【ハンガリー ブダペスト】国宝「マンガリッツァ豚」をステーキにして食べよう!

2017年11月に訪れたハンガリーのブダペスト。

ハンガリーで有名な食べ物といえば、フォアグラと「マンガリッツァ豚」です。

フォアグラは食べたことがあるけれど、マンガリッツァ豚は食べたことがない!

ここに来たからにはどうしても食べたかったその豚を、自分で買って、焼いて、食べたという奇跡の体験談です。

マンガリッツァ豚とは

Mangalitza - is it a Peep, or a Shig?

マンガリッツァ豚は、羊のような毛で覆われたハンガリー原産の豚で、別名「ウーリーピッグ」とも呼ばれます。
希少性の高さから、2004年にハンガリーの「国宝」に認定されました。

マンガリッツァ豚は小屋で飼育されるのではなく、牧草地や林の中で放し飼いにされ、暑い夏も寒い冬も元気に動きまわる丈夫な体を持ち、食べ物も自然食品を食べ、ストレスなく育ちます。

Woolly Pig

肉の色は赤褐色で牛肉のよう、肉質はイベリコ豚のよう、霜降りは神戸牛のよう、と表現される夢のような豚肉。

コレステロールの原因となる飽和脂肪酸の量が少ないことや、老化防止に効果的とされる抗酸化酵素が多く含まれているなど、味だけでなく健康面でも普通の豚肉よりも優れた点があります。

詳しくは、ハンガリーの大手食品会社PICKのホームページでわかりやすくまとめられています。

参考記事マンガリッツァ豚(マンガリッツア豚)とは | PICK (ピックサラミ)

自分たちで買って調理しよう

知ってしまったからには、どうしても食べたいマンガリッツァ豚。

ブダペストのいくつかのレストランでも食べられるようですが、外食はちょっと高い……。

友人は、有名日本人宿「アンダンテホステル」で、オーナーに食べさせてもらったらしいのですが、私たちはAirbnbで取った宿に泊まっているしなぁ。

ということで、自分たちで買って調理することにしました。

マンガリッツァ豚を買おう

探しに行ったのは、ブダペスト中央市場。
地下1階~2階まであり、観光客だけではなく、地元民も利用する雰囲気のいい市場です。

生肉や加工肉、はちみつ、野菜、果物、ピクルスなど、食品が多く売っています。

地上1階では、マンガリッツァ豚はチョリソーなどの加工品しかなく、生肉はどこにも売っていませんでした。

マンガリッツァ豚が売られているのは、ブダペスト中央市場の地下1階です。
ALDIというスーパーの隣りにあるステーキショップで買うことができます。

▼こちらのステーキショップです

※閉店時間が日によって違うので要確認です。
※現金しか使えませんでした。

▼どれがマンガリッツァ豚か忘れましたが、見た目は牛みたいでした

一番美味しそうに見えたレッグ(モモ)を買ってみました。
美味しそうと言っても、脂なのかスジなのか見分けがつきませんが。

値段は、1kg3500フォリント(約1527円)だったので、300gほど買いました。

日本の感覚で言えば、非常に安い!
だって、日本で豚肉を買うと(ピンきりですけど)100gあたり100~250円くらいしますよね?
国宝肉をこの値段で買えるなんて……

調理してみよう

見よ!この美しい肉を!

さっそく調理します。

塩こしょうをした肉を、油をひいたフライパンで焼きます。
まず片面だけを焼き、断面に半分以上火が通って焼き目がしっかり付いたら、もう片面は少し軽めに焼きます。

ステーキ屋でバイトをしてました。ホールですけど。

美味しい!

柔らかくて、味もしっかりしていて、噛むとジュワ~っと脂が出てきて、本当に美味しい!
豚肉というか、牛肉を食べているような感覚。

脂が多いのに胃もたれなんて全然しそうにない、後味すっきりさっぱりなのが本当にすごい。

余計なソースなどはいらず、そのままの味が美味しいので、塩コショウが最高。

ただ、スジが本当に多くて、最後ガムみたいに口に残ったのが気になりました。(汚い)

ちなみに、付け合せはハンガリー料理によく使われるパプリカです。
とても肉厚で甘みも強くて美味しかったです。

ハンガリー料理ってパプリカをたくさん使うらしいんですが、他の野菜に比べて特別安いというわけではなかったです。

調理してみよう(再)

やっぱりスジが多かったのが気になったので、違う部位で再チャレンジすることにしました。

ロースか肩ロースを買おうとしていたのに、その日はネック(日本では豚トロと呼ばれる部位)しかないとのことで、迷ったけれどネックを買うことに。

値段は、1キロ4000フォリント(約1746円)。
前回のレッグより高いけれど、それでも全然安い。

680gの塊ごと買って、2490フォリント(約1084円)。

見よ!この美しい肉を!

今回は油はひかずに焼きました。
前回は肉から出てくる脂で十分だったので。

美味しい~!

・多少焼きすぎてもしっとりしている
・柔らかい
・味がしっかりしている
・フォークが刺さらず跳ね返ってくるほどの強い弾力
・牛タンみたい
・胃がもたれないさっぱりした脂
・冷めても固くならない

……こりゃあ、うまいぞ!すごく。
感動を噛み締めました。

調理してみよう(再々)

次の日の昼ごはんにもマンガリッツァ豚を焼きました。

なんて贅沢なんだろう。
いくら食べても飽きないと思う。

あ~やっぱり美味い。
脂が旨い。

ウーリーピッグに感謝。
おいしくいただきましたよ。ありがとう!

▼マンガリッツァ豚がバーのマスターを務める店を舞台にしたWebマンガを書いていた豚好きの著書が、ハンガリーの国賓として招かれたという話

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ