フォス・ド・イグアスからサンパウロへの格安バスでの行き方(ブラジル)

2018年12月にブラジルのフォス・ド・イグアス(Foz do Iguaçu)からサンパウロ(São Paulo)へ、夜行バスで行ったときの移動情報です。

2018 世界一周 ブラジル

シウダー・デル・エステから行くほうが安い?

フォス・ド・イグアスからサンパウロへのバスは、最安で240レアル(約6800円)くらいです。BuscaOnibusというサイトで検索することができます。

一方、パラグアイのシウダー・デル・エステ(Ciudad del Este)から行くと、NSAという会社のバスでだいたい250,000グアラニー(約157レアル/約4500円)くらいで行くことができます。

なので、確かにシウダー・デル・エステから行くほうが2000円以上も安いです。

ですが、私たちはフォス・ド・イグアスの「Rota Iguaçu」という格安バス会社を使ったら、130レアル(約3700円)で行くことができました。
以下で説明します。

Rota Iguaçuの事務所(乗り場)について

場所と設備

Rota Iguaçuのバスは、フォス・ド・イグアスの長距離バスターミナルからは出ていません。
セントロにある近距離バスターミナルから約6.7kmと、かなり離れたところにあります。
行き方は次の項で説明します。

待合室にはWi-Fiがあります。
パスワードは受付の壁の側面(わかりにくい)に貼ってありました。
トイレもあります。

すぐ近くにはガソリンスタンドがあり、そこでちょっとしたものは買えると思います。
サンドイッチなどの軽食を売りに来る人もいました。

▼私たちが着いたときは、人が外まで溢れていた

▼待合室

行き方

行き方は簡単で、近距離バスターミナルから250番のバスに乗れば着きます。
30分間隔で来るバスだったと思います。
(バスの番号などは「Moovit」というアプリで調べることができます。ブラジル以外でも使えるので便利です。)

▼近距離バスターミナルからRota Iguaçuの事務所(乗り場)

近距離ターミナルから出るバスに乗るときは、バス内で料金を払うことはありません。
ターミナルの改札口を通るときに払うからです。
乗り換えの際は直接プラットフォームに着くので、料金はかかりません。

料金は、毎回2人で8レアル渡して0.5レアル返ってきていたので、1人3.75レアルだと思います。もしくは3.8レアル?

▼近距離バスターミナル。乗る番号のプラットフォームで待つ。

▼市内バスの入り口。大きな荷物は持ち上げなければ通れないので大変。

Rota Iguaçuのバス

チケットの購入

WhatsAppで予約して、当日事務所に着いてから支払いをしました。
クレジットカードが使えます。

私たちは、実は前日にチケットを買いに事務所に行ったのですが、閉まっていて買えなかったので、ドアに書いてあったWhatsAppの番号に問い合わせることにしました。

ブラジルの国番号「+55」を付け、「+554599672180」にメッセージを送ると、チケットについては「+554591152180」に連絡するように言われたので、その番号から時間(16時)・値段(130レアル)・場所を確認し、チケットを2枚予約しました。

私たちはGoogle翻訳を活用してメッセージをやりとりしました。
音声で返信が来た場合は、Googleの音声翻訳でだいたい理解することができると思います。
最初に自分がポルトガル語がうまくないことを伝えておくとスムーズかもしれません。

▼WhatsAppを使っていない人は、メールから問い合わせてみてもいいかも

チケットなどはなく、代わりに荷物に貼るタグをもらいました。
乗る前に荷物チェックがあります。

私たちは、予約時に16時乗車と聞いていたので1時間前に行ったつもりでしたが、時差を直し忘れていて実際は16時に着きました。

すでにバスに乗り込んでいる乗客がいたので、私たちもこのバスに乗るのだと思っていたら、「あなたたちはこのバスじゃないからまだ待ってて」と言われ、待ちました。

結局そのバスが出発したのは17時半で、そのあとに私たちが乗るバスの受付が始まり、出発したのは19時過ぎでした。

16時のバスが予約ができていたのかは正直謎ですが、パスポートを見せたら何かを確認して、「このバスではない」と言われたので、できていたんだと思います。たぶん……。

バスの料金と出発時間、到着時間

  • バスの料金:1人130ペソ(約3700円)
  • フォス・ド・イグアス出発時間:19:15
  • サン・パウロ到着時間:6:45

バスについて

乗る前に、けっこう入念な荷物チェックがあります。
男性はボディチェックも受けていました。

バスは2階建てバスでした。
座席も立派で、フットレストも付いています。

クーラーが付いていて、極寒ではないけれど上着がないと寒いくらいの温度でした。
地元の人たちは、毛布と大きな枕を持ってきていている人が多くておもしろかったです。

【設備】

  • トイレあり
  • Wifiあり
  • クーラーあり
  • フットレストあり
  • リクライニングあり

途中、食事休憩がありました。
ビュッフェ式で、帰るときに入り口で渡された紙をレジで渡して会計します。
私たちはお弁当を持ってきていたのでそこで食べました。
休憩時間は短めだったので、急いで食べたほうがよさそうです。

休憩所でのトイレは無料でした。

サンパウロの到着場所

到着するのはバスターミナルなどではなく、普通の駐車場のようなところですが、他にも大型バスは停まっています。
すぐ近くには中央市場(ムニシパウ・サン・パウロ/Mercado Municipal de Sao Paulo)があります。

逆ルートのバスもここから出ているようです。

この周辺の治安は、他の地域より少し悪そうに感じました。
気を引き締めて歩いたほうがいいと思います。

さいごに

これが一番安い行き方かな?と思います。
予約が面倒ですが、周りにポルトガル語を話せる人がいたら、WhatsAppでの予約をお願いしてもいいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ