海外旅行/世界一周の持ち物:マネパカード(海外プリペイドカード)

スポンサーリンク

私たちは海外旅行中に現地のATMでお金をおろすときに、マネパカードというプリペイドカードを使っています。
この記事では、マネパカードの特徴と使い方を紹介します。

年会費も発行手数料も無料で使えるので、海外旅行・世界一周・留学など海外に行く全ての人におすすめです。

スポンサーリンク

マネパカード(海外プリペイドカード)とは

マネパカードは、年会費無料で使える海外プリペイドカードです。

マネパカードにあらかじめチャージしておけば、海外のATMでお金をおろしたり、マスターカードとしてお店で使ったりすることができます。

クレジットカードではないので審査はなく、だれでも利用可能です。

海外旅行中に現地通貨を手に入れる方法として、現金両替やクレジットカードのキャッシングの利用が挙げられますが、マネパカードなら直接海外のATMでお金をおろせるので、断然楽です。

→詳しくは公式サイトへ 

マネパカードの特徴

年会費無料

入会金・年会費・口座維持費・チャージ手数料・両替手数料などはかかりません。

両替コストが安い

日本の銀行の外貨両替よりも手数料相当額が安いです。
(詳細は公式サイトへ→マネパカード

また、クレジットカードの海外キャッシングだと返済までの間の利子が、国際キャッシュカードだと多くの場合1回ごとの利用手数料がかかりますが、マネパカードではこれらのコストがかかりません。

マネパカードでは、口座入金後に両替が必要ですが、そのときに表示されている両替レートで両替し、その他の手数料はかかりません。

海外ATM利用時にATM手数料がかかります。

6通貨で利用可能

日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの6つの通貨にチャージして利用することができます。
それらの通貨が使われていない国でも、米ドルにチャージしていれば同じように利用可能です。

6通貨以外で利用する場合、両替手数料がかかります。

プリペイドカードなので万が一のときも安心

クレジットカードの場合、スキミングや盗難で高額の不正利用をされるリスクがありますが、マネパカードはプリペイドカードなので、あらかじめチャージした額しか利用できません。

マネパカードの口座にお金を入れておいたとしても、チャージをしていなければ利用できません。
海外のATMでお金をおろす直前にチャージをするようにすれば、万が一スキミングや盗難の被害にあった際に不正利用される額がかなり少なく(ほぼ利用されない)済みます。

マネパカードの使い方

  • STEP1
    入金
    日本の銀行やコンビニ、マネパFXからマネパカードの口座に振込をします。
    振込はネットバンク(SMBCダイレクトやみずほダイレクト、楽天銀行などなんでも)を利用すれば、海外からでもできます。
  • STEP2
    両替&チャージ
    外貨に両替し、マネパカードにチャージします。
    両替・チャージはマネパカードのマイページ上で行うので、任意のタイミングのレートで両替をすることができます。
  • STEP3
    利用
    チャージ後は海外のATMでお金(現地通貨)を引き出したり、マスターカードとしてお店で買物に使ったりすることができます。
  • STEP4
    ペイバック&両替
    チャージした残高を使い切らなかった場合は、ペイバック・日本円への両替を行うことで、日本の銀行口座に出金することができます。
    また、ペイバック&両替で日本円にした残高は、別の外貨に両替して使うこともできます。
マネパカードの詳しい使い方はこちら
マネパカードの使い方(入金/両替/チャージ/ペイバック)

さいごに

マネパカードを使えば日本の銀行口座から間接的に海外でお金を引き出すことができるので、海外滞在時に不測の事態で家族からの送金が必要になったときにも、日本の口座に振り込んでもらえば自分でマネパカード経由で現地で現金を引き出せます。

入会金や年会費がかからず、クレジットカードのような審査もないので、旅行や出張で海外によく行く人、これから世界一周に行く人はとりあえず作ってしまって良いと思います。

マネパカード

海外旅行保険用に、2枚目のクレジットカードにはリクルートカードがおすすめ(世界一周)
世界一周に持っていったクレジットカードの一つ「リクルートカード」の特徴と、長期海外旅行・世界一周におすすめする理由を紹介します。

Comments

タイトルとURLをコピーしました