ポパヤンからイピアレスに夜行バスで行く方法(コロンビア旅行)

2018年9月にコロンビアのポパヤン(Popayan)から、イピアレス(Ipiares)にバスで行ったときの情報です。

昼移動の情報が多いこの区間ですが、私たちは夜行で行きました。

ポパヤンのバスターミナル

ポパヤンからイピアレスに行くバスは、ポパヤンバスターミナル(Terminal de Transportes Popayan S.A)から出ています。

ターミナルには、簡単なご飯を食べられるお店やATMがあります。
Wi-Fiもあるにはありましたが、なぜか使えませんでした。
隣には巨大スーパーEXITOがあり、その中ではWi-Fiが使えました。

このバスターミナルは、ポパヤンのセントロから歩いて20分前後とそれほど遠くはありません。

私たちは当日の昼間にチケットを買いに、セントロ付近の宿からターミナルまで歩いてみましたが、治安はあまり良くないと感じました。

Maps.meの示す道順通りに行ったら危険な香りがしたので、途中から道順を無視して人通りの多い大通りを探しながら歩いたら、まぁまぁ安心して歩けました。

心配であれば、タクシーを利用しても良さそうです。

私たちは夜行バスに乗るので、21時ごろUberで向かいました。

ポパヤンからイピアレスへの夜行バス

ポパヤンからイピアレス行きのバスがある会社は、ポパヤンバスターミナルのHP(”Destinations”で検索)によると、Continental Bus、Bolivarian Express、Taxbelalcazar、Transipialesの4社。

当日の昼に、バスターミナルで夜行バスについて聞いたときは、

・Continental Bus:なし
・Bolivariano:45000ペソ
・Taxbelalcazar:45000ペソ
・Transipiales:40000ペソ

でした。

一番安いTransipiales(トランスイピアレス)は、22時、22時半、23時発のバスがあり、全て同じ値段だということで22時半のチケットを買うことにしました。

手持ちの現金がなかったのでATMに行って戻ってくると、先ほどとは違うスタッフにかわっていて、22時半は45000ペソだと言われました。
おかしいと訴えましたが、22時なら40000ペソだと言われたので22時に変更しました。

コロンビアでは以前バスチケットの値下げができたし、今回の件もあり、個人の裁量な気がしなくもない……。

とにかく、今回は無事に夜行バスのチケットが買えましたが、実は前日の夜に聞いたところ、どの会社からも「ない」と言われていました。
もしかしたらこの区間の夜行バスは不定期かもしれないので、現地で要確認です。

▼バス乗り場側にトランスイピアレスのVIPルームがあります

バスはきれいで、シートはふかふかでした。
Wi-Fiもあります。
トイレ休憩が何回かありました。

料金と所要時間

・バスの料金:40000ペソ(約1533円)
・所要時間:約9時間

トランスイピアレスのスタッフには8時間と言われていましたが、少し遅れたのか、9時間かかりました。

イピアレスのバスターミナル

朝7時ごろ、イピアレスのバスターミナルに到着しました。
イピアレスは標高が高いので、とても寒いです。
地元の人はニット帽や手袋までしていました。

私たちはこのまま国境に向かって、エクアドルへ入りました。

コロンビア/エクアドルの詳しい国境情報はこちら↓

2018年9月にコロンビアのイピアレスからエクアドルのキトへバスで行ったときの移動情報と、国境の混雑情報です。

さいごに

イピアレスには有名なラス・ラハス教会があります。
そのためにイピアレスに泊まる人も多いですが、バスターミナルに荷物を預けて教会を見に行き、2時間ほどで戻ってくるという方法もあるようです。

私たちもそうしようと思っていたのですが、近頃は国境がベネズエラ難民問題で非常に混雑しているという情報を見たので教会はパスしました。
結果的に、国境は思いの外スムーズに抜けられたので、今となっては教会も行けたかなと思います。

Sponsored Link タウンライフ旅さがしで旅行プラン一括提案依頼
タウンライフ旅探しでは、無料で複数のコロンビア専門旅行会社へ、一括で旅行プラン提案と見積りの依頼をすることができます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ