの予約サイトで割引に使えるクーポンが貰えたりします。

また、ゴールドカード以上のカードなら空港のラウンジが無料で利用できたり、自宅ー空港間の荷物配送サービスや、空港での上着や荷物の預かりサービスが割引価格で利用できたりします。
20代向けの、年会費の安いゴールドカードもありますので、社会人であればゴールドカードを申し込むのもおすすめです。


ポイントが貯まる

通常、クレジットカードを利用すると、だいたい利用金額の0.5%~1%のポイントが貯まります。(これもクレジットカードの種類によります。)
ポイントは航空会社のマイルに移行したりAmazonギフトにしたりして利用できます。

海外旅行の際には航空券や宿泊代など、普段よりも大きな出費がありますが、これをクレジットカードで支払うことでたくさんポイントが貯まります。
それだけでも現金払いよりお得ですが、カードによっては海外での利用の場合、ポイントが2倍や3倍になることがあります。

海外旅行保険について詳しく知る

次に、クレジットカードの海外旅行保険について詳しく見ていきます。

※この記事を書くにあたって色々調べ直しましたが、全ての内容について確実とは言い切れませんので、気になるところは必ずご自身で確認していただくようお願いします。

海外旅行保険の種類

クレジットカードの海外旅行保険は大きく分けて2種類あります。
自動付帯と利用付帯です。

  • 自動付帯:そのクレジットカードを持っているだけで保険が適用される。
  • 利用付帯:そのクレジットカードを海外旅行の交通費(飛行機、バス、電車、タクシーなど)またはツアー代などの支払いに利用した場合、保険が適用される。

補償内容・補償額

補償内容は大体のカードで同じですが、補償額はカードによって異なります。
補償の内容と最大額の相場を書いておきます。

傷害死亡・後遺障害

ケガで死亡したり、後遺障害が生じた場合に支払われる。
最高1000万~1億程度

傷害・疾病治療費

ケガや病気の治療費が支払われる。
50万~300万程度

賠償責任

他人にケガをさせたり他人の物を壊してしまった場合に支払われる。
なし~5000万程度

携行品損害

持ち物が盗難に遭ったり、破損した場合などに支払われる。
なし~50万程度(たいていは自己負担3000円)

救援者費用

被保険者の家族が現地に渡航する際などに支払われる。
なし~500万程度

その他

航空機の遅延や欠航、ロストバゲージなどの際に最大で4~10万円程度支払われることがあります。

保険適用期間

ほとんどのクレジットカードは保険の適用期間を旅行の出発から最長90日間(3か月間)と定めているため、世界一周などの3か月を超える長期旅行の際には、クレジットカードの保険だけでは賄うことができません。

しかし、利用付帯のカードを組み合わせることで、この期間を2倍の180日間(6か月間)にすることができます。

利用付帯の場合、付帯条件と保険の適用期間の定め方が2パターンあります。

  • 出発前利用パターン日本出国前に国内で旅行のための公共交通機関(飛行機、バス、電車、タクシーなど)の料金をカードで支払った場合
  • 出発後利用パターン日本出国後に海外で旅行のための公共交通機関(飛行機、バス、電車、タクシーなど)の料金をカードで支払った場合

多くの利用付帯のカードは出発前利用パターンのみ保険の適用対象としていて、出発後利用パターンを対象としているカードは多くありません。
しかし、出発後利用パターンを有効としているカードの場合、保険の適用期間がカードの利用日から90日間となります。

この出発後利用パターンを有効としているカードを、自動付帯または利用付帯出発前利用パターンのカードと組み合わせることで、180日間(6か月間)の間、保険を適用させることができます。

1枚目のカード(自動付帯または利用付帯出発前利用パターンのカード)で最初の90日間をカバーし、91日目に2枚目のカード(出発後利用パターンを有効としているカード)を利用して、その日からさらに90日間をカバーするということです。

複数の保険の補償額を合算することができる

複数のクレジットカードを持っている場合、それぞれの海外旅行保険の補償額を合算できることがあります。
以下にまとめました。

補償内容複数のカードの海外旅行保険が適用されている場合
傷害死亡・後遺障害上限が最も高い保険の補償額を限度額として、それぞれの保険で按分
傷害・疾病治療費それぞれの保険の補償額を合算した額を限度額として、それぞれの保険で按分
賠償責任それぞれの保険の補償額を合算した額を限度額として、それぞれの保険で按分
携行品損害それぞれの保険の補償額を合算した額を限度額として、それぞれの保険で按分
救援者費用それぞれの保険の補償額を合算した額を限度額として、それぞれの保険で按分

傷害死亡・後遺障害については、限度額が最も高い保険の補償額が適応されますが、それ以外は合算(上乗せ)することができます。
この観点からも、海外旅行には複数のカードを持って行くことをおすすめします。


わたしたちが選んだクレジットカード

わたしたちは今回、「世界一周(長期旅行)に持っていくクレジットカード」という視点で4枚のカードを選びました。
海外旅行保険の内容を最重要視して選んでいます。

4枚中3枚がゴールドカードです。
理由は、ゴールドカードは海外旅行保険の補償額が一般カードよりも高く設定されているからと、いずれのカードも年会費を安く抑えられるor初年度年会費無料だったからです。

それぞれ家族カードを発行して夫婦二人分の保険を適用することができます。

三井住友VISAプライムゴールドカード

年会費:5,000円+税

三井住友VISAプライムゴールドカードは、もともと持っていたということもありますが、改めて他のカードと比較してみても優れていると思いました。

ちなみにこのカードは20代限定のカードです。
30代以上用の、普通の三井住友VISAゴールドカードとの違いは、年会費が安いことくらいです。

その年会費ですが、初年度無料、2年目からは5000円です。
ただ、所定の条件を満たせば1500円まで下げることができます。
年会費1500円で保険の内容も良いので、20代の方にはおすすめです。

また、ゴールドカードの特典として、国内空港ラウンジを使うことができます。

そして意外と紹介されていないのが、インターネット上から繰り上げ返済の申し込みができることです。
繰り上げ返済とは、カードの利用金額の支払いを、引き落とし日よりも前に繰り上げて行うことです。

以下の内容に誤りがありました。
海外キャッシングの繰り上げ返済を行うには、電話での申込み、または国内ATMでの操作が必要です。(2016/10 確認)

繰り上げ返済をすると具体的には何が良いかと言うと、海外キャッシング機能を使った際の利息を低く抑えられるということです。

海外のATMでクレジットカードの海外キャッシングを利用して現地通貨を引き出した場合、通常は次の引き落とし日にキャッシング利用分+利息を支払います。

なので、よく「海外キャッシングをお得に使うなら引き落とし日直前にすると良い」と言われています。
引き落とし日までの日数が少なければ、利息も少なくなるからです。

しかし繰り上げ返済を利用すると、引き落とし日以外の好きなタイミングで好きな額を支払うことができます。
海外キャッシングを利用後、引き落とし日を待たずに繰り上げ返済をすれば、同じように利息を少なくすることができます。

ただ、繰り上げ返済の利用法はカード会社によって異なります。
よくあるのはカード会社に電話をかけて、繰り上げ返済の日にちと繰り上げ額を指定して申し込んでから、指定の日にちに指定の額を振り込む方法です。

振り込み自体はネットバンクからできるのですが、電話をするのがすごく面倒くさいです。
ましてや海外にいる場合は、余計面倒くさいですね。

三井住友VISAカードの場合はこの手続がネット上で行えます。
この点も、旅行に使うという観点から見て優れていると思います。
日本にいる場合は、コンビニのATMで繰り上げ返済が行えます。

海外旅行保険

傷害死亡・後遺障害最高5000万
傷害・疾病治療費300万
賠償責任5000万
携行品損害50万
救援者費用500万

▼こちらから申し込みできます



▼普通の三井住友VISAゴールドカードはこちらから


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費 : 29,000円+税

ちょうど初年度年会費無料のキャンペーンをやっていたため入会しました。

アメリカン・エキスプレスはトラベルサービスの充実度が高いことで有名です。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのトラベルサービスをいくつか挙げると、

  • 国内空港ラウンジが利用できる。
  • 年会費無料でプライオリティ・パスのスタンダード会員(海外の空港ラウンジが年に2回まで無料で利用できる)になれる。家族会員も無料。
  • 出発時に自宅~空港、帰国時に空港~自宅まで、荷物を無料で配送してもらうことができる。

などがあります。
(他にもありますが、詳しくは公式サイトを参照してください。)

世界一周やバックパッカーなどの節約旅行で活躍する機会は多くないかもしれませんが、海外旅行保険の補償額が高いので、初年度無料ならいいなと思いました。

また、海外旅行と関係ないんですが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの大きな特典として、「ゴールド・ダイニング by 招待日和」というものがあります。

これは、国内外約200店舗のレストランで、2名以上でコースを予約すると1名分が無料になるサービスです。
誕生日や記念日などで年に何回かはレストランに行く機会があるので、それだけでも年会費の元が取れそうです。

ちなみにアメリカン・エキスプレスのゴールドデスクに何回か電話したことがありますが、とても丁寧で感じのよい対応でした。

海外旅行保険

傷害死亡・後遺障害最高1億
傷害・疾病治療費300万
賠償責任4000万
携行品損害50万
救援者費用400万

▼こちらから申し込みできます

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

JCB GOLD EXTAGE

年会費:初年度年会費無料・次年度以降3,000円+税

もともとJCBゴールドカードを持っていたんですが、JCB GOLD EXTAGEという20代向けのカードがあったので、発行しなおしました。

JCB GOLD EXTAGEは通常のゴールドカードよりも年会費が安く、海外旅行保険(利用付帯)の補償額は比較的高めに設定されています。
国内空港ラウンジの利用も可能です。

このカードの一番の魅力は、旅行出発後の利用でも海外旅行保険が適用されることです。
上で紹介した、利用付帯の出発後利用パターンが有効ということです。

世界一周など、3か月以上の長期の旅行の際に重宝します。

海外旅行保険

傷害死亡・後遺障害最高5000万
傷害・疾病治療費200万
賠償責任3000万
携行品損害50万
救援者費用200万

▼こちらから申し込みできます

JCB GOLD EXTAGE

リクルートカード

年会費:永年無料

年会費無料で、海外旅行保険の利用付帯出発後利用パターン対応、補償額もなかなか良いです。
補償額の合算上乗せ用に持っておくと便利なカードです。

海外旅行保険

傷害死亡・後遺障害最高2000万
傷害・疾病治療費100万
賠償責任2000万
携行品損害20万
救援者費用100万

▼こちらから申し込みできます
最大6000円分ptプレゼント!【リクルートカード】

おまけ:マネパカード

クレジットカードではありませんが、世界一周や海外旅行に便利なカードを紹介しておきます。

マネパカードというプリペイドカードです。

プリペイドカードですが、ネットバンクなどであらかじめチャージしておけば、海外でキャッシュカードやデビットカードのように使うことができます。

以下、簡単な使用方法です。

①日本の銀行(ネットバンク可)からマネパカードに入金
②マネパカードのマイページからドルやユーロなどの外貨(5通貨から選べます)に両替
③海外のATMで現地通貨がおろせる、またはmastercardとしてお店で買い物ができる

マネパカードは登録料や月額の利用料などが一切かかりません。
なので、クレジットカードと合わせて、海外旅行時に持っていくことをおすすめします。

▼詳しくはこちらから


▼申込みはこちらから
マネーパートナーズに申し込む

さいごに

かなり長い記事になってしまいました。
世界一周や海外旅行のためのクレジットカードを検討している方の参考になれば幸いです。