ヨーロッパ周遊旅行におすすめのアプリ・サービス・サイト17選【世界一周】

ヨーロッパはアジアに比べて「旅文化」が進んでいて、色々と便利なサービスやアプリが多く出ています。

今回はヨーロッパを旅するのにおすすめの、便利なサイト・サービス・アプリを紹介します。

Booking.comやSkyscannerなどの定番からすこし珍しいものまで選んでみたので、使ったことのないサービスがあったら是非使ってみて下さい!

バス・交通機関・移動手段

1.GoEuro

GoEuroはヨーロッパの鉄道、バス、飛行機の検索サイトです。

各国の国鉄(ドイツのDBやフランスのSNCF、オーストリアのOBBなど)をはじめ、FlixBusやEurolinesなどの格安バス会社、easyJetなどの格安航空会社(LCC)などを一括検索し、表示することができます。

都市間移動のバス、鉄道を料金や時間で比較したいときに便利です。
ヨーロッパ内の移動手段を調べたいときにはまずGoeuroで検索するのがおすすめです。

Android、iPhoneのアプリも提供されていて、使いやすいです。

また、GoEuroでは一括検索はできますが、チケットの購入は各会社の公式サイトに移動して買うことになります。

GoEuro: trains, buses, flights

GoEuro: trains, buses, flights
開発元:GoEuro
無料
posted with アプリーチ

2.BalkanViator

BalkanViatorはGoEuroのバルカン半島バージョンのようなサイトです。

バルカン半島諸国(ブルガリア、セルビア、モンテネグロ、コソボ、マケドニア、アルバニアなど)のバスはGoEuroでは見つけにくいので、BalkanViatorで検索した方がいいです。

BalkanViatorもサイト上でチケットを買うことはできません。
各社のサイトに飛ぶか、各都市のバスターミナルで直接買うことになります。

私はブラウザ版しか使ったことがないんですが、Android、iPhoneのアプリも提供されているようです。

BalkanViator

BalkanViator
開発元:Balkan Viator
無料
posted with アプリーチ

3.FlixBus(フリックスバス)

FlixBusはドイツ発の格安バス会社です。
FlixBus自体はただのバス会社なのでGoEuroの検索でも出てくるんですが、わざわざここに挙げたのは他のバス会社よりも使い勝手が良いと思ったからです。

FlixBusの最大の特徴は圧倒的な路線の多さです。
公式サイトによると26か国1200か所も行き先があるらしいです。

Choose from over 1.200 travel destinations in 26 countries and discover Europe with FlixBus.

提携会社との共同運航便もありますが、それらも全てFlixBusのサイトでチケットを買うことができます。

公式のRouteMapは見てるだけでも楽しいです。
これを見ながら行き先やルートを考えるのもアリだと思います。

また、私たちがFlixBusをおすすめする理由は「バウチャー」を使って5ユーロ引きでチケットを買えたり、「InterFlix」という買い方でどんな路線でも20ユーロで乗れたりするからです。

FlixBusの路線には1,2時間で着く近距離のものから24時間を越えるような長距離路線もあるので、上手く使えばかなり安くヨーロッパを回ることができます。

FlixBus - Bus Travel in Europe

FlixBus – Bus Travel in Europe
無料
posted with アプリーチ

4.Rentalcars.com

Rentalcars.comはレンタカー検索サイトで、Booking.comやAgoda、Pricelineと同じPricelineグループが運営しています。

ヨーロッパのレンタカーは日本より安いことも多く、グループで複数都市を周遊する場合は鉄道やバスより安くなる場合もあります。
特に3,4日以上のレンタルはかなりお得です。

ヨーロッパでは車での国境越えもスムーズですし、車でしか行けない(行きにくい)ところにも行きやすくなるので、運転できる人にはおすすめです。
車があるだけで行動範囲や自由度がグッと増します。

また、Rentalcars.comは日本語での問い合わせに対応しているので、英語が分からない人でも安心して利用できます。
以前Rentalcars.comを経由して利用したレンタカーの請求額について問い合わせたことがありますが、とても親切な対応でした。

Rentalcars.comのサポートは本当に素晴らしかったです。

日本語での予約、サポートにこだわらないのなら裏技的な使い方もできます。
検索をして出てきたレンタカー会社の公式サイトに行って直接予約すると、大体の場合Rentalcars.comでの表示料金よりも安い料金でレンタルすることができます。

Rentalcars.com - レンタカーアプリ

Rentalcars.com – レンタカーアプリ
無料
posted with アプリーチ

5.GlobalPetrolPrices.com

GlobalPetrolPrices.comは世界のガソリン1Lあたりの料金を調べることができるサイトです。

レンタカーでヨーロッパを周遊する場合、国によってガソリン代が違うのでこのサイトで確認して安い国で給油すると良いです。

6.BlaBlaCar

BlaBlaCarはライドシェアリング(相乗り)サービスです。

サイト上で出発地と目的地を入力して検索すると、車で出かける人(ドライバー)が空いている座席数と料金、出発時間を提示して同乗者を募集しているのを見ることができます。

自分の予定や予算とマッチするドライバーがいたらリクエストを送り、承認されたら指定の時間に待ち合わせ場所に行き、乗車することができます。

あまりにも直前のリクエストだと承認されない場合があるので、日程に余裕を持って予約することをおすすめします。

また、支払いはBlaBlaCarを通してクレジットカードまたはPayPalで行われるので、現地での現金のやり取りはありません。

BlaBlaCarは中距離の都市間移動時に使いやすいと思います。
GoEuroの検索結果画面でも表示されます。

7.Uber

Uberは知っている人も多いと思いますが、タクシー配車サービスです。

海外旅行ではタクシーのボッタクリ被害に合う人がよくいるので、UberやGrabTaxi、Lyftなどの配車サービスはとても便利だと思います。

個人的にはタクシーはほとんど使わないんですが、先日病院に行くときに使ってみたらやっぱり便利でした。

適正料金なのももちろん嬉しいんですが、アプリで目の前にすぐにタクシーを呼べる、そしてUber経由でカード決済というのがすごく良いと思いました。

Uberには紹介特典があります。
こちらのリンクから登録(またはプロモーションコード:1piunkを入力)すると、初回利用時に5ユーロ割引になります。
(これは私の紹介リンクなので、嫌な人は友人同士でやってみて下さい)

Uber

Uber
無料
posted with アプリーチ

8.HitchWiki

HitchWikiはヒッチハイク情報サイトです。

最近はBlaBlaCarなどが主流のようですが、地域によってはヒッチハイクをしている人もいます。

HitchWikiでは都市ごとに情報がまとまっていて、方面別のヒッチハイクに適した場所、その場所までの行き方、スケッチブックへの行き先の書き方(英語か現地語か、または略称か)などかなり参考になります。

ヨーロッパでヒッチハイクをする場合は必ず読んだほうが良いと思います。

航空券

9.SkyScanner(スカイスキャナー)

SkyScannerは定番の航空券検索サイトです。

ヨーロッパは格安航空会社(LCC)が多く、場合によっては鉄道やバスより安いです。

SkyScannerは日本語で利用できますが、海外発着の便を探す場合は「国」を「日本」から「発着の国」(例えばイタリアなら「国」を「イタリア」)に変更すると、より安い航空券が出てくることがあります。

これは日本向け(日本語向け?)の検索結果には出てこない予約サイトが、「国」を変えると出てくるからです(同じ予約サイトでも言語が変わると料金が変わるときがある)。
そのため、その予約サイトは日本語や英語に対応していないことがありますので注意が必要です。

Skyscanner格安航空券検索

Skyscanner格安航空券検索
開発元:Skyscanner
無料
posted with アプリーチ

10.momondo

momondoはデンマーク発の航空券検索サイトです。

完全に個人的な感覚なのですが、skyscannerよりmomondoの方がヨーロッパに強い気がします。

サイトやアプリのデザイン、色使いもヨーロッパっぽいです。

momondoにはFlight Insightという機能があります。
Flight Insightでは、検索した路線について年間の価格推移や出発60日前からの価格推移などの情報を見ることができます。

これらの情報を航空券購入の判断材料にすると良いです。

Cheap Flights & Hotels momondo

Cheap Flights & Hotels momondo
開発元:Momondo
無料
posted with アプリーチ

11.SecretFlying

SecretFlyingは激安の航空券情報を掲載しているサイトです。
僕も旅仲間に教えてもらったのですが、本当に安い航空券が見つかります。

「ミラノ~東京往復、11/10-11/20、350ユーロ」のような感じで情報が掲載されています。

掲載サイトに飛んでみると既に売り切れていることも多いので、頻繁にチェックしてみて下さい。

ホテル・安宿・宿泊

12.Booking.com

言わずと知れた定番のホテル検索サービスです。

Booking.comには利用者同士でも新規登録者でも使える友達紹介特典があり、紹介リンクを送った人と予約した人の双方が2000円もらえます。

紹介特典は10回まで利用できるので、上手く利用すればヨーロッパでも安く滞在できます。

13.HostelWorld

HostelWorldはアイルランドに本拠を構えるホステル予約サイトです。

ヨーロッパの安宿に強く、Booking.comには掲載していない安い宿が見つかることもあります。

私たちはヨーロッパで宿を探すときはBooking.comとHostelWorldを使っています。

14.Airbnb

AirBnbは民泊サービスです。
AirBnbで現地の人の家に泊まればホテルや安宿とはちょっと違う宿泊体験ができます。

ヨーロッパの安宿はドミトリーが多いですが、Airbnbではドミトリー+数百円くらいで個室に泊まれることが多いです。

なのでAirbnbは、Booking.comやHostelWorldのように最安の宿を探すというよりは、手頃な料金で個室に泊まりたい、現地の人の家に泊まりたい、家を丸ごと借りきりたい、というニーズに合っていると思います。

Airbnbには紹介制度があります。
こちらのリンクから登録すると、初回の利用時に約3700円割引になります。
(これは私の紹介リンクなので、嫌な人は友人同士でやってみて下さい)

Airbnb (エアビーアンドビー)世界の空部屋シェアサイト

Airbnb (エアビーアンドビー)世界の空部屋シェアサイト
開発元:Airbnb, Inc.
無料
posted with アプリーチ

15.Sleeping in Airports

Sleeping in Airportsは世界の「空港で寝るための情報」を掲載しているサイトです。

各空港のベンチの寝やすさやwifi、電源、トイレ、シャワー、コインロッカーの有無などを確認できます。
また、寝場所のアドバイスやレビューもあって充実しています。

飛行機が深夜・早朝便だったり、乗り継ぎ時間が長かったり、宿代を浮かせたかったりで空港で寝たい場合に便利です。

決済・国際送金

16.PayPal

PayPal(ペイパル)はオンライン決済サービスです。

旅をしていると、この記事にも書いたように色々なサイトで情報収集をしたり、海外の見知らぬサイトでチケットを買ったりする場面があります。

PayPalを利用すれば、決済の度にカード情報や請求先住所を入力する手間が省けます。
また、カード情報を支払先に伝えずに済むのでセキュリティ面のメリットもあります。

あと稀に日本のクレジットカードが使えないサイトがあるんですが、そのときもPayPalに対応していたので無事に支払いができました。

この記事に書いた中では、FlixBus、BlaBlaCar、Uber、AirbnbがPaypal決済に対応しています。

登録・利用は無料なので登録しておくことをおすすめします。

17.Transfer Wise

Transfer Wiseは国際送金サービスです。

日本の銀行から海外の銀行に送金をする場合、高額な手数料がかかり、振込時間も長くなりますが、Transfer Wiseを使えば少額の手数料を払うだけで簡単に海外送金をすることができます。

もちろん日本と海外の自分の口座間の送金も可能です。

旅ではあまり使う場面はないかもしれませんが、私たちはドイツのスピード違反の罰金支払いに使いました。

さいごに

今回挙げた中にはヨーロッパ以外でも使えるものが多いですが、私たち自身はヨーロッパでよく使っているものを選んで紹介しました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ