【2017 バングラデシュ⑥ダッカ】宿移動と可愛いバングラデシュ人

【旅のルート】

東京→香港→中国→ベトナム→中国②→ラオス→タイ→ラオス②→タイ②→ミャンマー→タイ→インド→バングラデシュ→インド②→ネパール→インド③→パキスタン→中国③→東京→タイ④→マレーシア→イラン→アルメニア→ジョージア→トルコ→チェコ→ドイツ→オランダ→スイス→ドイツ②→ウクライナ→ポーランド→ハンガリー→セルビア→マケドニア→アルバニア→コソボ→モンテネグロ→クロアチア→スロベニア→イタリア→ポルトガル

メイです。

最近のポルトは、3日間晴れて、今日からまた雨。
昨日ショッピングモールに行ったんですけど、それだけで運動不足を実感しました。
ほんとにバックパッカーかよ。。。
とりあえずストレッチから始めよう。

宿移動で終わった1日

2017/3/16 ダッカ

今日は、「あじさい」という日本人宿に移動する。
今泊まっているホテルパシフィックからあじさいまでは20kmくらいあるので、あじさいの近くにある駅(空港駅/Airport Railway Station)まで鉄道で行くことにする。

和の心ながさき 日本人宿あじさい

魚がポピュラー?米の消費量世界一?

チェックアウトして、ダッカ駅まで歩く。
今日も活気満点のダッカの街。

なんか元気出るよね。
てか元気なきゃここ歩けないよね。

途中でお昼ごはん。
今日のお店はここにしよう。

▼店先でロティ焼き

ここには魚のカレーがあった。
魚のカレーは初めて見た。

中に入ると、棚に美味しそうな小魚のカレーが置いてあった。

見つけたときにテンションが上がって、わたしが「わー!小魚だー!」というと、
店員さんに「わー!こじゃかなだー!」と真似された。
かわいい。

そういえば、昨日バングラデシュの料理について調べていたら、「米と魚がポピュラー」と書いてあって驚いた。

だって私たちはダッカに来てからパン(ロティやナンなど)かカレー(野菜かビーフ)かチキンケバブしか食べてないから。
そしてなぜ私たちがそれを食べるかというと、周りの人たちがそうしているから。

2011年のデータによると、バングラデシュは米の消費量世界一らしい。
けれども近年は収入増により食の多様化が進んで、米の消費量は減っているらしい。

うん。バングラデシュの人たち米ばっか食べてるな~というイメージは今のところ全くない。
特に都会のダッカはそうなんだろう。

注文したのは、ビーフカレーと小魚のカレー。
両方おかわりして、全部で190タカ(約266円)。

▼ビーフカレー(ゴルマンショ)

▼小魚のカレー

▼ポロタ

ダッカ駅で切符購入

そのまま歩いてダッカ駅まで。
この辺りもおもしろい。

チケットカウンターはすごく並んでいる。
人に聞いて、8番カウンターに並べと言われたので並び、無事購入。

空港駅まで1人45タカ(約63円)。

わたしはシュンがチケット売り場に並ぶのを隅っこで待ってたんだけど、お母さんと一緒にいる女の子がずっと話しかけてくれて可愛かった。

「アミ ジャパニ(わたしは日本人です)」と「ドンノバート(ありがとう)」くらいしか言えないからもどかしかった。
でも伝わらないのに一生懸命おしゃべりする姿がすっごく可愛かった。

女の子がジャム?みたいなお菓子のちゅーちゅー吸ってたから、これなに?って言うと、くれた。
「モジャ!(おいしい)」と言うとどんどんくれて、もういいよありがとうってなった。可愛い。
そんな私たちの一連の流れを、色んな人が立ち止まって微笑ましそうに見ていたのもおもしろかった。

優しい家族

チケットに書いてある情報は何も読めないので、とりあえず何でも人に聞く。
指定席と普通席などが分かれているようで、このチケットはもっとあっちの方で乗るんだよと教えてくれた。

電車に乗りこむ。

座るところはもうなかったけど、数10分で着くからと立っていたら、席を詰めて座らせてくれた。

座らせてくれたのは、お父さんと娘2人の家族。バングラデシュの北部の街に住んでいるらしい。
お父さんが英語でしきりに話しかけてくれるけど、半分くらいはよく分からない。

妹ちゃんは日本が好きらしく、「日本のどこが好きなの?」と聞くと、「マウンテンエベレスト」と。
うちらとお父さんが「それはネパール!」とツッコんだ。

お姉さんには「好きな色は何?」と聞かれた。
「ブルー。だから今2人が着ている服の色がすごく好き」と答えた。

街で見かけるバングラデシュの女性たちが着ている服は「サロワカミューズ」と言って、とても色鮮やかな衣装だ。
その色合わせは本当に神がかっていて、そんな色の組み合わせがあったのか!と見るたび驚かされる。
原宿系の派手めファッションが好きな人たちはマジで参考になると思う。

そんな、色に対する感度が高いバングラデシュの女性ならではの質問が面白かった。
タイで言う、何曜日生まれ?的な。

お父さんが写真撮っていい?というので撮ってもらうと、娘たち微妙な顔w
そんなに!嫌そうな顔しなくても!

▼ムスリム女性かもしれないので顔は載せないけど、ブルーの素敵なサロワカを見てほしい。

喋ってるうちにすぐ空港駅についた。

空港駅からリキシャ

駅を出て、外でCNG(電動三輪車タクシー)に声をかけてみると、「そこなら近いからリキシャで行くといい」と集まってきたリキシャワラたちに言われ、リキシャに乗ることにした。

その時近くにいたおっちゃんと話したときに、おなじみの「アミ ジャパニ」を披露すると、おっちゃんはわたしがベンガル語ができると思ったのか、べらべらと喋ってきた。

もちろん全然わからないので、わたしが「ん~わからんわからん!」と言うと、
おっちゃんも「ワカランワカラン!」と真似してきた。かわいいな。

さて、リキシャに大人2人とこのでかいバックパック2つ(子供2人分くらい)が一緒に乗れるのか。
周りのリキシャのおっちゃんたちは、特にそれを心配している素振りはなく、バックをそこに置けとかの指示もないので、ここの常識では普通に乗れるんだろう。

最大で子供含めた6人乗りは見たので余裕なんだろうけど、ほぼ1人乗りのこのリキシャに乗るのはうちらからすると明らかに無理。
でも乗るしかない。

結局かなり無理矢理乗ることはできたものの、この体勢で何分耐えられるかわからない。
で、はやく着いてくれぇええ

とにかく漕いでくれるリキシャワラはあじさいの場所はわかってるらしく、50タカ(約70円)で行ってくれるらしい。

あじさいは「和の心ながさき」という日本食レストランも併設されているので、 ジャパニーズレストランとも伝えていた。
では、リキシャ出発。

しばらく進み、タイチャイニーズレストランの前で止まり、「ここだろ?」とリキシャワラ。
違うもっと先だ。

またちょっと進み、「ここか?」
違う、ここはただの小ぎれいな建物。

「ここか?」
違う違う!まだ1kmくらいしか進んでないじゃん!あじさいはあと2km先なんだってば。

「ちょっと待ってろ、聞いてくる」
いや聞かなくていい!うちらも地図あるから場所わかるんだってば。ここをあと1km真っ直ぐって言ってんのに!

数人に聞いてまわるリキシャワラ。
はぁ呆れる……知ってるって言ったくせに。
どうせであとで50タカじゃ足りないって言うんだろう。

その後も、ここじゃない、ここじゃないと言いながらしばらく進んだけど、この人もうダメだし、渋滞で全然進まないから完全に歩いた方が早い。
それにとにかく体勢がキツすぎるということで途中で降りる。

案の定120タカ請求してきた。
そんな額聞いてない、とちょっと揉めると、他のリキシャに乗ってたお客さんが話をまとめようとしてくれたそのすきに、60タカを払って逃げるようにしてその場を後にした。

本当は50タカでよかったんだけど、もう話し合いもなしに早く行きたかったから60タカ払って終わりにした。

前回同様また揉めた。
次は揉めずにリキシャを利用したいものだ。

アーサンモンジール(ピンクパレス)とスターモスジットを観光。オールドダッカは想像以上で大興奮。バングラデシュ、おもしろいぞー!

あじさい到着

500mほど歩いて、「和の心ながさき」発見。

3階に行ったけど、ドアを叩いても守衛さんに来てもらってもドアが開かないので電話したら通じた。
チェックインは17時から?らしい。知らなかった。
でももう着いちゃいましたと言ったら開けてくれた。
レストランの入口のところには、日本のお菓子やパック酒が売られていた。

日本人オーナーさんと挨拶し、パスポートをコピーし、なにやら紙に名前などを記入した。
最近日本人が殺害された事件があり、今は厳しくなっていて、次日本人になにかあったら日本人は撤退しなくてはいけないんだそう……

ドミトリーは(宿)は別館だということで、3ヶ月しか学校通ってないのに日本語が上手なバングラデシュ人スタッフに連れて行ってもらう。
2分ほど歩いたアパートの5階だった。

夜ごはん

夜ごはん探しに出かけた。
しばらくふらつくも、あまりいい店がない。
ここはけっこう都会だなぁ。

▼屋台のケバブサンド10タカ

やっとレストラン発見。

チキンケバブと、マトンの串焼きと、ナンとコーラを注文。
全部で330タカ(約462円)。

ちょっと値段はしてしまったけど、今日のも辛くて美味しかった!

▼チキンケバブ

▼マトンの串焼き

店員さんとセルフィー。笑
この電話してますポーズは流行りなんだろうか。
スマホ持ってるアピールかもしれない。

▼撮ってくれたスタッフの手入っちゃってるし

▼この写真に関しては、わたしがカメラを持つポーズまで指定された。笑

宿に戻ると、先にドミトリーに泊まっていた2人が帰ってきていた。
名前はこういちろうくんとしんごさん。
2人は別々に旅をしているけれど、あじさいで出会って、今日は一緒にオールドダッカに行っていたらしい。

しんごさんはダッカに来る前にインドに行っていたらしいのだけど、オールドダッカはインドを余裕で超えていたと言っていた。

インドまだ行ったことないけど、インドよりすごいのか!オールドダッカ!

しんごさんのブログ→そろ旅(いいブログだと思っているので勝手に紹介)

ということで、今日は市内の移動だけで終わっちゃった一日。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ