ウユニからポトシへのバスでの行き方(ボリビア)

2018年12月に、ボリビアのウユニからポトシへ、バスで行ったときの移動情報です。
ポトシの安宿や、メルカドの食堂についての情報も書きました。

ウユニのバス会社

ウユニにはバスターミナルはないのですが、バス会社がかたまっているエリアがあります。
ポトシ行きは、5,6軒のバス会社から出ていたと思います。
会社によって値段と時間が違いますので、いくつかまわって聞いてみてください。

▼この辺りにバス会社がかたまっている

ウユニからポトシへのバス

チケットの購入

私たちは、出発当日の朝9:00に宿を出て、できるだけ早く出発するバスを探しました。

直近だと10:00発で値段が40ボリビアーノだったのですが、10:30発が30ボリで、しかも25ボリまで下げてくれたので、10:30発のバスに乗ることにしました。(バス会社の名前は忘れました)

バスの時間まで、事務所にバッグを預けることができます。

私たちがウユニに行ったのは12月だったので、チケットは当日に購入しても大丈夫でしたが、鏡張りのシーズンは混むかもしれないので事前に確認を。

バスの料金と時間

・バスの料金:25ボリビアーノ(約410円)
・所要時間:3時間半
・ウユニ出発:10:30
・ポトシ到着:14:00

バスについて

バスはきれいでしたが、クーラーがなかったのでとても暑かったです。
休憩なしでポトシに着きました。

【設備】
・トイレなし
・クーラーなし
・Wifiなし
・4列シート

▼ポトシまでの景色が美しかった

ポトシのバスターミナル

到着したのは、ポトシの旧バスターミナル(Ex bus terminal/Old bus terminal)です。
ウユニ発着にはこのバスターミナルが使われます。

セントロ(街の中心)までは約2kmと近いのですが、登り坂が続いていたと思います。
ポトシは標高4000メートル以上あるので、バックパックを背負って歩くのはなかなか大変そうでした。

市バスは1.5ボリで利用できます。

▼旧バスターミナルの場所

ちなみに、新バスターミナルはセントロから約4.5km離れています。
私たちはタリハに行くときに利用しました。

▼新バスターミナルの場所

▼新バスターミナル

どちらのバスターミナルにも、Wifiはありませんでした。

ポトシの安宿情報

ポトシには安宿があまりありません。
そのため、バックパッカーが行くところはある程度限られています。

Hostal La Casona Potosí

私たちが泊まったのは「Hostal La Casona Potosí」です。
セントロの広場から非常に近いです。

私たちは6ベッドドミトリーに泊まり、朝食付きで1泊40ボリビアーノ(約660円)でした。
Booking.comではドミトリーは満室だったのですが、直接行ってみたらけっこうベッドが空いていました。

【設備】
・朝食あり
・キッチンあり
・大きなロッカーあり
・スタッフは英語が少し通じる
・ツアー予約可

銀山ツアーはここでも予約できます。
英語ガイドが100ボリで、スペイン語ガイドは80ボリだそうです。

そして、キッチンがあるのですが、その使い方が非常にめんどくさい。

戸棚にはすべて南京錠がかけられていて、勝手に使えないようになっています。
なので、料理をしたいときは①スタッフに必要な食器や道具を伝え、②それに対してデポジットを払い、③使い終わったら洗って返しにいき、④デポジットを返してもらいます。

こんな宿は初めてです。
この他にもこの宿の「なんか嫌~なところ」がいくつかあって、例えば、態度の悪いスタッフ、洗濯手洗い禁止(靴下や下着もダメと明記。だけど水不足なら仕方ない)、チェックアウトが10時半、などなど。

この宿で仲良くなったドイツ人は、「君たちはこの宿が好き?俺は嫌い。汚いし寒いし雰囲気悪いし、なんか居心地が悪い。」って言ってました。わかる。

Hostal Compañía de Jesús

上で紹介したホステルのすぐ向かいに、「Hostal Compañía de Jesús」があります。

このホステルにはドミトリーはありませんが、こちらも観光客に人気の宿です。
私たちはここの個室に泊まろうと思っていたのですが、空きがなくて泊まれませんでした。

ポトシの食堂情報

メルカドセントラルの奥の方に、食堂街があります。
かなりわかりにくい、奥まったところにあったので説明します。

メルカドセントラルに入って、西の方向に進んでいきます。
行き止まりかな?と思っても、階段があるので進んでみてください。

すると、体育館くらいの広さのメルカドが現れます。
ここにも数軒食堂がありますが、さらに西の方向へ進んで奥の階段を上がると、上の写真のような食堂街にたどり着きます。
ポトシの街なかには食堂があまりないからか、かなり賑わっていました。

ちなみに、メルカドセントラルからではなく外からでも入れます。

私たちはピカンテデカルネ(12ボリ)とミラネサ(10ボリ)を食べました。
ボリビアって値段の割に量が少ないですよね。いつも足りない……。

さいごに

ウユニとポトシは、標高が高く乾燥しています。
とくに銀山ツアーに参加される方は、体調管理に気をつけてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ