海外旅行保険用に、2枚目のクレジットカードにはリクルートカードがおすすめ

私たち夫婦は、現在長期海外旅行(世界一周)中です。

長期の旅人同士でよく話題に上がるのが、「海外旅行保険」についてです。
世界一周など長期間の海外旅行の場合、海外旅行保険は絶対必要というのが大半の人の意見ですが、その費用は年間十数万円。夫婦旅なら単純に2倍。

かなり大きな額(そのお金で数か月旅ができるくらい)です。

私たちは、今のところ「クレジットカード付帯の海外旅行保険」を利用しています。

「クレジットカード付帯の海外旅行保険」について、詳しくは以下の記事を読んでいただきたいのですが、

海外旅行にクレジットカードを持っていく理由と、海外旅行保険についてまとめました。そして、世界一周(長期旅行)に持っていくことにしたクレジットカードを紹介します。

今回は私たちが世界一周旅行に持ってきているクレジットカードの中の一つ「リクルートカード」を紹介します。

海外旅行・世界一周にリクルートカードをおすすめする理由

おすすめする理由は、リクルートカードの特徴が世界一周や海外旅行に持っていく2枚目のクレジットカード(サブカード)にぴったりだからです。

年会費永年無料

リクルートカードの年会費は永年無料です。

家族カードも無料で発行できます。
年会費が初年度無料のクレジットカードはたくさんありますが、永年無料となると種類は限られます。

海外旅行保険の補償額がそこそこ充実している

海外旅行保険の補償額がそこそこ良いです。
あくまでも「そこそこ」ですが、年会費永年無料のクレジットカードの中では良い方です。

【リクルートカードの海外旅行保険の補償内容】
・傷害死亡・後遺障害:最高2000万
・傷害・疾病治療費:100万
・賠償責任:2000万
・携行品損害:20万
・救援者費用:100万

海外旅行保険・出発後利用パターンが使える

リクルートカードは「海外旅行保険・出発後利用パターン」が使える、数少ないクレジットカードです。

「出発後利用パターン」という言葉は私たちが勝手に呼んでいるだけなので、公式の名前ではありません。

「海外旅行保険・出発後利用パターン」について説明します。
文章だけでは分かりにくいので、下の図を見ると分かりやすいと思います。

まず、クレジットカード付帯の海外旅行保険は2種類あります。
一つは自動付帯、もう一つは利用付帯です。

自動付帯はその名の通り、何もしなくても海外旅行期間中は保険が適用されます。

一方で利用付帯の場合は、海外旅行に関わる交通費(公共交通機関)にクレジットカードを利用することで、その旅行に保険が適用されます。

リクルートカードの海外旅行保険を適用させるためには、リクルートカードを海外旅行に関わる交通費の決済に利用しなければいけないということです。

そして、この交通費のクレジットカード決済は、通常は日本出国前でないと認められません(出発前利用パターン)。
リクルートカードはこれに加え、出国後の現地交通費(海外の地下鉄やバスなど)の決済でも認められます(出発後利用パターン)。

出発後利用パターンの場合、保険の期間はその交通費を支払った日から90日間となります。
(クレジットカード付帯の海外旅行保険の適用期間は、通常は出国日から90日間です。)

出発前利用パターンのクレジットカードと出発後利用パターンのクレジットカードを組み合わせれば、海外旅行保険の適用期間を90日以上にすることができます。

旅行期間が90日以下の人には関係ないのですが、世界一周など長期旅行を考えている人には有効な手段です。

詳しくは、こちらの説明を読んで下さい。

「出発後利用パターン」で使えるクレジットカードは少ないので、リクルートカードは貴重な存在です。

これこそが、私たちがリクルートカードを海外旅行・世界一周のサブカードにおすすめする最大の理由です。

審査に通りやすい

クレジットカードの発行には審査があります。

ステータスの高いクレジットカードなどは海外旅行保険の補償額も高く設定されていますが、審査(所得など)も厳しいです。

リクルートカードは比較的審査が易しいと言われており、主婦や学生でも申込可能です。

実際、私たち夫婦は会社を辞めて長期旅行に出発するまでの無職の期間に申し込みましたが、審査に通過しました。

作りやすい(審査に通過しやすい)というのは非常に大事なポイントです。
学生やフリーターが作りやすいクレジットカードの中で海外旅行保険がしっかりしているものは多くないので、それもリクルートカードの良い点だと思います。

世界一周のために既に会社を辞めた人にもおすすめです。

好きなブランドを選べる

リクルートカードはVISA、MASTER、JCBの中から好きなブランドを選ぶことができます。

海外旅行用ならVISAがおすすめですが、できれば1枚目のカード(メインカード)と別のブランドを選ぶと良いです。

それぞれの状況に合わせて好きなブランドを選べるのはありがたいです。

2枚持ちできる

あまり知られていませんが、リクルートカードはVISAかMASTERとJCBの組み合わせで2枚持つことができます。

2枚持ちできるクレジットカードはあまり多くはありません。

なぜ2枚持ちする必要があるのか?を説明します。

一番の理由は、海外旅行保険の補償額は複数のカードで合算できるからです。
リクルートカードの「傷害・疾病治療費(怪我や病気で病院に行ったときにかかる料金の補償額)」は100万円です。

リクルートカードの2枚持ちをしていれば、それぞれのカードで100万円ずつ補償され、最大補償額が200万円になります。

また、適用期間を被らせずに、上で説明した出発後利用パターンを応用して、270日(9か月)間保険を適用させることもできます。

メインのクレジットカードの他にリクルートカードを2枚持ち、出発後利用パターンを応用して270日間海外旅行保険を適用させると、具体的には↓このような保険スケジュールになります。

・1日目~90日目:メインのクレジットカード
・91日目~180日目:リクルートカード1枚目
・181日目~270日目:リクルートカード2枚目

夫婦の場合、それぞれの家族カードを作って、3枚持ちも可能です。

年会費が無料で、海外旅行保険がそこそこで、出発後パターンで使えて、2枚持ちができる。
これらの特徴を全て兼ね備えているのは、リクルートカード以外にはあまりないと思います。

リクルートカードの注意点

先に良いことを書いたので、リクルートカードの注意点も書いておきます。

海外旅行保険が利用付帯

何度も書きましたが、リクルートカードの海外旅行保険は「利用付帯」です。

2枚持ちの場合は、それぞれの保険を適用させるためにそれぞれのカードで海外の公共交通機関の支払いをしなければならないので、若干面倒です。

また、もし海外旅行の期間が90日以下なのであれば、他にもっと良い「自動付帯」のクレジットカードがあります。

補償額が物足りない

海外旅行保険の補償額について、さきほどは「そこそこ」と書きましたが、年会費無料のクレジットカード付帯の海外旅行保険の中で「そこそこ」なのであって、クレジットカード付帯の海外旅行保険全体の中では低めです。

医療費の安い地域なら十分かもしれませんが、医療費の高い地域では万が一のときに物足りません。
もちろん、風邪や嘔吐などの軽いものであれば十分賄えますが。
(サービスが良くないということもありません。)

なので、医療費の比較的安い地域用にするか、他の保険との合算用にするのが良いでしょう。

さいごに

リクルートカードは、特徴のところにも書いたように世界一周など長期で海外旅行をする人にはとてもおすすめです。
年会費無料で審査も通りやすいので、とりあえず作ってしまってもいいと思います。

ですが、リクルートカード1枚では心許ないので、あくまでも「2枚目のカード」としての利用をおすすめします。

 【リクルートカード】

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ