ヨーロッパの格安バス会社15選(2017年12月版)

ヨーロッパを安く周遊旅行するのに、格安バスは外せません。

格安バス会社、格安航空会社(LCC)、各国鉄道会社をうまく組み合わせれば、驚くほど安くヨーロッパを旅することができます。

今回はヨーロッパの格安バス会社を一挙ご紹介します。

が、ヨーロッパのバスの検索は、まずはGoEuroですることをおすすめします。

1.Flixbus

Flixbus(フリックスバス)はドイツ、イタリア、フランスを中心に、ヨーロッパの広い範囲にバス網を展開しています。

26か国、1400都市以上の行き先があり、その路線の多さと安さ、アプリの便利さが魅力です。

InterFlixを使えば、99ユーロで5都市を訪れることができるので、ヨーロッパ周遊旅行にはぴったりです。

ヨーロッパの格安バス会社といえば、FlixBus(フリックスバス)が有名です。 路線が豊富で値段も安いので、使ったことのある人も多いと思い...
ヨーロッパの格安バスFLIXBUSのチケットを、5ユーロバウチャーを使って誰でも安く買う方法を紹介します。

主に利用できる国:ドイツ、イタリア、フランス、オーストリア、他ヨーロッパ全域

FlixBus

2.Eurolines

Eurolines(ユーロラインズ)は1985年から続く、ヨーロッパ最大級の路線網を持つバス会社です。

北はノルウェー、東はロシア、南はモロッコ、西はポルトガルまで、36か国もの行き先があり、フリックスバスよりも安い路線もあります。

主に利用できる国:フランス、ヨーロッパ全域

Eurolines

3.LEO Express

LEO Express(レオ エキスプレス)はチェコを拠点とする交通会社です。
最大の特徴は、バスだけでなく鉄道の路線も持っていることです。

LEO Expressはチェコのプラハ~スロバキアのコシツェの鉄道路線を持っています。

そしてバスと鉄道の乗り換えがスムーズになるようにダイヤが組まれていて、LEO Express同士の乗り換えはほとんど待たずにできるのでとても便利です。

LEO Expressの他の特徴としては、高級感のある車体と車内サービスがあります。
バスも鉄道もWifiは無料です。
車内には軽食やコーヒー、紅茶などのメニューがあり、別料金で注文することができます。

追加料金を払えばビジネスクラス・プレミアムクラスという座席もあります。

以前、ドイツのミュンヘン~ウクライナのリヴィウまでLEO Expressを使ったことがありますが、ミュンヘン~プラハはバス、プラハ~ボフミンは鉄道、ボフミン~リヴィウはバスと2度の乗り換えがありました。

いずれの乗り換えも、鉄道駅の目の前にバスが停車するので分かりやすかったです。

主に利用できる国:チェコ、スロバキア、ドイツなど

LEO Express

4.PolskiBus

PolskiBus(ポルスキーバス)はポーランドのバス会社です。
ポーランドを中心にドイツ、チェコ、ウクライナなどでも利用することができます。

PolskiBusの魅力は何と言っても安さです。

ワルシャワ~クラクフが18ズロチ(約580円)、ワルシャワ~ブダペストが49ズロチ(約1580円)などです。

車内にはフリーWifi、電源プラグが備えられていると謳われていますが、使えないこともあります。

主に利用できる国:ポーランド

PolskiBus.com

5.ECOLINES

ECOLINES(エコラインズ)はバルト3国、ロシア、ウクライナ、ベラルーシを中心に、20か国205都市を繋いでいます。

運が良ければ、バス車内にコーヒーメーカー(有料だがとても安い、紅茶も可)、飛行機のようなモニター(映画、ゲームなどあり)があります。

ウクライナのキエフ~オデッサが11.5ユーロなど。

主に利用できる国:バルト3国、ウクライナなど

ECOLINES

6.Megabus

Megabus(メガバス)はイギリスの格安バス会社です。

安い日を選べば、1ポンド(約150円)で乗れる路線があります。
2018年1月では、ロンドン~リバプール、ロンドン~バーミンガムなどに1ポンドのチケットがありました。

イギリス国内を移動するときはチェックしてみて下さい。

主に利用できる国:イギリス

megabus.com

7.IberoCoach

IberoCoachはポルトガル、スペインとフランスを結ぶ長距離バス路線を運営するバス会社です。

以前、フランスのリヨン~ポルトガルのポルトまで、24時間以上乗車しましたが、こまめに休憩があり、休憩所のカフェレストランで使える朝食バウチャーも配られ、快適でした。

いくつかの路線はフリックスバスと提携しています。
フランス~スペイン~ポルトガルの長距離路線は値段が100ユーロ以上しますが、フリックスバスのInterFlixを使えば20ユーロ相当額で乗ることができます。

主に利用できる国:ポルトガル、スペイン、フランス

IberoCoach

8.OuiBus

Oui Busはフランスを中心に10か国に展開している格安バス会社です。
フランス国内で安く移動したいときはチェックしてみると良いでしょう。

パリ~リヨンが9.9ユーロ、パリ~ロンドンが15ユーロ、パリのオルリー空港~シャルル・ド・ゴール空港が10ユーロなどです。

主に利用できる国:フランス

Ouibus

9.ALSA

ALSAはスペインのバス会社です。

スペインではLCCが主流で、フリックスバスなど格安バスがあまり走っていません。
バスとなるとALSAを使うことが多くなると思います。

マドリード~バルセロナが9.25ユーロなどです。

主に利用できる国:スペイン

ALSA

10.FUDEKS

FUDEKS(フーデックス)はセルビアのバス会社です。
フランス、イタリアなど一部の路線はフリックスバスと提携していて、フリックスバスのサイトからでも購入することができます。

セルビアの首都ベオグラードを拠点にしているので、パリ、ベネチア、シュトゥットガルト、ウィーン、ブダペストなどからバルカン半島に向かいたいときには便利だと思います。

主に利用できる国:セルビア

Fudeks

11.Student Agency/RegioJet

Student AgencyとRegioJetはどちらもチェコのブルノに拠点を置いています。

Student Agency(スチューデントエージェンシー)ではバスの他、鉄道や航空券の予約も行えます。

RegioJetにはLEO Expressと同じくプラハ~コシツェの鉄道路線があり、その他にブラチスラヴァやウィーンへ行く路線もあります。

主に利用できる国:チェコ

STUDENT AGENCY

その他

上記以外の主な格安バス会社です。

12.National Express:イギリスの格安バス会社です。
13.INFOBUS:ウクライナ、ベラルーシ、ポーランド、チェコを中心に路線を展開しています。
14.Lasta:セルビア、ハンガリー、チェコ、オーストリアなどの都市間を運行しています。
15.Lux Express:リガ、ビルニュス、タリンを中心にバルト3国やポーランドなどを結んでいます。

さいごに

ここに挙げたバス会社で、ヨーロッパの大体の国をカバーできると思います。
まずはGoEuroで検索して、出てこないときに個別のバス会社のサイトを使うと良いと思います。

それでは皆様、よい旅を。

ヨーロッパを旅するときにおすすめの、便利な情報サイトとバス、鉄道、飛行機、レンタカー、ホテルの検索サービス・アプリを紹介します。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ