【イラン-アルメニア国境】タブリーズからゴリスへの行き方とアルメニアのアライバルビザ

2017年8月に、イランのタブリーズから国境(ノルドゥーズ/アガラック)を越えてアルメニアのゴリスまで行ったときの情報です。

タブリーズから国境まではタクシーで行き、国境からゴリスへはタクシーとヒッチハイクで行きました。

ちなみにタブリーズからアルメニアの首都エレバンへ直接行くバスもあります。
50ドルだったと思います。

2017年7月にイランの観光ビザを東京で申請・取得した情報です。簡単に取得できました。
スポンサーリンク

イランのタブリーズからアルメニアのゴリスへ行く方法

経費と所要時間

タブリーズから国境(ノルドゥーズ/Norduz)へのタクシー:2人で800000リアル(約2340円)、3時間
アルメニアのアライバルビザ:3000ドラム(約670円)
国境(アガラック/Agarak)からメグリへのタクシー:2人で2000ドラム(約450円)、15分
メグリからゴリス:ヒッチハイク、トラックで山道約8時間(乗用車はもっと早い)

タブリーズから国境(ノルドゥーズ/Norduz)

タブリーズのバスターミナルから国境(ノルドゥーズ/Norduz)まではタクシーで行きました。

一般的なルートとしては、タブリーズにあるアゼルバイジャンスクエアという場所からジョルファー行きのシェアタクシーに乗り、ジョルファーでノルドゥーズ行きのシェアタクシーに乗り換えて行くようです。

最初はこの方法で行こうと思ったんですが、タブリーズのバスターミナルから直接ノルドゥーズに行くほうが早く、値段もあまり変わらないようだったので直接行きました。

(前日の夜行バスでラシュトからタブリーズに来たので、朝バスターミナルにいた。)

そもそも自力でイラン-アルメニア国境を越える場合の交通機関について、日本語の情報は少なく、英語で検索してもあまり情報はなかったです。

タブリーズ~ジョルファーもジョルファー~ノルドゥーズもそれぞれ二人で10ドルか15ドル程度が相場のようです。

それプラス、バスターミナルからアゼルバイジャンスクエアまでの交通費。

僕たちは最初、タクシードライバーのおっちゃんと交渉して、4人集めたら現在地(タブリーズのバスターミナル)からノルドゥーズまで2人で600000リアル(約15.8ドル)で行けることになりました。

ただ、その後30分くらいおっちゃんが国境まで相乗りする人を探してくれたんですが、誰もいなかったため2人で800000リアル(約21ドル)になりました。

この値段でも、ジョルファーで乗り継いでいくよりもちょっとだけ安いはず。
ネットで調べたらみんな乗り継いで行っていましたが、とりあえずノルドゥーズまで直接行くといくらになるか、交渉したらいいと思います。

朝の9:00にタブリーズのバスターミナルを出発して、国境に着いたのは12:00頃です。

国境

イラン出国

イラン側のイミグレ近くに両替屋がいくつかあります。
ここで替えたほうがいいと思います。

▼イミグレはこのPASSENGERS HALLです。

イミグレでは特に何もなく簡単に出国完了。

橋を渡ってアルメニア側へ。
この橋を渡るカート(有料)があるんですが、乗るまでもない距離です。

▼国境の川

アルメニア入国とアライバルビザ

アルメニア入国の前に、まずはアライバルビザの取得です。

ビザ用の窓口で申請します。
審査などなくすぐに発行してもらえました。
21日間のビザで3000ドラムです。

2017年9月6日からアルメニアのビザ料金が無料になったようです。

続いて入国。
入国審査はやたらと時間がかかりました。

バスではなく個人で入国したのでイミグレはほぼ並んでいなかったんですが、パスポートチェックを2人で10分くらいされました。

ビザは今目の前で作ったやつのはずなのに、こんなにチェックする必要ある?

国境(アガラック/Agarak)からメグリ

イミグレを出るとタクシー以外はなにもないです。

ヒッチハイクする予定でしたがあまりにも車がいなかったので、一番近くの町メグリまではタクシーに乗りました。

交渉して2000ドラム(約450円)。
高いです。

15分くらいでメグリに到着。
小さな町です。

メグリからゴリス

メグリでタクシーを降りた場所からはヒッチハイクをしました。

いきなりゴリスは難しいかなと思って、メグリとゴリスの間にある町カパンの文字をノートに書いて開始。
1分くらいで大型トラックが停まって、乗せてもらうことができました。

しかもこのトラックはエレバンまで行くらしく、その途中のゴリスまで乗せてもらえるとのこと!

しかも運転手の方の家がカパンにあり、そこに寄って一緒に食事まで頂きました。

ただ、メグリからゴリスまでの道は険しい山道で、大きなトラックはスピードを出せずかなり時間がかかりました。

ゴリスに着いたのは21:30頃。
タブリーズのバスターミナル出発から12時間半かかりました。

トラックの速度がかなり遅かったのと途中で食事を頂いたりしたのでこんなにかかりましたが、乗用車ならもっと早いと思います。

さいごに

イラン-アルメニア国境は「公共交通機関がない」と聞いていたし、調べてもテヘランかタブリーズからエレバンへの直通バスの情報ばかりだったので、情報収集がすこし難しかったです。

(自力で行きたい場合でも、お金を気にしなければタクシーでサクッと行くことはできます。)

また、アルメニアでのヒッチハイクはそんなに難しくはないと思います。
この後も何回かやりましたが、多くの人が反応(乗せれないときも無視しないで合図を送ってくれたり)してくれて、やりやすかったです。

2017年5月に、インドのアムリトサルからワガ国境を越えて、パキスタンのラホールまで行ったときの情報です。
わたしたちが海外のATMでお金をおろすときに使っている、マネパカードについて紹介します。