機械音痴がiphoneからandroid(p8lite)に乗り換えた感想と注意点

スマホをiphone5sから、HUAWEI(ハーウェイ)のp8lite(ピーハチライト)に買い替えました。
SIM会社はmineo(マイネオ)で、データ通信+音声通話用のSIMです。

高校生のときからipod touch→iphone4→iphone5s・ipadと、apple製品しか使ってこなかったわたしが、初めてのandroid製品に乗り換えてみて、感じたことをまとめました。

ちなみにはわたしは「ハーウェイ」を「ヒューウェイ」、「マイネオ」を「ミネオ」と言っていたくらいスマホには無知です。
そして機械音痴です。記事中でちょっと難しそうな言葉を使っていたら、それは調べたか、詳しい人に教えてもらったかのどちらかです。
そもそもわたしひとりだったら小難しそうな格安スマホだとかsimフリー携帯に替えようとは思いません。

この記事は、そのレベルの者が書いていると思ってください。
iphone(5s)からアンドロイド(p8lite)に初めて乗り換える、機械音痴な方はきっと共感してくれると信じています。
そのほかの方は、へぇーと思って読んでください。

最近、日本でもsimフリーの携帯端末が増えていますね。ベトナム、フィリピンで現地SIMを使ったので感想と買い方のメモを記事にしておきます。
スポンサーリンク

HUAWEIのp8 liteについて

p8liteのデザイン

大きくて薄いです。そしてとても軽い。
iphoneよりも角ばっている印象です。
iphoneでいうホームボタンはなく、画面上に、戻る・ホーム・アプリ切り替えのマークが表示されます。

huaweiのp8liteの表面

背面はヘアライン加工でかっこいい感じ。
無駄なものは特にありません。

huaweiのp8liteの裏面

冬でわたしの手が乾燥していたからなのか、つるつる滑って何度か落としてしまったので、磨き砂面カバーを付けて滑りにくくしました。
これでかなり使いやすくなりました。
手帳型のスマホケースなどたくさん売られているので、好みのものを見つけられると思います。

huaweiのp8liteの磨き砂面カバー

p8liteの評判

評判はかなり良く、この値段でこれだけのスペックをもつ格安スマホはないといわれています。
実際に家電量販店に行って店員さんにおすすめを聞いたら、やはりこのp8 liteを勧められました。

また、ドロワーがないことや、アイコンのデザインなどからiphoneを意識していると言われることが多いです。

iphoneからp8liteに乗り換えての個人的評価まとめ

iphoneから乗り換えてよかったことは、なんといってもその安さ
機能性を含めても「替えなければよかった」という後悔はなく、むしろ便利になっていることもあり、満足しています

とはいっても操作においてはまだまだ戸惑うことばかり。
慣れたり、カスタマイズしたりすれば気にならなくなるのでしょうが。

わたしは今まで、時代の流れに流され、何が良いのかもわからず当然のようにapple製品を使ってきました。
(今までの遍歴:ipod touch → iPhone4 → iPhone5s・ipad)

そんなわたしが、初めてのandroid製品であるHUAWEIのP8liteに乗り換えて1か月経って感じた、操作性においての「戸惑いあるある」を羅列しました。
わたしと同じような人は、注意点として見てもらえればと思います。
改善策も追記しました。

戸惑ったところ(p8lite初期設定時の)と改善策

・大きくて角ばっているので手になじまない。→そういうもんだと思うことにした
・電源ボタンと音量ボタンを押し間違える→慣れた
・片手で操作できない。(例えばフリック入力で一番親指から遠い「い」がうまく打てない)→そういうもんだと思うことにした
・文字入力で、違うところがタッチされ変換が思い通りにいかない。→少し慣れてきた
・文字変換候補の気が利かない。よく使いそうな漢字が下のほうにある。(iWnn IMEキーボード使用)→まず下から探す
・文字を入力して確定したあとに、1文字削除しようと削除ボタンを押すと、1回押しただけでは文字は消えず、2回押さないと一文字削除されない。(iWnn IMEキーボード使用)
・するする滑ってすぐ落とす。(冬で手が乾燥しているのもあり)→磨き砂面のスマホカバーを購入し改善
・画面ロック解除時のスライドで、うまく開かないことがある→画面ロックアプリをインストールし改善
・アプリ使用中にときどき固まり「応答していません」と出る。
・instagramやtwitterの動画がたまに見れなくなる。→一度電源を落とすと直る
・ギャラリーフォルダが細かく分かれすぎている。→アルバムアプリをインストールする必要あり
・バイブの振動が小さくて通知に気づかないときがある。
・通知音を最小にしているにもかかわらず音が大きい。
・URLをクリックしたりすると、いちいち「IEで起動?Chromeで起動?」などを聞いてくる。→これはandroid全般らしい。「常時」を選択することに。
・ホーム画面のアプリアイコン右上に表示されるアイコンバッチ通知機能がない。
・画面ロック時に来たLINE通知などをタップしてもワンタッチでアプリが開かない。(トースト通知というらしい)
・文字入力の際、左右に移動ボタンがあるのはいいが、長押しで移動できない。
・フリック入力表示から、キーボード入力表示に切り替えるとき、2秒くらいかかる。(最初フリーズかと思った)
・動画や音楽を聴いているときに通知が来ると、一時停止になる。(最初に戻ったりする・・・)
・目覚ましのスヌーズの消し方がわからない→通知をタップ(フリックではない)
・スクショをしたあとの間が長い。
・スクショすると、戻る・ホーム・アプリ切り替えのマークまで写る。
・充電をしながら操作すると、動きがおかしくなる。(これが一番の悩み)→充電器を替えたら改善!相性があるみたい。

羅列してみたらこれだけありました。(笑)

便利になったところ

・画像の全選択ができる。
・いろいろ細かくカスタマイズできる。ウィジェットなど。
・初期設定の目覚まし音や電話音が心地よい音楽。(二度寝してしまいそうになる)
・ダブルタップで画面オンできる。
・アプリのインストール時、前のものがインストール完了していなくても次のものをインストールできる。
・SDカードが入れられる。
・充電の線の汎用性が高い。


まとめ

アンドロイドって勝手なイメージですが、機械に強くて自分でいろいろとカスタマイズしたり、ある程度知識がある人が使いこなしているイメージがあります。

apple製品はできることがだいたい決まっていて、カスタマイズがほとんどできない仕様になっていました。(ということに気が付きました)
そのため、まぁこういうものなんだなと、自分のほうからiPhoneの仕様に合わせて使用していくうちに、慣れて非常に使いやすくなっていました。

「文字入力の際、左右に移動ボタンがあるのはいいが、長押しで移動できない。」
これなんかは、ガラケーからiphoneに替えたときに、
え!iphoneって文字入力で左右に移動できないの?!ってかなり驚いた(バカにした)箇所だったんですが、いまや長押しであの虫眼鏡が出てこないとイライラしてしまいます。

すべては慣れですね。

動作が少し遅いことや固まることに関しては、安いからある程度は仕方ないかな、と思っています。
その場では「もう!」とイライラしますが、月々の携帯代が4000円も安くなったことや、海外でもSIMを購入すれば日本と同じように使えること、SDカードが入れられることなどを考えれば、ほとんどのことには目をつぶれてしまいます。
むしろ、なんでiphoneはSDカードが入れられなかったんだって今になって思います(笑)

今後は自分に使いやすいようにカスタマイズしていければと思います。
また情報があれば追加していきます。

渋谷や新宿といった東京の繁華街には駅が沢山あります。待ち合わせの駅に行くために乗り換えたら1分で隣の駅について、「あれ?これ乗る必要あった?」みたいなことありますよね。 乗る必要ないです!

https://unusual-web.com/?p=3755