【海外旅行保険】世界一周・海外旅行に持っていくクレジットカード選び

わたしたちはバックパッカースタイルで世界一周旅行をしています。

この記事では、世界一周・海外旅行をする人向けに、海外旅行にクレジットカードを持っていく理由と海外旅行保険の詳細を説明します。
そして、わたしたちが世界一周(長期旅行)に持っていくことにしたおすすめのクレジットカードも紹介します。

世界一周・海外旅行にクレジットカードは必要か

世界一周・海外旅行にはクレジットカードが必要だと思います。

わたしは世界一周のような長期の旅でも、数週間の短期の旅でも、旅には必ず何枚かのクレジットカードを持っていきます。

その理由を以下に挙げます。

海外旅行保険

クレジットカードには、たいてい海外旅行保険というサービスがあります。
海外旅行中に事故に遭ったりケガをした際に、海外旅行保険で定められた範囲内の補償額が支払われるというものです。

詳しくは記事の後半で説明します。

わたしたちも海外旅行保険の内容を軸に、世界一周用のクレジットカードを選びました。
クレジットカードのグレード(ノーマル・ゴールド・プラチナなど)によって海外旅行保険の補償内容は変わります。

身分証明になる

海外では、(パスポートを除いて)日本の身分証を持っていてもあまり意味はありません。
その点、クレジットカードは世界共通で利用できるものであり、持ち主の信用を証明するものにもなります。

現金より安全

海外旅行中に現金を紛失した場合、取り戻すのは困難ですが、クレジットカードの場合はカード会社に連絡すればすぐに利用停止することができますし、万が一不正利用されたとしても補償されることが多いです。

わたしも一度モロッコでカードを紛失しましたが、電話してすぐに利用停止することができました。

何人かの旅仲間に聞きましたが、暗証番号を利用したクレジットカードの不正利用の場合は、補償されないこともあるようです。

現地通貨を引き出せる

クレジットカードの海外キャッシング機能を利用すれば、海外のATMで現地通貨を引き出すことができます。
レートや手数料によっては両替所で両替するよりもお得な場合があります。
旅先で急に現金が必要になった時には便利です。

ただし、あくまでもキャッシングなので事前にクレジットカードのキャッシングの仕組みや返済方法を確認しておくのが良いでしょう。

学生の場合はキャッシング枠が0円に設定されていることもあるので、これも要確認です。

クレジットカードでしか支払いできないことがある

海外の航空券や鉄道やバス、ホテル、観劇、スポーツなどのインターネットからのチケット予約や、街なかのレンタサイクルの料金決済など、クレジットカードでしか支払いができないことがたまにあります。

このパターンは意外に多いので、世界一周(海外旅行)に行くなら、最低1枚はクレジットカードを持っておいたほうが良いと思います。

わたしはVISAとMASTERの2つのブランドのクレジットカード(つまり、最低2枚)を持っておくことをおすすめします。

券売機やインターネット決済、現地ATMでVISAしか使えない、MASTERしか使えない、という場面がたまにあるからです。

特典を利用できる

クレジットカードのブランドや種類によりますが、海外旅行に行く際に便利な、様々な特典があります。

例えば、海外でのレンタカー料金が割引になったり、Expediaなどの予約サイトで割引に使えるクーポンが貰えたりします。

また、ゴールドカード以上のカードなら国内空港のラウンジが無料で利用できたり、自宅ー空港間の荷物配送サービスや、空港での上着・荷物の預かりサービスが割引価格で利用できたりもします。
20代向けの、年会費の安いゴールドカードもありますので、社会人であればゴールドカードを申し込むのもおすすめです。

1年以上長期旅行(世界一周)を続けていて、「やっぱりAmazonプライムいいな」と思ったので、旅に役立つAmazonプライムの特典を紹介します。

ポイントが貯まる

通常、クレジットカードを利用すると、だいたい利用金額の0.5%~1%のポイントが貯まります。(これもクレジットカードの種類によります。)
ポイントは航空会社のマイルに移行したり、Amazonギフトにしたりして利用できます。

海外旅行の際には航空券や宿泊代など、普段よりも大きな出費があります。これをクレジットカードで支払うことでたくさんポイントが貯まります。
それだけでも現金払いよりお得ですが、クレジットカードによっては海外での利用の場合、ポイントが2倍や3倍になることもあります。

クレジットカード付帯の海外旅行保険について、詳しく知る

次に、クレジットカード付帯の海外旅行保険について、詳しく説明します。

この記事を書くにあたって色々調べ直しましたが、全ての内容について確実とは言い切れませんので、気になるところは必ずご自身で確認していただくようお願いします。
クレジットカード付帯保険で旅をしたいけれど、実際に病院を利用するときの使い方がよくわからないという方のための記事です。

海外旅行保険の種類

クレジットカード付帯の海外旅行保険は、大きく分けて2種類あります。
自動付帯と利用付帯です。

  • 自動付帯:そのクレジットカードを持っているだけで、海外旅行保険が適用される(クレジットカードを海外旅行に利用しなくても良い)。
  • 利用付帯:そのクレジットカードを海外旅行の交通費(飛行機、バス、電車、タクシーなど)、またはツアー代などの支払いに利用した場合、海外旅行保険が適用される(クレジットカードを海外旅行に利用しなければいけない)。

補償内容・補償額

海外旅行保険の補償内容は大体のクレジットカードで同じですが、補償額はカードによって異なります。
ノーマル~ゴールドカードの一般的な補償内容と、最大補償額の相場を書いておきます。

海外旅行中に主に利用するのは、傷害・疾病治療費と携行品損害くらいだと思います。

傷害死亡・後遺障害

ケガで死亡したり、後遺障害が生じた場合に支払われる。
最高1000万~1億程度

傷害・疾病治療費

ケガや病気の治療費(病院代)が支払われる。
キャッシュレス(現金建て替えなし)で診察を受けることも可能。
50万~300万程度

賠償責任

他人にケガをさせたり、他人の物を壊してしまった場合に支払われる。
なし~5000万程度

携行品損害

持ち物が盗難に遭ったり、破損した場合などに支払われる。
なし~50万程度(たいていは自己負担3000円)

救援者費用

被保険者の家族が現地に渡航する際などに支払われる。
なし~500万程度

その他

航空機の遅延や欠航、ロストバゲージなどの際に最大で4~10万円程度支払われることがあります。

保険適用期間

この項目は、3か月以上海外旅行を続ける人向けです。

ほとんどのクレジットカードは、海外旅行保険の適用期間を旅行の出発から最長90日間(3か月間)と定めています。
そのため、世界一周などの3か月を超える長期旅行の際には、クレジットカードの保険だけではまかなうことができません。

しかし、利用付帯のカードを組み合わせることで、この期間を2倍の180日間(6か月間)にすることができます。

利用付帯の場合、付帯条件と保険の適用期間の定め方が2パターンあります。

  • 出発前利用パターン日本出国前に国内で旅行のための公共交通機関(飛行機、バス、電車、タクシーなど)の料金をカードで支払った場合
  • 出発後利用パターン日本出国後に海外で旅行のための公共交通機関(飛行機、バス、電車、タクシーなど)の料金をカードで支払った場合

多くの利用付帯のクレジットカードは出発前利用パターンのみを海外旅行保険の適用対象としていて、出発後利用パターンを対象としているカードは多くありません。
しかし、出発後利用パターンを有効としているカードの場合、保険の適用期間がカードの利用日から90日間となります。

この出発後利用パターンを有効としているカードを、自動付帯、または利用付帯出発前利用パターンのカードと組み合わせることで、180日間(6か月間)の間、海外旅行保険を適用させることができます。

1枚目のカード(自動付帯または利用付帯出発前利用パターンのカード)で最初の90日間をカバーし、91日目に2枚目のカード(出発後利用パターンを有効としているカード)を利用して、その日からさらに90日間をカバーするということです。

実際にわたしたちはこのようにやりくりして、海外旅行保険の適用期間を維持しています。
初めて聞いた人にとっては難しく思えるかもしれませんが、知っている人はこうやって使っています。

世界一周のような長期旅行の場合、普通に海外旅行保険(世界一周保険)に加入すると年間10万円くらいかかります。

バックパッカーにとって10万円は非常に大きな額です。
お金に余裕のある人は海外旅行保険(世界一周保険)に加入するのが良いと思いますが、そうでない人は、クレジットカードの海外旅行保険の仕組みを理解して活用することをおすすめします。

上の例では180日間までしか書いていませんが、もちろん出発後利用パターンのクレジットカードがあれば保険適用期間をもっと長くすることができます。

・1年間の世界一周をクレジットカードの海外旅行保険でカバーしようとする場合
→最低4枚のカードが必要です。

複数の保険の補償額を合算することができる

複数のクレジットカードを持っている場合、それぞれの海外旅行保険の補償額を合算できることがあります。

以下にまとめました。

補償内容 複数のカードの海外旅行保険が適用されている場合
傷害死亡・後遺障害 上限が最も高い保険の補償額を限度額として、それぞれの保険で按分
傷害・疾病治療費 それぞれの保険の補償額を合算した額を限度額として、それぞれの保険で按分
賠償責任 それぞれの保険の補償額を合算した額を限度額として、それぞれの保険で按分
携行品損害 それぞれの保険の補償額を合算した額を限度額として、それぞれの保険で按分
救援者費用 それぞれの保険の補償額を合算した額を限度額として、それぞれの保険で按分

傷害死亡・後遺障害については、限度額が最も高い保険の補償額が適応されますが、それ以外は合算(上乗せ)することができます。

この観点からも、世界一周(海外旅行)には複数枚のクレジットカードを持って行くことをおすすめします。

わたしたちが使っているクレジットカード

世界一周(長期旅行)にクレジットカードは何枚必要か?

わたしたちは「世界一周(長期旅行)に持っていくクレジットカード」という視点で、4枚(実質6枚)のカードを選びました。

枚数は多いですが、わたしたちは世界一周中の海外旅行保険を全てクレジットカードの付帯保険でまかなっているので、これくらいの枚数が必要だと思っています。

もちろん、海外旅行保険の内容を最重要視して選んでいます。

6枚中3枚がゴールドカードです。
理由は、ゴールドカードは海外旅行保険の補償額が一般カードよりも高く設定されているからと、いずれのカードも年会費を安く抑えられるor初年度年会費無料だったからです。

それぞれ家族カードを発行して夫婦二人分の保険を適用することができます。
なので、わたしたちと同じ夫婦バックパッカーの人には特におすすめです。

世界一周に何枚のクレジットカードが必要か、というのは、海外旅行保険をクレジットカードだけでカバーするのか?補償額の合算をするのか?によって変わります。

・1年間の世界一周をクレジットカードの海外旅行保険でカバーする場合
→最低4枚、補償額の少ないカードを合算する場合は6,7枚必要だと思います。

世界一周をする旅人の間では「楽天プレミアムカード」が人気ですが、わたしたちは使っていません。

楽天プレミアムカードが人気の理由は、プライオリティ・パスを無料で発行することができ、世界各国の空港ラウンジを回数無制限で利用できるからです。

しかし家族カード会員はプライオリティ・パスを発行することができないため、夫婦でも二人分の年会費(10800円ずつ)が必要になります。
そもそも、わたしたちはほとんど飛行機に乗らないので、プライオリティ・パスのためだけに楽天プレミアムカードを持つ必要はないと判断しました。

三井住友VISAプライムゴールドカード

年会費:5,000円+税

三井住友VISAプライムゴールドカードは、もともと持っていたということもありますが、改めて他のカードと比較してみても優れていると思い、メインカードとして使っています。

ちなみにこのカードは20代限定のカードです。
30代以上用の(通常の)三井住友VISAゴールドカードとの違いは、年会費が安いことくらいです。

その年会費ですが、初年度無料、2年目からは5000円です。
ただ、所定の条件を満たせば1500円まで下げることができます。

年会費実質1500円という安さで、海外旅行保険の内容は他カード(同じくらいの年会費のカード)と比べてもトップクラスなので、20代の方は申し込んでしまっていいと思います。
(会社を辞めて世界一周に行く予定の人は、辞める前に申込んだほうが審査に通りやすいと思います。)

また、ゴールドカードの特典として、国内空港ラウンジを使うことができます。

海外旅行保険

傷害死亡・後遺障害 最高5000万
傷害・疾病治療費 300万
賠償責任 5000万
携行品損害 50万
救援者費用 500万

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費 : 29,000円+税

ちょうど初年度年会費無料のキャンペーンをやっていたため入会しました。

アメリカン・エキスプレスはトラベルサービスの充実度が高いことで有名です。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのトラベルサービスをいくつか挙げると、

  • 国内空港ラウンジが利用できる。
  • 年会費無料でプライオリティ・パスのスタンダード会員(海外の空港ラウンジが年に2回まで無料で利用できる)になれる。家族会員も無料。
  • 出発時に自宅~空港、帰国時に空港~自宅まで、荷物を無料で配送してもらうことができる。

などがあります。
(他にもありますが、詳しくは公式サイトを参照してください。)

世界一周やバックパッカーなどの節約旅行で活躍する機会は多くないかもしれませんが、海外旅行保険の補償額が高いので、初年度無料ならいいと思いました。

一時帰国時に、関西国際空港から東京の自宅に手荷物配送サービスを利用しました。簡単に利用でき便利でした。

また、海外旅行と関係ないんですが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの大きな特典として、「ゴールド・ダイニング by 招待日和」というものがあります。

これは、国内外約200店舗のレストランで、2名以上でコースを予約すると1名分が無料になるサービスです。
誕生日や記念日、友人との食事などで年に何回かは高級レストランに行く機会があるので、それだけでも年会費の元が取れそうです。

このサービスは帰国後に使おうと思います。笑

ちなみにアメリカン・エキスプレスのゴールドデスクに何回か電話したことがありますが、とても丁寧で感じのよい対応でした。

海外旅行保険

傷害死亡・後遺障害 最高1億
傷害・疾病治療費 300万
賠償責任 4000万
携行品損害 50万
救援者費用 400万

JCB GOLD EXTAGE

年会費:初年度年会費無料・次年度以降3,000円+税

もともとJCBゴールドカードを持っていたのですが、JCB GOLD EXTAGEという20代向けのカードがあったので、発行しなおしました。
三井住友VISAプライムゴールドのJCB版という感じです。

JCB GOLD EXTAGEは通常のゴールドカードよりも年会費が安く、海外旅行保険(利用付帯)の補償額は比較的高めに設定されています。
国内空港ラウンジの利用も可能です。

このカードの一番の魅力は、旅行出発後の利用でも海外旅行保険が適用されることです。
上で紹介した、利用付帯の出発後利用パターンが有効だということです。

世界一周など、3か月以上の長期の旅行の際には、非常に利用価値が高いカードです。

20代で旅行期間が半年(6か月)以内なら、海外旅行保険のメインは三井住友VISAプライムゴールドと、JCB GOLD EXTAGEの組み合わせで十分だと思います。

海外旅行保険

傷害死亡・後遺障害 最高5000万
傷害・疾病治療費 200万
賠償責任 3000万
携行品損害 50万
救援者費用 200万

リクルートカード

年会費:永年無料

年会費永年無料で、海外旅行保険の利用付帯出発後利用パターン対応、補償額もなかなか良いです。

リクルートカードにはVISA、JCB、MASTERの3つのブランドがあり、カードの発行会社がそれぞれ違います(VISA/MASTERは同じ)。
そのため、VISA(またはMASTER)とJCBの両方のリクルートカードを持つことができます。

わたしたちは、リクルートカードを1人3枚ずつ持っています。
夫名義のVISAとJCBと、妻名義のVISA、そしてそれぞれの家族カードです。
家族カードをお互いに発行できるのがすごいです。

もちろん全て年会費は無料で、海外旅行保険の内容も同じです。

すぐに発行できるし、補償額の合算上乗せ用に持っておくと便利なので、世界一周など長期の海外旅行でクレジットカード付帯の海外旅行保険を検討しているなら、必ず1枚は持っておくべきです
年会費無料なので、絶対に損はしません(特に、節約派のバックパッカーにおすすめです)。

リクルートカードについては↓こちらの記事に詳しく書いています。

世界一周に持ってきているクレジットカードの一つ「リクルートカード」の特徴とおすすめの理由を紹介します。

海外旅行保険

傷害死亡・後遺障害 最高2000万
傷害・疾病治療費 100万
賠償責任 2000万
携行品損害 20万
救援者費用 100万

おまけ: マネパカード

わたしたちが世界一周旅行の際に海外のATMでお金をおろすときに使っている、マネパカードについて紹介します。

クレジットカードではありませんが、世界一周や海外旅行に便利なマネパカードを紹介しています。

さいごに

かなり長い記事になってしまいました。
世界一周や海外旅行のためのクレジットカードを検討している方の参考になれば幸いです。

ミャンマーでやられた虫刺されの犯人を探り、薬をもらうためバンコクホスピタルへ。南京虫のために捧げたバンコクでの1日。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ