チクラヨからタラポト・ユリマグアスへのバスでの行き方(ペルー・アマゾン)

2018年10月に、チクラヨからアマゾン地域(アマゾナス)のユリマグアスへ、タラポトを経由してバスとコレクティーボで行ったときの情報です。

チクラヨからCiva社の夜行バスでタラポトへ行き、タラポトからはコレクティーボでユリマグアスへ行きました。

チクラヨのCivaのバスターミナル

チクラヨからタラポトへのバスは、いくつかの会社が運行しています。
私たちはCivaという会社の夜行バスを利用しました。

チクラヨのCivaのバスターミナルで、当日の朝にチケットを購入しました。

ペルーの長距離バスはredBusというサイトでも比較・購入ができます。
redbusについては別の記事で紹介します。

Civaのバスターミナルは、セントロ(プリンシパル公園周辺)から徒歩10分くらいのところにあります。

チクラヨからタラポトへの夜行バス

料金と所要時間

・バスの料金:55ソレス(約1850円)
・所要時間:約14時間

バスについて

Civaのバスには3つのクラスがあります。
チクラヨからタラポトへのバスには、1番上のEXCLUCIVA(カマ)と2番目のSUPERCIVA(セミカマ)があり、私たちはSUPERCIVAを選びました。

ペルーの長距離バスは、大きく分けて3種類あります。
・CAMA(カマ):座席リクライニング160~180度、基本的には3列シートでゆとりがある
・SEMICAMA(セミカマ):座席リクライニング140~160度、4列シート
・その他:普通のバス、トイレが付いていないこともある

今回乗ったCivaのSUPERCIVAというバスは、夕飯(軽食)付きで、トイレは男女に分かれていました。

▼夕飯、おにぎりみたいなライスとゼリーのみ。足りない

タラポトのバスターミナル

タラポトのバスターミナルは郊外にあります。
ここからユリマグアス行きのコレクティーボ乗り場まで、モトタクシーで行きました。

タラポトからユリマグアスへのコレクティーボ

タラポトからユリマグアスへのコレクティーボは、複数の会社が運行しています。

私たちはそれを知らず、モトタクシーのドライバーに任せて連れて行ってもらったため、高い車に乗ることになってしまいました。
モトタクシーの料金は、交渉して2人で2ソレスでした。

私たちはTurismo Yurimaguasという会社のユリマグアス行きの車に乗りました。
4人乗りの相乗りタクシーのような感じで快適ですが、料金は20ソレスです。

Turismo Selvaという会社のコレクティーボ(乗り合いバン)なら、10ソレスで行けるみたいです。

▼Turismo Selvaのオフィスの場所

ユリマグアスの到着場所

ユリマグアスではTurismo Selvaのオフィスの近くに到着しました。
ここからユリマグアスの街の中心までは徒歩15分くらいです。

さいごに

チクラヨからタラポトへのCivaのバスの中で流れていた映画、Bon Voyage(ボン・ボヤージュ)。

フランス映画なのに中南米の夜行バスで5回くらい見ました。
もちろんスペイン語吹き替え。

結構おもしろいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ