【2017 インド④ダージリン】紅茶屋で缶は売っていない

【旅のルート】

東京→香港→中国→ベトナム→中国②→ラオス→タイ→ラオス②→タイ②→ミャンマー→タイ③→インド→バングラデシュ→インド②→ネパール→インド③→パキスタン→中国③→東京→タイ④→マレーシア→イラン→アルメニア→ジョージア→トルコ→チェコ→ドイツ→オランダ→スイス→ドイツ②→ウクライナ→ポーランド→ハンガリー→セルビア→マケドニア→アルバニア→コソボ→モンテネグロ→クロアチア→スロベニア→イタリア→ポルトガル

シュンです。

もうすぐポルトガルを出ます。

2017 世界一周 インド

紅茶屋で缶は売っていない

2017/3/23 ダージリン

朝食を食べ、鉄道の予約をする。
シリグリのニュージャルパイグリ駅から、コルカタのシアルダー駅まで。
waitlistが12人もいるけれど、とりあえず購入した。

寝台の中で一番安いsleeperは今回はやめて、3Aというクラスにしたが、結構高い。
一人1500円くらいする。夜行とはいえ高いなあ。

昼食、近所のベジレストランへ。
ロティー&サブジとパーラータ&サブジを頼んだけれど、サブジが少ない。
高菜みたいなものの炒め物と豆だけ。美味しいけど、量が少ない。

昨日行ったmohan restrantが良かった。

道で肉まんのようなものが売っていたので聞くと、チキンモモだという。
これもモモというのか。

食べてみると、肉まんそのものだった。
チキンなのか・・・?
みんなチリソースをかけて食べていたけれど、かけない方が好きだ。

街を散策する。
目的は、紅茶を保存する缶と水を買うことと、ダージリン・ヒマラヤ鉄道のチケットを見に行くことのふたつ。

Golden Tipsという紅茶屋で、缶だけ売ってくれないかと聞いてみた。
缶だけでは売っていなかったが、親切なお兄さんが色々なアンティークの木箱を出して見せてくれた。
木箱もサイズが合わなかったが、とても親切な対応をしてくれた。

日本では缶だけでも売っているのになあ。

PrestigeのWifiは遅い

ダージリン・ヒマラヤ鉄道のチケットを見に行くため、ダージリン駅へ。
チケットはカウンターで買えるようだったが、ニュージャルパイグリ駅行きの列車は火曜、木曜、土曜しかないらしい。

明後日の土曜を聞くと、まだ席はある。
値段は1285ルピー。

少し考えてやめた。ジープと全く同じ道で値段は6倍だし。
途中のグーム駅までの列車もあった。

偶然見つけたカフェでチャイ休憩。

おやつにサモサを食べ、水とコーラを買って帰る。

今日はサッカー代表戦の日だ。
どうやって観ようかと考えていて、いろいろな場所でWifiの速度を測定した。
結果、街なかで自分の4G(インドのVodafone)を使うのが一番安定していた。
宿(prestige)のWifiは異常に遅いし、部屋では4Gの電波が入らない。

僕が買ったインドのVodafoneのsimカードは、55日間、4G(高速通信)を1日に1GB使うことができる。
値段も500円くらいだったと思う。
なんでこんなに安いのか分からない。

ただ、試合はインド時間で21時から。
カフェを聞いて回ったけれど、どこも21時には閉めると言っていたし、どうしようか。

サッカーの前に夕飯、mohan restrantへ。
今日はポーク、相変わらず美味い。

キネマはコクのある納豆みたいな感じ。
この店のダルバートが南アジアで一番美味かった。

宿に戻り、どうしようかなと考える。
部屋の中は絶望的な電波の悪さだ。

仕方なく、日本にいる友だち(しょうへい)にラインで中継してもらうことにした。
ネットで見ようと思っていたけど、ビデオ通話のほうがまだマシだった。
得点シーンとか、画面が固まって見れないときもあったが、なんとかなるレベル。

分からなかったシーンは、しょうへいに解説してもらう。
しょうへいはゴールデンウィークにインドに遊びに来れるらしい。

4/25~5/3の9日間。日本のサラリーマンにしては長い!のか?とにかく楽しみだ。
結局、試合終了まで繋いでもらい、無事に見ることができた。

しょうへい、深夜までありがとう!来月の合流が楽しみだ。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ