キトからオタバロ土曜市への行き方(エクアドル旅行)

2018年9月に、キトからオタバロ(Otavalo)の土曜市にバスで行ったときの情報です。
私たちは、キトから日帰りで行きました。

キトのカルセレン北バスターミナル

キトからオタバロに行くバスは、カルセレンバスターミナル(北ターミナル/Terminal Terrestre Interprovincial de Carcelén/Terminal Norte terrestre de Carcelen)から出ています。

カルセレンバスターミナルは、セントロ・ヒストリコ(旧市街)の中心である独立広場から市バスで約1時間、ノルテ(新市街)の中心であり安宿が集まるマリスカル地区からは市バスで50分くらいです。

市バスの番号はGoogleMapで調べるか、バス停にいる係の人に聞けば教えてくれます。

料金は一律0.25ドルです。

キトからオタバロへのバス

オタバロ行きのチケットは、チケット売り場の一番右端の窓口で買えました。
この日は土曜市に行く人で行列ができていましたが、チケットを買うのにそれほど時間はかかりませんでした。

チケットを見ると、キトからオタバロ行きのバスは、5時10分~21時まで、20分おきに出ているようです。

案内に従ってそのまますぐにバスへ向かいますが、途中に改札があるので、チケットと一緒に受け取ったバーコードが付いたレシートのようなものをかざして通ります。

▼オタバロ族のおっちゃんに付いていく

座席はチケットの後ろに手書きで書かれていましたが、乗客がどこまでそれに従って座っていたのかは不明です。

料金と所要時間

・バスの料金:2.5ドル+ターミナル使用料0.2ドル(約307円)
・所要時間:約1時間45分

オタバロ土曜市(工芸品市)

オタバロ土曜市は、ポンチョス広場(Plaza de Ponchos)を中心に広がっています。

動物市

私たちは、土曜市に行く前に動物市に行きました。
動物市に行くには、道路の途中で降りる必要があります。
動物市から土曜市までは、徒歩10分もしないくらいなので、行ってみてもおもしろいと思います。

私たちは11時前に着きましたが、少し遅かったかなという印象。
しっかり見たい方はもっと早めに行ったほうが良さそうです。

ちなみに、動物市の会場でもいくつか簡易食堂が並んでいます。
ここでは、名物と言われている豚の丸焼きを2ドルで食べることができました。
土曜市で食べるともっと高いと思います。

▼豚の丸焼きプレート

▼レス(牛肉)と卵とポテトのプレートは1.5ドル。

野菜とフルーツ

私たちは、動物市と土曜市で土産物は買わず、野菜を大量買いしてしまいました。
キト市内のスーパーでは野菜がけっこう高くて困っていたのですが、ここでは激安で野菜を買うことができました。

▼戦利品

オタバロのバスターミナル

オタバロのバスターミナルは、土曜市から数分歩いたところにあります。
土曜市から歩いていくと、ターミナルの手前にずらっとバスが並んでいますが、そこにキト行きはなく、もう少しターミナルの奥に進んだところにキト行きはあります。

係の人が「キト!」と言っているので、すぐに分かると思います。

帰りは窓口でチケットを買う必要はなく、バス内の座席で支払います。
料金は、行きのターミナル使用料が必要ないので、2.5ドルでした。

このバスも頻繁に出ているようです。

料金

・バスの料金:2.5ドル(約284円)

さいごに


オタバロはすごく雰囲気が良く、好きな街でした。
コロンビアから陸路でエクアドルに来る人は、余裕があればオタバロに2,3日滞在してもいいと思います。

Sponsored Link タウンライフ旅さがしで旅行プラン一括提案依頼
タウンライフ旅探しでは、無料で複数のエクアドル専門旅行会社へ、一括で旅行プラン提案と見積りの依頼をすることができます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ