世界一周中の各国1日あたりの滞在費(バックパッカー夫婦の場合)

スポンサーリンク

私たちの2年4か月の長期海外旅行(世界一周)でかかった費用を計算し、国ごと、項目ごとの1日あたりの滞在費をまとめました。

この記事では各国での滞在費のみを計算しているので、国間移動のバスや飛行機の料金は含めていません。
全体の費用や私たちの旅のスタンスについては、世界一周の費用という記事に書いています。

スポンサーリンク

各国での1日あたりの支出と滞在日数

日数支出/1日宿泊/1日食費/1日交通/1日観光/1日
中国273,3051,358922756151
ベトナム142,8519961,111233400
ラオス263,3381,0761,196452392
タイ732,8751,0601,203260118
ミャンマー273,3621,304632557390
バングラデシュ93,1981,582783469127
ネパール142,452777845196
インド372,144756675381146
パキスタン211,74696150115241
ウイグル自治区72,6181,363876379
イラン193,8138123861,271720
アルメニア92,435991770296180
ナゴルノ・カラバフ13,3681,372624
ジョージア122,4781,15378447962
トルコ92,5941,59446629857
チェコ32,4831,834456193
ウクライナ281,811771528349131
ポーランド51,873691618413125
ハンガリー81,9411,094847
バルカン半島233,9111,2996421,863107
イタリア14,4239482,817658
ポルトガル912,5921,877593102
モロッコ732,1681,15453036990
キューバ172,9901,61859463652
メキシコ632,6781,071625695106
グアテマラ152,601895621726237
コスタリカ33,1321,806531189
パナマ13,0582,328563167
コロンビア193,1276357551,356331
エクアドル122,7431,14882765494
ペルー412,798768651946295
ボリビア202,825958573700526
パラグアイ81,9631,008586369
ブラジル384,6451,7099141,614105
フランス93,5873252,361901
平均222,8551,174812545142
・各国での1日あたりの滞在費:2,855円
・1人あたり:1428円

私たちが訪れた各国での、1日あたりの2人分の支出と滞在日数です。
ビザ代なども含まれているので、滞在日数が短いと1日あたりが高くなっていることが多いです。

平均滞在日数は22日で、1日あたりの支出は2,885円でした。
ただ、それぞれの国での滞在日数にはかなりばらつきがあるので、あまり参考にならないかもしれません。

表には支出合計、宿泊費、食費、交通費、観光費のみ載せています。他にも通信費や日用雑貨費、ビザ代などがありますが、あまり1日あたりを計算する必要がないと思ったので載せていません。
ビザ代や国間の移動費も含めた旅全体の費用は、世界一周の費用という記事に書いています。

各国での滞在費に含まれているもの
・各国でかかった宿泊費、食費、交通費(市内移動・長距離移動)、観光・娯楽費、日用雑貨費、通信費、出入国・VISA費
各国での滞在費に含まれていないもの
・国間移動の交通費(バス・飛行機)

1日あたりの支出が高かった国

1位:ブラジル(4645円)
2位:イタリア(4423円)
3位:バルカン半島(3911円)
4位:イラン(3813円)
5位:フランス(3587円)

一番高かったのはブラジルでした。知り合ったブラジル人と何度も飲みに行ったことや国内交通費が他の国に比べて極端に高かったことなどが要因です。

バルカン半島は交通費(バス代)が高かったです。

イランは合計1週間以上知り合いに泊めてもらってこの支出です。観光費(入場料など)が高かったです。

1日あたりの支出が安かった国

1位:パキスタン(1746円)
2位:ウクライナ(1811円)
3位:ポーランド(1873円)
4位:ハンガリー(1941円)
5位:パラグアイ(1963円)

パキスタンでは体調を崩していて、出かけていない日が多いので安かったのだと思います。
ウクライナはとにかく安かったです。友人の家に3泊したことも大きいです。
ポーランド、ハンガリー、パラグアイは1都市しか行っていないのと自炊が多かったのが理由です。

宿泊費

・各国での1日あたりの宿泊費:1,174円
・1人あたり:587円

宿泊費は2人で500円~3500円程度でした。
バックパッカーであれば、大半の国では1泊1人2000円を超えることはないと思います。

一番高かったのはマルセイユ(フランス)のアパートメントの個室で、1泊2929円(1人1415円)。
クーポンや割引無しで一番安かったのは、サンペドロ・ラ・ラグーナ(グアテマラ)の安宿の個室で、1泊445円(1人223円)です。

1日あたりの宿泊費が高かった国

1位:パナマ(2328円)
2位:ポルトガル(1877円)
3位:チェコ(1834円)
4位:コスタリカ(1806円)
5位:ブラジル(1709円)

パナマは1泊しかしていませんが、高かったです。

ポルトガルには3か月滞在して、前半は部屋を借りていました(【ポルトガル ポルト】世界一周中に長期滞在をしよう)。後半の宿泊費はBooking.comの特典で後日いくらか戻ってきているので、最安ではない宿に泊まっていました。

1日あたりの宿泊費が安かった国

1位:フランス(325円)
2位:コロンビア(635円)
3位:ポーランド(691円)
4位:インド(756円)
5位:ペルー(768円)

フランスでは友人の家とカウチサーフィンを利用していたので、宿には1泊しかしていません。
コロンビアも同じで、宿に泊まったのは半分くらいです。

ペルーではアマゾン川のハンモック船に1週間半くらい乗っていて、船賃を交通費に含めているので宿泊費は安くなりました。

それ以外だとインド、ネパール、ウクライナ、ポーランドなどが安かったです。

食費

・各国での1日あたりの食費:812円
・1人あたり:406円

私たちはよく自炊をしていたので、一部を除いてどの国でも食費にそれほど差はなかったです。

私たちの感覚では、食費は「物価の高い国での自炊<物価の安い国での外食」だと思っています。

中国、ベトナム、ラオス、タイなどではほとんど自炊をしていないので、1食100~150円×3食×2人で600~900円+ビール代が数百円で、毎日800~1500円(1人400~750円)くらいかかっていました。
逆にポルトガルでは外食は週に2回程度で他は全て自炊だったので、ビール・ワイン代込みで1日593円(1人297円)で済んでいます。

西ヨーロッパは外食をすると日本の1.5倍~くらいかかりますが、スーパーの食材は日本(東京)よりも安いです。

1日あたりの食費が高かった国

1位:イタリア(2817円)
2位:フランス(2361円)
3位:タイ(1203円)
4位:ラオス(1196円)
5位:ベトナム(1111円)

イタリアは今回の旅では1日のみで、スーパーで2000円以上まとめ買いをしたので高くなっています。
フランスでは泊めてくれた友人やカウチサーフィンのホストに食事を作ったり、何度か外食をしました。

タイ、ラオス、ベトナム、中国は料理の単価は安いのですが、おいしいので食べ過ぎたこと、ビールを飲みすぎたこと、基本的には3食外食だったことが食費が高くなった要因です。

1日あたりの食費が安かった国

1位:イラン(386円)
2位:チェコ(456円)
3位:トルコ(466円)
4位:パキスタン(501円)
5位:ウクライナ(528円)

イランでは他の滞在費(特に観光)が高かったため、最安のローカルフードであるフェラフェルばかり食べていました。また、友人に泊めてもらっている間はほとんど食費はかかっていません。

トルコはヒッチハイクでごちそうになったことが多かったです。

チェコ、ウクライナはスーパーが、パキスタンは八百屋が安かったです。

関連 海外での節約自炊のコツとおすすめメニュー。旅中でも安くおいしく健康に

交通費

・各国での1日あたりの交通費:545円
・1人あたり:273円

交通費は物価の高さに比例する部分もありますが、都会と田舎でも変わります。

都会であればメトロやトラム、市バス網が発展していて、徒歩と組み合わせて好きな場所に好きなように移動することができますが、田舎にはそもそもタクシーでしか行けない村や、観光にレンタルバイクや車のチャーターが必要になる場所もあります。

1日あたりの交通費が高かった国

1位:バルカン半島(1863円)
2位:ブラジル(1614円)
3位:コロンビア(1356円)
4位:イラン(1271円)
5位:ペルー(946円)

バルカン半島では短期間でいくつもの国をまわったため、1日あたりの交通費が高くなりました。セルビア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチアはバス代がけっこう高かったです。

ブラジルも国内交通費が高いです。長距離バスはヨーロッパの倍くらいの料金だったと思います。

ペルーではハンモック船(宿泊・移動・食費込み)に2回乗ったので交通費が高くなっています(ユリマグアスからイキトスまでのアマゾン川ハンモック船)。

1日あたりの交通費が安かった国

1位:ハンガリー(0円)
2位:ナゴルノ・カラバフ(0円)
3位:ポルトガル(102円)
4位:パキスタン(152円)
5位:パナマ(167円)

ハンガリー、ナゴルノ・カラバフは1都市しか行っていない&街は徒歩移動だったので0円、ポルトガルは3か月滞在したので1日平均だとこんな感じです。

観光・娯楽費

・各国での1日あたりの観光費:142円
・1人あたり:71円

イラン、ペルー、ミャンマー、ボリビア、ラオスだけで観光・娯楽費全体(121,422円)の約半分を占めています(上のグラフは観光費全体に占める各国の割合です)。

観光費は国によって一番差が出た項目で、物価の高い国のほうが高いという訳でもないものです。
場所によって料金相場は本当にまちまちですが、世界遺産に登録されている場所は入場料が高い傾向にあります。

1日あたりの観光・娯楽費が高かった国

1位:イラン(720円)
2位:ボリビア(526円)
3位:ベトナム(400円)
4位:ラオス(392円)
5位:ミャンマー(390円)

イランは博物館、モスク、遺跡などお金のかかる場所が多く、かつ入場料が高かったです。それだけ歴史のある国ではあるのですが、博物館のセクションごとに別料金を設定している国はイランだけでした。

ボリビアではウユニ塩湖ツアー、ベトナムではサパのトレッキングツアー、ラオスではコーヒーワークショップ、ミャンマーではバガン遺跡が高かったです。

1日あたりの観光・娯楽費が安かった国

有料の観光スポットに行っていない国がいくつかありました。無料の博物館や公園、教会、ハイキング、街歩きだけでも楽しめる場所はたくさんあります。
観光・娯楽費が0円だった国は以下です。

ハンガリー、ナゴルノ・カラバフ、ポルトガル、パナマ、コスタリカ、チェコ、ネパール、パラグアイ、ウイグル自治区、イタリア、フランス

さいごに

それぞれの国で過ごし方は違いますが、私たちの各国での1日あたりの滞在費は2000~4000円(1人1000~2000円)程度です。
私たちはバックパッカーの中でも出費が少ないほうだと思うので、1人1500~3000円程度が一般的だと思います。

物価の安い国でも観光にお金がかかったり、マイナーな都市での宿泊費がかさんだりします。逆に物価の高い国でも街歩きだけで十分楽しめたり、自炊をすることで食費を抑えることができます。

バックパッカースタイルで世界一周や周遊旅行をするときには、是非この記事を予算の参考にしてみてください。

他に気になることや聞きたいことがあればコメントやメールで聞いてください。分かる範囲でお答えします。

Comments

タイトルとURLをコピーしました