タイ・バンコクのカオサンからミャンマー大使館への行き方とミャンマービザ取得方法

2017年1月に、タイのバンコクでミャンマービザを取得したときの情報です。

バンコクのバックパッカー街カオサン通りから、ミャンマー大使館への行き方もまとめました。

2016-2017 世界一周 タイ
2017 世界一周 ミャンマー

タイ・バンコクでのミャンマービザ取得

バンコクのミャンマー大使館の場所とカオサンからの行き方

バンコクのミャンマー大使館は、BTSのチョンノンシー駅(Chong Nonsi)とスラサック駅(Surasak)の間、スラサック寄りのところにあります。

チョンノンシーからは徒歩10分、スラサックからは徒歩5分くらいです。

BTSの駅の周辺の宿に泊まっている場合は行きやすいと思いますが、バックパッカーが集まるカオサン周辺からだと少し時間がかかります。
ここでは3通りの行き方を紹介しておきます。

①チャオプラヤーエクスプレスとBTS(or徒歩)
②バス
③バスとBTS

所要時間はどれもあまり変わらないと思います。

①チャオプラヤーエクスプレスとBTS(or徒歩)

所要時間:1時間~
料金:14B(40B)+15B、徒歩の場合は14B(40B)

チャオプラヤーエクスプレスとは、チャオプラヤー川を運行するボートです。

カオサンから一番近いチャオプラヤーエクスプレスの駅はPhra Arthitです。
ここから、Central Pier/Sathorn (Taksin)という駅まで行きます。

チャオプラヤーエクスプレスの運賃は14B(たしか)なんですが、観光用(ツーリスト向け)のボートだと40B(これもたしか)になってしまいます。
駅にいる係の人に「安いボート」(言い方は変えて下さい・・) と言わないと、ツーリスト向けのボートに案内されると思います。

Central Pier/Sathorn (Taksin)でボートを降りるとすぐに、BTSのサパーン・タクシン駅があります。

サパーン・タクシンからBTSに乗り、一駅隣りのスラサックで降ります。
運賃は15Bです。
スラサックからミャンマー大使館へは徒歩5分くらいです。

ボートの待ち時間によりますが、1時間程度はかかると思っておいたほうがいいです。

BTSで一駅だけ乗るのが嫌な場合は、Central Pier/Sathorn (Taksin)からミャンマー大使館まで徒歩で行くという方法もあります。
徒歩では20分~30分程度かかります。

②バス

所要時間:1時間~
料金:無料

カオサンの近くから15番のバスで、ミャンマー大使館の近くまで行くことができます。
カオサン通りのバーガーキング側から大通りに出てすぐの、セブンイレブンの前のバス停です。
▼このあたり

15番の赤バス(車体が赤、エアコン無し、15のプレートが白い背景に青い文字)は、運賃無料です。
これは国民の税金で運営されているそうです。

Paramontというバス停で降りて、ミャンマー大使館まで徒歩8分です。

無料だしバスに乗るだけなので簡単ですが、バスは思った以上になかなか来ないし、渋滞にハマるとものすごく時間がかかります。
そんなときに、途中からBTSに乗るのが③です。

③バスとBTS

所要時間:1時間~
料金:20B、25B、30B

②のバス停から、15番または47番のバス(どちらも無料バスあり)に乗って、BTSのnational stadium駅(ナショナルスタジアム)、または隣のsiam駅(サイアム)に行きます。
そこからBTSに乗り、スラサックまたはチョンノンシーで降りて歩いてミャンマー大使館に行きます。

ナショナルスタジアムは15番と47番のどちらでも行けます。
なので先に来たバスに乗ればOKです。

サイアムには15番のバスでしか行けませんが、ナショナルスタジアムとサイアムは近いので歩くこともできます。

なぜ
ナショナルスタジアムまたはサイアム

スラサックまたはチョンノンシー
と言っているかというと、BTSの料金が違うからです。

チョンンシー スラサック
ナショナルスタジアム 25B 30B
サイアム 20B 25B

サイアム→チョンノンシーで行けば20Bで済みます。

ミャンマービザ申請に必要な持ち物

  • 顔写真2枚(その場で撮ることもできますがすごく混んでいます。)
  • パスポート
  • パスポートのコピー(その場で3バーツでコピーできます。)
  • 申請料(3営業日で1600B)

▼写真を撮ってもらうところ

ビザ申請

バンコクのミャンマー大使館でのビザの申請時間は9:00~12:00です。
12:00を過ぎると入り口は閉まりますが、中で待っている人の分は受理してくれるようでした。

申請書をもらって記入します。
同時に整理券をもらうので、自分の番が来るまで待ちます。

近くで何か食べて戻ってきてもOKです。
自分の番が来たら、申請書を渡して完了。

ビザ受け取り

ビザの受け取りは即日、2営業日、3営業日が選べます。
値段も変わります。
2016年の12月から2倍に値上げされました。

時間は15:30~16:30です。

さいごに

バンコクでのミャンマービザの申請自体は簡単ですが、カオサンから行くのはどの方法でも時間がかかり、けっこう大変です。
ビザの申請、受け取り時間に間に合うように気を付けて下さい。

タイでは、バンコクのミャンマー大使館の他にチェンマイのミャンマー総領事館でもミャンマービザの申請ができます。

2017年1月~2月に、ミャンマーでtelenorという通信会社のsimカードを買って利用したときの買い方、料金などの情報です。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ