フリックスバスの全路線に20ユーロで乗れるInterFlix。ヨーロッパをバスで安く周遊したい人におすすめ

ヨーロッパの格安バス会社といえば、FlixBus(フリックスバス)が有名です。
路線が豊富で値段も安いので、使ったことのある人も多いと思います。

フリックスバスには「InterFlix」という買い方があり、これを使えばフリックスバスの全路線に一律20ユーロで乗ることができます。

今回はInterFlixの買い方と使い方を紹介します。

ヨーロッパでは、格安バス会社・格安航空会社(LCC)・各国鉄道会社をうまく組み合わせれば、驚くほど安く旅をすることができます。今回はヨーロッパの格安バス会社を一挙ご紹介します。

FlixBus(フリックスバス)とは

FlixBus(フリックスバス)はドイツで生まれたヨーロッパ最大規模の格安バス会社です。
26か国1400都市以上をカバーしています。

ルートマップはこちら

公式サイトやAndroid、iPhoneのアプリでチケットを購入することができ、バスには基本的にはWifi、トイレ、電源などの設備が備わっています。

安いからといって、サービスが悪かったりバスが汚いということはありません。

InterFlixとは

・値段:99ユーロ
・フリックスバスの全路線に使える5つのバウチャーコード
・利用期限:購入から3か月(90日)

InterFlixはフリックスバスのチケットの買い方で、イメージとしてはJRの「青春18きっぷ」みたいなものです。

InterFlixを買うと、フリックスバスのチケット購入に使える5つのバウチャーコード(voucher code)が送られてきます。

バウチャーコードは直行バスであれば全路線に使えます。

値段は99ユーロ。1つのバウチャーコードで1区間のチケットを買うことができるので、1区間あたり約20ユーロです。

例えば、ベルリン~パリはたくさんのバスがありますが、直行だと69.9ユーロのバスがあるのでこれを買うことができます。
他のバスは乗り継ぎがあるので1つのコードでは買えません。

ベルリン~パリの例を出しましたが、20ユーロ以上する路線はたくさんあるので使い所は多いと思います。(20ユーロ以下の路線でも使うことはできます。)

InterFlixの買い方

InterFlixはフリックスバスの公式サイト内の、InterFlixのページで購入できます。
購入数を選び、「In the cart」をクリックします。

次の画面で名前、メールアドレスを入力します。

支払い方法はPaypal(クレジットカード)です。
内容を確認して「Buy」をクリックしてください。

バスチケットの買い方(バウチャーコードの使い方)

Paypalでの決済が完了すると5つのバウチャーコードが記載されたメールが送られてくるので、バウチャーコードを使ってチケットを買います。

InterFlixのバウチャーコードはバスに乗るのに使うのではなく、チケットの購入に使います。
バウチャーコードは有効化されるのに最大48時間かかります。
すぐには使えないので注意して下さい。

バウチャーコードはカート画面で入力します。
まずは出発地と目的地を入力して検索してください。

ここではパリ→ミュンヘンを例に説明します。

検索結果画面の「Duration, Transfers」という項目を見て、「Direct」と表示されているバスが直行バスです。

InterFlixのバウチャーは直行バスにのみ使えます。

バスを選んだら「Reserve 1 Seat」をクリックします。

「Shopping Cart」内にある「Redeem voucher」欄にInterFlixのバウチャーコードを入力し、Redeemをクリックします。

値段のところが0ユーロになるので確認します。

▼ここだけスマホアプリの画面です。

あとは通常のチケット購入と同じように進めていくだけです。

注意点

1区間に1度しか使えない

InterFlixのバウチャーコードは1区間に1度しか使えません。
パリ~ベルリン、ベルリン~パリなどの往復は同一区間とみなされるので、往路か復路のどちらかにしか使うことはできません。

他の都市を経由して例えばパリ~ベルリン、ベルリン~ライプツィヒ、ライプツィヒ~パリなどにすればOKです。

ベルリン~ライプツィヒのように短距離の路線ではInterFlixのコードは使わず普通にチケットを買ったほうが良いと思います。

20ユーロ以上の区間はInterFlix、20ユーロ以下の区間は5ユーロバウチャーでチケットを買うのがおすすめです。

ヨーロッパの格安バスFLIXBUSのチケットを、5ユーロバウチャーを使って誰でも安く買う方法を紹介します。

乗り継ぎにはコードが2つ必要

フリックスバスでは、乗り継ぎが必要な路線があります。
例えば、さきほどのパリ~ミュンヘン。

画面に出ている5本のうち4本は乗り継ぎが必要なため、1つのコードで買うことはできません。

同じ区間でも、曜日によって乗り継ぎしかなかったり直行バスがあったり時間が違ったりします。
日程が決まっていない場合は、前後の数日も合わせてチェックすることをおすすめします。

バラ売りはない

InterFlixは99ユーロでコード5つのセットです。
「青春18きっぷ」のように金券ショップやオークションでバラ売りされていることはありません。

他人に売ったり譲ったりすることもできません。

公式サイトにも

It’s your trip – your tickets (not transferable).

出典元:Bus tour Europe: 5 bus trips for only € 99.00 | InterFlix

と書いてあります。

ただし、チケットは「InterFlixを購入したときの名前」と違う名前でも購入できます。
そのため、同一区間でなければ実質複数人で使いまわすこともできてしまいます。

InterFlixのコードを複数人で使う場合は自己責任でお願いします。

購入から有効化(アクティベート)まで最大48時間かかる

購入後すぐにメールでコードは送られてくるんですが、すぐに使うことはできません。

有効化されても特に連絡は来ないので、何度かコードを入力して適用できるか試してみるのが良いです。

48時間以上経っても使えない場合は、Contact usのフォームで問い合わせると有効化してくれます。

48時間待てないときも、問い合わせたら対応してくれるかもしれません。

その他

公式サイトに注意書きがあるので確認して下さい。

さいごに

ヨーロッパの5回のバス移動で99ユーロはかなり安いと思います。
特に、バス代が高い長距離の路線で使えばすぐに元が取れます。

格安航空会社(LCC)は航空券自体は安いですが、受託手荷物の料金や空港まで行く交通費も含めると、ほとんどの場合はInterFlixの1回分(約20ユーロ)の方が安いと思います。

時間に余裕があってルートも自由な人には絶対におすすめです。

以前紹介したサブバッグを今回の長期旅行中(世界一周中)にかえたので、その理由と新しいサブバッグについてご紹介します。
タウンライフ旅さがしで旅行プラン一括提案依頼
タウンライフ旅探しでは、無料で複数のヨーロッパ専門旅行会社へ、一括で旅行プラン提案と見積りの依頼をすることができます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Comments

  1. りぃ より:

    7月に5人でオーストリア→ベネチアへこのバスを利用予定です。

    チケットは「InterFlixを購入したときの名前」と違う名前でも購入できます。
    そのため、同一区間でなければ実質複数人で使いまわすこともできてしまいます。

    とあるので、5人がそれぞれ予約1でとって、それぞれ違うコードの入力では購入できないでしょうか?
    同一区間でなければ・・とあるので、
    同一の場合、その予約はすでにある等と出るのでしょうか。

    ご教授ください。

    • unusual より:

      はじめまして、コメントありがとうございます!

      公式サイトの規約を見た感じだと、ダメだと思います。やったことは無いのでできるのかもしれませんが…