【2017 ネパール② カトマンズ】しっくりこない街歩き

スポンサーリンク
これまでの旅のルート
東京→香港→中国→ベトナム→中国②→ラオス→タイ→ラオス②→タイ②→ミャンマー→タイ③→インド→バングラデシュ→インド②→ネパール→インド③→パキスタン→中国③→東京→タイ④→マレーシア→イラン→アルメニア→ジョージア→トルコ→チェコ→ドイツ→オランダ→スイス→ドイツ②→ウクライナ→ポーランド→ハンガリー→セルビア→マケドニア→アルバニア→コソボ→モンテネグロ→クロアチア→スロベニア→イタリア→ポルトガル

メイです。

昨日はトルコで会った大生くんと再会して飲みに行きました。
本当に変な人って、自分が変なことに気づいていないんだなと思いました。笑

2017 世界一周 ネパール
旅行記旅のコラム宿情報旅の情報
スポンサーリンク

街歩きとトゥンバと目の化粧

2017/4/9 カトマンズ

起きたときに天井を見て、こんな部屋に泊まってるなんて!と再び感動した。
それに、インドと違って蚊がいないって最高だな。
寝起きに汗もかかないし、気温が最高。

昨日した宿との約束どおり、1000ルピーの部屋に移動。
明らかにランクは落ちるし日当たりは悪くなっちゃったけど、十分十分。

昼過ぎに、とりあえずダルバール広場に向かって歩く。

ダルバール広場へ

う~~砂埃がきつい。話には聞いていたけれど。

一応地面はコンクリートなのに、なんでこんなに砂埃が立っちゃうんだ?

▼写真ではわかりにくいけど、肉眼だと道全体に砂埃が舞っている

わたしは喉が弱いからこれはなかなかきつい。明日からはマスクをつけて外出しよう。
見ていると、現地人ほどマスクをしている気がする。

少し道を歩くと、プッシャーに声をかけられる。
ハシシ?チョコ?(大麻樹脂)と。
ここに来る旅人は買う人が多いんだろうな~。

ローカル色の濃くなった辺りで見つけた食堂で昼ごはん。

▼バフモモ。ここのタレはおいしかった。 ※バフ=バッファロー=水牛

▼チョーメン

モモ屋の息子がイケメンだった。
ネパール人は顔が東アジアっぽい人が多いので、わたしのタイプの顔が増える。

別にイケメンを求めているわけではないし、インドでもイケメンいないな~とか思っていたわけじゃないけど、やっぱりいると気がつくよね。

人だかりがあったので、なんだなんだと覗いてみるとラッシー屋だった。

▼赤い文字の看板

スモール40ルピー(約44円)。おいしかった~

その少し先にまた人だかりがあって、そこもラッシー屋だった。

ダルバール広場に到着。
入ろうとすると、受付?というか警察っぽい人に呼び止められ、チケット、と言われた。
入場料1000ルピー(約1100円)。

えっそんなに高いの!
今日のところはやめておこう……。

来た道と違う道で、色々物色しながら戻る。

▼PILOTの専門店があって、文房具好きは興奮

▼スパイス欲しい

▼豆腐は親近感

しっくりこない、カトマンズ

歩いてて思ったけれど、うーんなんだか、カトマンズしっくりこない。

なにが気に入らないのか考えてみたら、たぶん店があんまりおもしろくないのと、砂埃と、歩きにくさ。

狭い道なのにバイクや車の通りが多くて、いちいちそれを気にしなきゃいけないのがけっこうストレス。

後ろからバイクか車が来ると、立ち止まって1台先に行かせる。するとすぐにまた次の1台が来る。立ち止まる。

2人横に並んで歩くことも難しいし、立ち止まると後ろの人に邪魔になるし、反対側のお店を見ようと向こう側に渡るのも一苦労。

地面がボコボコだから足元を気にして、バイクや車も気にして、具合が悪くなりそうなほどの砂ぼこりで、なんか街歩きが面倒になってくる感じ。

街歩きがメインなのに、街歩きがあんまり楽しくない。困った。

宿の近くで、いいお店を見つけた。
こういうのがあるから街歩きは楽しいんだけど。

▼バフモモ

ここ、ポテトがある!しかもシナシナ系の。
しかも30ルピー!(他のところは190ルピーくらいする)
これは食べるしかない。明日食べよ。

▼道幅の4分の3を工事中

一旦宿に戻ったら停電していた。
でも緊急用電気が1つ付いているので問題ない。

宿の人に、「日本人は1時間くらいホットシャワーを浴びるけど、それは控えてね」と言われた。
1時間はさすがにないけど 、シャワー好きのシュン君、気をつけようね笑

チカさん

夜ごはんは、ネットで調べた「スモールスター」というお店へ行くことにした。

スープモモが120ルピー(約132円)。
バフカレーライスが130ルピー(約143円)。
トゥンバが90ルピー(約99円)。
全部良心的な値段だ。

120ルピーってつまり40バーツだもん、全然アリ。
120円って考えると安くないなと思うけれど、40バーツと考えると普通な気がしてくるから不思議。笑
これからはバーツに換算して考えることにしよう。

▼店内。客層は、観光客とローカルの人たちが半々くらい。

料理を待つあいだ、店内から日本語が聞こえてきた。
声が大きいので内容が丸聞こえだ。

「チカさん!今日だけ!ぼくの彼女になりませんか!チカさんぼくにいいました、幸せを探す旅だと!チカさんいま幸せですか!大切な人、いますか!」

おそらく最近会ったばかりの外国人男性(おそらく韓国人)が、日本人女性を口説いている。
旅から始まるラブ、いいですな。
夫婦旅だと、もちろんこういうのは皆無です。

▼たっぷりのスープモモ。チンゲンサイみたいなのとトマトが入ってるのがいい。

▼バフカレー。味付けはインド・ネパールぽくないというか、日本ぽいというか。とにかくおいしい。

▼トゥンバというネパールのお酒。お湯を注ぎ足しながらチューチュー吸う。

トゥンバは、ホットビアーとも呼ばれるらしい。
わたしは甘みが日本酒っぽいと思った。
とても飲みやすい。

全部おいしくて、満足だった。
ここはぜひともまた来たいお店だ。

道は20時ごろになると、少し暗くなっていた。
観光客エリアなのに意外だ。
でもときどきクラブミュージックが聞こえてきたりして、やはり観光客エリアだなと思った。

さっきの男女が、バーに入って行ったのが見えた。
チカさんは1日彼女になったんでしょうか。

▼あららら。自転車大変。

一旦戻って、21時半になると半額になる「Hot Breads」というパン屋へ行った。
パンは結構な数が残っている。

店内にはすでに欧米人が10人ほどいて、トレーを持って待機していた。
そして時間になった途端、みんな一斉にパンをとってレジへ向かった。

半額でも40~100ルピーとそこまで安いわけではないので、朝ごはん用に2、3個だけ買って帰った。

風呂上がり、シュンに「目の周りだけ全然化粧取れてないよ」と言われた。
「え?旅始まってから目に化粧したことなんてないんだけど!」って言ったら、「でもほら、黒いじゃん!」って言われて鏡見たら、クマだった。

ていうか、今まで目に化粧していると思ってたのか……。

Comments

タイトルとURLをコピーしました