何をあげたらいいの?そんなカップルにおすすめの、相手に贈る「趣味」のプレゼント

長く付き合っていたり、記念日などでプレゼントをたくさん交換しあったせいで、もう何をあげればいいのかわからない。
そんな迷えるカップルに、新しいプレゼントを提案します!

スポンサーリンク

「モノ」ではなく「コト」をプレゼントする

最近よく聞く「”モノ消費”から”コト消費”へ」という言葉。
市場が成熟し、「モノ」がすでに飽和状態になっている現代では、目には見えないサービスや価値である「コト」が求められるようになりました。

長く付き合っているカップルや、結婚してしばらく経って、お互いいろんなものを贈りあってきたから、今回はなにをあげればいいのか・・・というカップルももしかしたら「モノ」の飽和状態なのかもしれません。

そんな人は日本経済の例に倣って、「コト」をプレゼントしてみるのはいかがでしょう?
「モノ」の次は「コト」をプレゼントする時代です!


「新しい趣味」というプレゼント

一つの例ですが、わたしたちは去年のクリスマスプレゼントに、「新しい”天体”という趣味」と「新しい”編み物”という趣味」をお互いにプレゼントしました。
詳しく言えば、「宇宙の本」と「編み物セット」をプレゼントしました。
ゆくゆくは、お互いがその趣味について詳しくなったら、その趣味を二人で共有したいと思っています。

私たちがこだわった点は、「今ある趣味の延長線ではないもの」というところ。
今ある趣味の延長線だと、それが本当に欲しければきっと自分でお金を出して買いますよね。

たとえば、あるアーティストがもともと好きだから、そのライブDVDが欲しいとか、コーヒーを飲むのがもともと好きだから、違う産地の豆が欲しいとか。
これだと、趣味の拡張にはなりますが、新しいことを始めるという「革新」という意味では少し弱い気がします。

そうではなく、やってみたいな、知りたいな、すこし興味でてきたな、という未知の分野へ背中を押してあげることで、知識・興味・技術などという「全く新しい世界」をプレゼントできます。
その人の守備範囲が広がるだけじゃなく、今後のお互いの生活も充実するんじゃないかな、と思います。

こんなふうに「趣味」という「コト」をプレゼントしたときと、普通の「モノ」をプレゼントをしたときとの違う点は、

  • 「コト」は、あげたらあげっぱなしではなく、趣味を共有できる
  • 「コト」は、刺激があって、人生が充実する手助けができる
  • 「コト」は、2人の知識、ひいては人間としての幅が広がる

という点だと思います。

プレゼントの決め方

プレゼント

サプライズが好きな方には向かないかもしれませんが、ちょっとこの分野気になるんだよね~やってみたいんだよね~、この知識があったらあそこに行ったとき楽しさ倍増しそうだよね~なんて相談しながらお互いの新しい趣味を探してみてください。
2人で決めたほうが、プレゼントをあげっぱなしではなく、その後も趣味を共有しやすくなるからです。

サプライズで、一方的に趣味のきっかけになりそうなものをプレゼントしても、趣味まで至らず一回きりで終わってしまう可能性が高いような気がします。
本人が、少し気になっている分野、というところが趣味につなげるためのポイントです。

プレゼントの例

  • 今まで興味はあったけど手を付けたことがなかった天体について知りたい!きれいな星が見えるところに行ったときに、星についてわかればもっと楽しめる!
     →宇宙の本
  • フランス語圏に旅行に行ったときに、フランス語でコミュニケーションが取れるようになりたい!
     →フランス語参考書
  • 紅茶はいままで飲む専門だったけど、淹れるほうにも興味が出てきた!
     →ポット、茶葉
  • 家具が壊れたが、新しいものを買うのもいいけど、自分で直してみたい!
     →DIY工具セット

などなど。別に値段は高くなくてもいいんです。

さいごに

充実した人生を送るための一つのきっかけとなる道具を相手にプレゼントできるのは喜ばしいことだと思います。

わたしは、今までやってみたいと思っていたけれど、手を付けたことがなかった編み物という新しい世界に挑戦します。
手がかなり不器用なので相当苦戦するだろうとは思いますが、かわいい帽子や手袋を作れるようになりたい!という目標もあります。

編み物を覚えたら教えてあげるよ、とか旅先で会った子供たちにも教えられるかも、とか小物を作って売りながら旅をするのもいいね、なんていって、視野が広がった未来に思いを馳せています。

プレゼントに悩んでいるという方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

https://unusual-web.com/?p=2194