【2017 ミャンマー⑬ ピンウーリン~マンダレー】快適宿でゆっくりできそう

【旅のルート】

東京→香港→中国→ベトナム→中国②→ラオス→タイ→ラオス②→タイ②→ミャンマー→タイ③→インド→バングラデシュ→インド②→ネパール→インド③→パキスタン→中国③→東京→タイ④→マレーシア→イラン→アルメニア→ジョージア→トルコ

メイです。

リアルタイムは、トルコの世界遺産の街サフランボルというところにいます。
明日はイスタンブールまで、またヒッチハイクで行く予定。

2017 世界一周 ミャンマー
スポンサーリンク

ピンウーリンに別れを告げ、マンダレーへ

2017/2/4 ピンウーリン(メイミョー)→マンダレー

一昨日お世話になったミョーカイさんと会うかも?という話になっていたんだけど、連絡が来なかったので今日マンダレーに向かうことにした。

朝食を食べて、神木隆之介くんそっくりの女性スタッフに挨拶をしてチェックアウト。
神木くん、最後までクールだぜ。

昼ごはんはおじちゃんの店

昼ごはんはあのおじちゃんのお店へ。
顔を出すと歓迎してくれた。

スイートチキンと、レバー?かな
うまいねー。

惣菜系がうますぎる~
イナフって言わないと永遠におかわりが出てくる仕組み。
一人前がけっこう多くて、これ絶対1人じゃ食べきれないよなって思った。

最後におっちゃんが、いちごプレゼントしてくれた!
すごく甘くておいしかった~
ここのおっちゃん、本当に親切。ありがとう。

▼後ろにいるのがこの店のおっちゃん。

マンダレー行きの乗り合い

マンダレー行きの乗り合いトラックを探す。
が、なかなか見つからない。

探している途中でセントラルマーケットのトイレに行ったんだけど、お金はかかったけど綺麗で、ミャンマー人にますます好感を持った。
トイレって、国民性がよく表れる場所だと思うから。

いろんな人に聞いたところ、「サークル」に行け、と言うことだった。
さらに人に聞きながら歩くと、マンダレー・ラショー通り沿いにサークルっぽいところが。

サークルのところに近づくとすぐにおじさんに、「マンダレー?」と聞かれ、ついていくとすでにたくさんの乗客でパンパン。

値段を聞くと、一人1500チャット。
行きより安い!

▼ギュウギュウもギュウギュウ

人がこれ以上乗れないってくらい集まったら出発という感じ。
この1台以外、近くに乗り合いトラックは停まっていなかったので、次は何時になるのかはわからない。

13時20分出発。
老若男女であふれる乗客。

子供は鼻くそをほじって食べている。万国共通だな。

最後にギリギリで入ってきた欧米人のおっちゃんは、全く人の話を聞かない人で、自分の言いたいことばかり言う。
それも、万国共通。

出発して30分ほど経つと、半分くらいが降り、過ごしやすくなった。

山の斜面を行ったり来たりしながら下っていくような道。
2時間で着くはずなのに、途中休憩があった。

▼バナチ、気になっていたので買ってみたけど、味がなくてあまりおいしくない。

マンダレー到着

15時半、マンダレー到着。
やっぱりけっこう都会。

▼1800チャットショップ、「おもと」

20分ほど歩いて宿へ向かう。

この宿は、いい!

バックパック2つ置くところもあるし、Wi-Fi、クーラー、扇風機、コップ、バスタオル、鏡あり。
そしてなんと冷蔵庫あり。中に水入ってるし。

たった2時間でも移動ってもんは疲れる。ってことでちょっと昼寝。

ナイトマーケットへ

外はもう暗く、明かりもそんなにない。

夜はナイトマーケット?と呼べるのかわかんないけど、宿の人に聞いた近くのナイトマーケットへ。
人は多くはなく、規模もそこまで大きくない。

出店は本屋、靴屋、服屋、古着屋、など。
食べ物のバリエーションはそんなにない。

▼バイクがビュンビュン通るので危ない

▼古本屋

食べたのはやっぱりシャンヌードル。
ここのは漬物は甘くて食べやすい。

それとホルモン串炊き。
いくつか同じ屋台があったけど、ゆで卵があったからここにした。

全部1本100チャット(約8円)。
19本食べて、2人で1900チャット。
ミャンマーにしては高い、食べすぎたな笑
たくさん食べたからか、特別に2つ刺してくれたりした。

スーパー屋台

帰りに見つけた、クオリティのものすごい高い屋台。
「スーパー屋台」と名付けよう。

屋台なのに店員がおそろいのポロシャツ着て、すごくちゃんとしてる人気店。
席多く、メニュー表もちゃんとあって、値段はちょっとお高め。
出店料とかかからなそうだろうから、儲かるだろうな。

ここでエッグチャパティーと、ラペイエを注文。
夕食後のデザート的な感覚で頼んだんだけど、豆のカレーみたいなのと、酸っぱいサラダも付いてきて、満腹。

部屋に戻って、シャワーを浴びたら、すごい勢いで熱いお湯が出た。
素晴らしい!

これを「シャワー」言うんだよ、って、シャワーヘッドから3本しかお湯が出てこないピンウーリンのゴールデンドリームホテルに言ってあげたい。
温泉に入ったみたいで最高だった。

この快適すぎる宿で、咳を完治させるぞ!
薬のんで、はちみつ舐めて、うがい薬でうがいして、マスクして寝た。