【2016 中国⑪ 南寧】広いよ青秀山、深いよ老友粉

メイです。
現在はベトナムのサパにいます。
部屋の湿気がすごいです。丸1日干していた下着が全く乾きません。

2016 世界一周 中国
スポンサーリンク

 青秀山と中山路夜市と老友粉

2016/10/12

今日は、青秀山へ出かける。
青秀山は、南寧のトリップアドバイザーのランキングで1位だったという単純な理由で行ってみることにした。

青秀山への行き方↓

2016年10月、中国 南寧の青秀山へ行ったので、そこまでの行き方をまとめます。 青秀山に行ったときの日記↓青秀山の行...

優しさに謝謝

最寄りのバス停でバスを待ってるときに、細かいお金がないことに気づいた。
ここのバスは料金を払うとき、お釣りも出ないし、両替もしてくれない。

シュンがバス停でバスを待っていたおばあさんに、両替をしてくれないかと頼んだら、なんと1人分のバス賃の2元をいただいてしまった。
ありがたい・・・!

ところがもう一人分足りない。
バスが来てしまったのでとりあえず乗ったはいいものの、わたしたちが困り果てていると、自分の財布を持ってこっちを心配そうに見ているお姉さんがいる。
まさかと思って近づいてみると、両替できるよ、というようにお札を見せてくれた。
無事に10元札を両替してもらって、バス賃の2元を払うことができた。

ああ~みんな優しいなぁ~
謝謝~謝謝~

中国 南寧〈Nanning Travelling With Hostel〉 中国 南寧でわたしたちが泊まった安宿をご紹介します。 ...

青秀山散策開始!

よくわかんないけど、とにかく広そう・・・!

m20161013-13

ほとんどの観光客はさっそくこのバスで移動して、どこかに向かっていた。
わたしたちはひたすら歩く。

m20161013-15

▼胸にSJ4000(GoProみたいなもの)を装着。
m20161013-17

▼SJ4000に景色を見せてあげるシュン。
m20161013-18

歩いて歩いてついに頂上っぽいところに到着。
ここで南寧の街が見渡せた。

m20161013-19

そして観音禅寺に到着。
広西チワン族自治区の最大の仏教僧院だそうで、観光客はみんなここを目指してくるよう。
道中では見なかったたくさんの人が、バスで登って来ていた。

m20161013-20 m20161013-21 m20161013-22 m20161013-23 m20161013-24 m20161013-25 m20161013-26 m20161013-27

シュンは、仏陀的な像が5体あるところ(撮影禁止)で流れていた音楽が壮大で、久々にシビれたらしい。

m20161013-31

とても立派な観音禅寺を堪能したあとは、また歩いて下る。
下りはバスではなく、歩く人もちらほら。

m20161013-36

▼急な階段注意
m20161013-37

▼近づいてくる恐竜にも注意
m20161013-39
m20161013-38
(よーくみると別に近づいてはいない)

▼タイ国園
m20161013-40

▼中国-アセアン友誼園。ここに桜が咲いたらきれいだろうなぁと思ってしまう日本人
m20161013-41

▼爆音が流れているけど、人っ子一人遊んじゃいない
m20161013-42

▼おじおばの写真撮影が盛ん
m20161013-43

▼とてもきれい
m20161013-45

▼趣がある
m20161013-46

▼よくカエルが持ってる傘
m20161013-48

▼ここの前の池には、
m20161013-49

▼金魚がいっぱい
m20161013-52

▼あれ
m20161013-50

▼さすがに多すぎ問題
m20161013-51

▼めちゃくちゃ広い敷地を1人で草むしりする彼女に拍手
m20161013-53

前情報が少ない中での青秀山、行ってみたらすごくすごく広かった。
お昼ごはんも食べずに13時から17時くらいまで歩き続けたので、なかなか疲れた~。

2016年10月、中国 南寧の青秀山へ行ったので、そこまでの行き方をまとめます。 青秀山に行ったときの日記↓青秀山の行...

中山路夜市

帰りはそのまま中山路夜市へ。
でも、18時前はまだ盛り上がる前だった模様。

m20161013-54

近くの道に、野菜や肉の市場があった。

m20161013-61m20161013-59

シュンはここでくるみを購入。
15個くらいで10元。意外に高くて焦った。
時間が経つにつれ、徐々に夜市の準備が始まってきた。

m20161013-60

▼千と千尋みたい
m20161013-64

▼誰かどっちが上だか教えてあげてください
m20161013-65

で、叉焼粉(あまから醤油でおいしい!)を食べて一回帰宅。

m20161013-62

▼ここはベトナム?!
m20161013-66

中山路夜市アゲイン

もう少し夜になってから、中山路夜市アゲイン。
中国にもこんなところがあったのか~

m20161013-71
m20161013-68

こちらは巻筒粉(8元)。
中身は選べて、ひき肉×コーン、ひき肉×インゲンを選んだ。
ちゅるちゅるでおいしい。

m20161013-69

▼生地を伸ばして蒸し、具を入れてくるくると包む。
m20161013-74

▼バケツに入ったタレはご自由に~
m20161013-75

そして、「夏記老友」という店の老友粉(7元)が抜群においしい。
おととい、昨日と食べに行った解放螺絲粉というお店の麺と似ているけど、こっちのほうがおいしい!

m20161013-73 m20161013-72 m20161013-76

辛くて、酸っぱくて、香ばしい。
少し発酵っぽい臭さはあるけど、それが程よい。
よく見ると、この辺でよく見られるという、たけのこの漬物(酸筍)が入っていた。

厨房をみるとかなり強火で調理していた。
これば香ばしさの理由?
酸っぱさがちょうどよくて、ビールが進みそう。

シュンがかなり気に入った夏記老友の老友粉。
南寧の料理はまだまだ深くて面白い。