海外旅行に持っていく基本の服6つ(女性編)

海外旅行に行くとき、現地の天気や気温がわからず、どんな服装で行ったらいいのかわからない、ということがあります。
また、行くのが1か国ではなく2,3か国ともなると、国によって天気も違うからさらに大変。

そんなときでも、海外のどこの国へ行くときも持っていったほうがいい!という思う基本の服を、わたしの今までの経験に基づいてご紹介します。

海外旅行に持っていく基本の服6つ(女性編)

1.マウンテンパーカーなどの防寒着

暑い国や季節でも、バスの中や天気の悪い日、夜は意外と寒いということがよくあるので、マウンテンパーカーやウィンドブレーカーなどの防寒着を1枚持っていることがかなり重要です。
雨が降ったときには、レインコート(雨具)としても役立ちます。

しかも小さくたためるし、ぐちゃぐちゃにしまっても大丈夫。
バックパック旅行で、空港泊などちゃんとしたベッドで寝られないときの枕代わりにもなります。

上の写真でわたしが着ているマウンテンパーカーは、パタゴニアの女性用ジャケットTorrentshellです。↓

色は紫です。
普段は絶対着ない色ですが、紫のマウンテンパーカーを着たおしゃれな人がいたので真似しました(笑)

わき下の部分がチャックで開くようになっていて、体温調節ができます。
袖部分も絞れるようになっているので、寒い時にはキュっと絞めます。

無駄がなくスタイリッシュなデザインで、気に入っています。
※世界一周旅行中に紛失しました。涙

2.薄い長袖Tシャツ(ロンT)

海外旅行には無印の長そでTシャツが必須

薄い長袖Tシャツは、夏は日焼け対策、冬は重ね着用として使います。

わたしは日焼け対策のため、東南アジアなどの暑い国でもよく長袖Tシャツを着ています。
直射日光が当たらないので、逆に涼しく感じることもあります。
暑くて我慢できなかったら、腕まくりすればOK。

日に焼けなくて済むし、急に寒くなっても対応できるしで、海外旅行中はすごく重宝します。

もう、旅行に半袖Tシャツは持っていかなくてもいいかな、と思ってしまうくらいですが、個人的に半袖Tシャツも好きなので持っていきます。
それで結局いつも焼けてしまうんですが。

上の写真でわたしが着ている長袖Tシャツは、無印良品のものです。
1000円だったので、色違いで2着買いました。
着回しでもとっても重宝します。

LOHACOで無印良品の商品を見る(1900円以上で送料無料)

以前紹介したサブバッグを今回の長期旅行中(世界一周中)にかえたので、その理由と新しいサブバッグについてご紹介します。

3.パジャマ用(室内用)ズボン

寝るときの服は、基本的に次の日に着る服を着てしまうことで荷物を減らしています。

でも、旅行中はズボンは毎日洗わないので、そのままベッドに入るのはちょっと憚られるときがあります。

そんなときにパジャマ用(室内用)のズボンの出番。
1着持っているだけで、部屋の中でも動きやすく、気持ちよく寝られます。

わたしはいつも、スポーツ用のテロテロのパンツ(半ズボン)を持って行っています。
スポーツ用の服は、やはり軽いし乾きやすいし楽です。

パジャマ用やお風呂上がり用として、マキシ丈のかわいいワンピースなんかを使う女性も多いですよね。

4.自分のお気に入りの洋服

わたしは、ファッション重視のおしゃれ服を1着だけ持っていきます。

多少かさばったり、洗いにくかったり、乾きにくかったり、着回しがしにくかったりする服でも、これを着ると気分がアガる!という服です。

この景色にはきっとあの服が映えそう!とか、あそこでこの服を着て写真を撮りたい!とか着回しに飽きたときの気分転換とかに必要です。
楽しいことをするときには、やっぱりお気に入りの服を着たほうが楽しさ倍増です。

こういった服を持って行って後悔したことはないけれど、持っていかなくて後悔したことはあります。
あとで写真を見返してもアガるので、持っていくことをおすすめします。

荷物はできるだけ少なく、それでいてオシャレな服を着たい!旅の着まわしについて、いままでわたしが旅行にいく中で見つけた、4つのコツをご紹介します。

5.ビーチサンダル

わたしは、ちょっとした散歩やビーチ以外でビーチサンダルを外で履くことはありません。

ビーチサンダルは楽だけれど、長時間歩くとすぐに足が疲れてしまったり、痛くなってしまったりするからです。

それに地面が汚かったり、虫がいそうなところをビーサンで歩くなんてわたしはできません。パックパッカーなのに。笑

バックパック旅行をしたことがない。そんなのできない!したくもない!ていうかバックパッカーってなに?そんな人に向けて、ヘタレなわたしがバックパック旅行をおすすめする理由をご説明します。

ではビーチサンダルはいつ使うのかというと、基本的に室内で使います。
ゲストハウスのスリッパ代わりはもちろんのこと、お風呂あがりに足が濡れたまま履いても大丈夫だし、 共同シャワーなどで足元が汚いときは、ビーチサンダルを履いたままシャワーを浴びます。

ビーチサンダルはビニールの手提げ袋に入れて、バックパックのどこかにぶらさげ、それを外側のポケットに収納するのがおすすめです。
こうすると取り出しやすいですし、紛失もありません。

長時間飛行機に乗るときも重宝するんです。

空港機内での服装や持ち込み荷物、注意すべき点などをまとめました。これを読んで安心して海外旅行に行けるようになってもらえればと思います。

6.ヒートテック上下

ヒートテックに限っては、東南アジアなど常に暑いとわかっているところ以外の話です。

「夏だけど夜は冷える」とか、「暑い季節のはずだけど天気が悪い」とか、「寒いらしいけどどの程度寒いのかわからない」ときなど、はっきりと気温が予想できないときには持っていいといいと思います。

今まで行ったヨーロッパ諸国やアメリカの感想は「思っていたよりも寒い」
ほとんどの場所で、寒さに我慢できず、現地でパーカーやタイツを買ってしまいました。

後になって、あ~持っていくんだった、と後悔したので、これからどこか旅行に行くときは必ずヒートテックを持っていきます。
軽いし、かさばらないですしね。

長期旅行(世界一周)向けの、かさばらない冬の服装と私たちがやっている寒さ対策について書きました。冬のヨーロッパをこれで旅しました。

さいごに

いかがでしょうか?
これはわたしの場合でしたが、何度か海外旅行をしていく度に自分にとって最低限必要なものっていうのがわかってくると思います。

わたしも旅の経験はそこまで多くはないので、これからもよりスマートな旅の準備のために研究を重ねていきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ