【2017 ネパール⑥ ポカラ】ニューイヤーズイブにタカリキッチン

スポンサーリンク
これまでの旅のルート
東京→香港→中国→ベトナム→中国②→ラオス→タイ→ラオス②→タイ②→ミャンマー→タイ③→インド→バングラデシュ→インド②→ネパール→インド③→パキスタン→中国③→東京→タイ④→マレーシア→イラン→アルメニア→ジョージア→トルコ→チェコ→ドイツ→オランダ→スイス→ドイツ②→ウクライナ→ポーランド→ハンガリー→セルビア→マケドニア→アルバニア→コソボ→モンテネグロ→クロアチア→スロベニア→イタリア→ポルトガル

メイです。

今日はブラガからポルトに戻って、airbnbで予約した部屋に泊まっています。(3月からポルトは1泊1人2ユーロの市税がかかるようになりました。恐ろしい額です。)

久々にばっちりお湯のシャワーが浴びられました。
ベッドでWifiが使えるし、バスタオルがあるし、最高です。

大げさじゃなく、「快適な家」って、人生において本当に大事なことのひとつだと思いました。

2017 世界一周 ネパール
旅行記旅のコラム宿情報旅の情報
スポンサーリンク

めでたい気持ち

2017/4/13 ポカラ

朝5時15分にオールドバスターミナル(Maps.Meにそう書いてある)に到着したので、とりあえずチヤを飲む。

大通りに出て、バンでレイクサイド方面へ。
最初1人50ルピー(約55円)だと言われたので、私たちがちょっと高くない?と話し合っていたら、2人で50ルピーだと言い直してきた。

この前のカトマンズのチヤ屋でもそうだった。
最初にふっかけてきて、間違いに気づかれそうになると言い直す。
カトマンズやポカラは観光客に人気だから、日常的にこういうことをやっているんだろうな。

ニューイヤーズイブ

目星を付けていたシャンティゲストハウスに行ってみると、高い部屋しか空いていなかった。
不思議に思って理由を聞くと「今日はニューイヤーズイブだから」とのこと。

だからか~!だから予約サイトでもどこも高かったのか。

「明日には500、700、800ルピーの安い部屋が空くから、明日部屋を移動したらいいよ」と言ってくれたので、とりあえずここに1泊することにした。

部屋にバッグを置いて、すぐに朝食探しを兼ねた散策へ。

▼2074年!

ポカラには、観光客用のおしゃれなカフェがたくさんある。
他にも、日本料理、中華料理、韓国料理、イタリア料理など、レストランの種類は豊富だけれど、私たちはもちろんネパール料理が食べたいので、いろいろ見てまわる。

湖側まで歩いてみて、いろんな店の値段をチェックしたけれど、どこもけっこう高い。
カトマンズよりも高いかも?

地元向けっぽいところや屋台のようなところでも、ベジダルバート150~200ルピー(約165~220円)、ノンベジ(肉あり)ダルバート250~350ルピー(約275~385円)くらいが相場だ。

現地の人もこの値段で食べているのか、これが観光客価格なのかはわからない。
ノンベジで350ルピーとか、日本の牛丼屋と変わらないじゃん……。

やっとのことで見つけたちょっとだけ安いお店(インド系?)で朝食をとることにした。
ロティ4枚と豆カレーと、ベジチョーメンを注文。

ポカラはご飯探しにはなかなか苦労しそうだ。

帰って、爆睡。

再び散策

夕方に再び外に散策に出かけた。

宿の近くに安いパンを発見!
大きいくるみパン50ルピー。

▼OJU Guest Houseのカフェスペースのパン屋。おすすめ。

湖の横の芝生ではサッカーの練習をしていた。
監督が叫んだらみんな走り寄って静かに話を聞く、けっこうガチな練習。

▼こちらはガチ卓球

なにかお祭り的な催しが開かれていた。
高速観覧車が回っている。
おそらくネパールのニューイヤーフェスティバルだろう。

湖に映る夕日、きれいだー。

ポカラは良いと、ほとんどの旅人は言うけれど、何をもってみんなはここを良いと言うんだろう。
私たちはまだその良さを見つけられていない。

人気になる要素の予想としては、ツーリストのための街になってる、宿が比較的安い、みんな(特にヨーロピアン)が好きなトレッキング系が充実、カフェ・パンなどウエスタンフードが充実、おいしい日本食がある、大麻が簡単に手に入る、とかかな。

この中に私たちが気に入る要素はほとんどない。

夜ごはん

夜ごはんのお店を散策するも、なかなかいい感じのお店が見つからないので、高いけど味が評判のタカリキッチンに行くことにした。

▼しっかりしたレストラン

18時過ぎに入店したらお客さんはほとんどいなかったけれど、途中から客が増えて、観光客と地元民(かはわからないけれどネパール人)が半々くらいだったのが意外だった。

プレーンダルバートはカレーなし。270ルピー
ベジタルバートは300ルピー。(ベジダルバートのカレーは3種類の中から選べる。)
※サービスチャージ10%

どちらもドリンク付き。
チャンと、ヨーグルトのような甘くなくて薄いラッシーみたいな飲み物(名前忘れた)を頼んだ。

おお~豪華!
きれいで可愛いダルバート。

何を使ってるんだろう?と興味をそそるこだわりの味付けで、そこらへんのお店の家庭的なダルバートの味とは全然違った。(それが好きな味かは別として)
じゃがいものダルカリが明太子の味がしたのが不思議だった。笑

ご飯とダルだけおかわりができた。

帰ってお風呂に入ってパックをしていたら寝てしまっていた。

24時に、花火の音で起きたシュンに起こされる。
そうか、今日からネパールのニューイヤーだ。

向かいの宿のベランダでは、ネパール人たちが騒いでいて楽しそう。
一緒にめでたい気持ちになれるかなと思ったけれど、やっぱり1月1日でないとそんな気にはならないもんだな。笑

Comments

タイトルとURLをコピーしました