【2014 モロッコ④ タンジェ〜フェズ】フェズ新市街

スポンサーリンク

2014.2.6~3.6 ポルトガル、モロッコ、イスタンブールを旅行したときのタンジェ~フェズの記事です。

2014.2.6~3.6 ポルトガル、モロッコ、イスタンブール
スポンサーリンク

フェズ新市街

2/14 タンジェ~フェズ

フェズには鉄道で行った。モロッコでは電車にも乗りたいと思っていた。
モロッコの国鉄はoncfといって車両も駅も清潔だった。
フランスの国鉄がsncfだからここもフランスとのつながりかなーと思ってたらやっぱり技術支援があるみたいで、今後はフランスが誇る高速鉄道TGVの導入も検討されているらしい。

moro4-1

タンジェからフェズは所要5時間で2等105DH。
2等でもきれいな服装の人ばかりしか乗っていなかった。

タンジェの駅で英語の流暢な男性に話しかけられた。
フェズで福山雅治と写真を撮ったことがあり、日本人を家に泊めたこともあるらしい。

モロッコだけではないけど、この手の流れで家に泊めてくれたり観光案内をしてくれて、最後にお金を請求されたり持ち物を摺られるという事件をよく聞く。
だからこういう風に急に話しかけてくる人に対してどう思うか、いつも迷うところだ。
旅中はオープンマインドでいないと楽しめないとは思いつつ、常に警戒心も忘れられない。
旅の中盤以降は自然と、だいたい90%オープンマインドになっているけど、このときはまだモロッコ序盤で結構冷静だった。

結局このときは喋っただけで終わって何もなかった。
人との関わりは一番の楽しみであるのと同時に一番の危険にも繋がりかねない。この辺のバランス感覚が無意識でちょうど良くなると、そこから旅がもっと楽しくなる。

男性の話し方に好感が持てたことと、一等車に去っていくのを見て、話は嘘ではないような気がした。ただのおしゃべり好きなおっちゃんだ。

moro4-2

その男性が言うには、フェズで安く泊まるならユースホステルがいいと言っていたので、ユースに泊まることにした。
ユースは新市街にあった。
ドミトリー朝食付きで75DH。部屋には誰もいなかった。

モロッコに来てから(まだタンジェとフェズだけだけど)思ったことは、やっぱり旧フランス植民地だったんだなということ。
ベトナム、ラオスもそうだったけどバゲットがうまい、コーヒーがうまい。
パン屋もそこら中にある。

▼カフェではだいたいこのコーヒーが出てくるみたいだ。(4~7DH程度)
moro4-5

moro4-4

16時過ぎ、メディナへ出かけようと思ってユースのオーナーにメディナへの道を聞いた。
「メディナへの道を教えて下さい」
「メディナ?今日は金曜日だからメディナは休みだよ」

そうだった。金曜日はイスラムの休日だ。
ほんとに閑散としているのかは分からないけど距離もけっこうあるのでメディナに行くのはやめた。

することがなくなってしまったので新市街を歩くことにした。
大通りを中心にたくさんの店があった。
カフェもあるし、服屋もある。たまに屋台も出ていて、ヨーロッパライクな新市街をベースにすこしモロッコの雰囲気を醸し出していた。
ジュラバと呼ばれる衣装を着ている人も多く、モスクもある。

moro4-6

▼ひき肉のサンドイッチ10DH
moro4-3

夜道をふらふらしていると、人だかりができていた。

moro4-7

moro4-8

ピリ辛コロッケと目玉焼きのサンドイッチにさらにコロッケが2つ
このボリュームで4DH。

moro4-9

地元の人が多いところは安くてうまい。

Comments

タイトルとURLをコピーしました