旅人必携。マネパカードの特徴と使い方

こんにちは。
今回は旅中のお金についてです。

海外に行くときのお金の持っていき方は、日本円または米ドルで持って行って現地で両替する、日本で現地通貨に両替してから持っていく、クレジットカードの海外キャッシング機能を使う、などいくつか方法があります。

わたしたちはマネパカードという海外プリペイドカードを使って、海外のATMでお金をおろしています。

そのマネパカードの特徴と使い方を紹介します。

スポンサーリンク

マネパカードとは

マネパカードは、海外プリペイドカードです。

インターネット上のマイページからあらかじめチャージしておけば、海外のATMでお金をおろしたり、マスターカードとしてお店で使ったりすることができます。

新しい海外旅行の必需品【マネパカード】

特徴

年会費無料

入会金・年会費・口座維持費・チャージ手数料・両替手数料などはかかりません。

両替コストが安い

クレジットカードの海外キャッシングを利用すると、返済までの間の分の利子がかかります。
国際キャッシュカードを利用すると、多くの場合、一回ごとに利用手数料がかかります。

マネパカードではこれらのコストがかかりません。
マネパカードでは、口座入金後に両替が必要ですが、そのときに表示されている両替レートで両替し、その他の手数料はかかりません。

6通貨で利用可能

日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの6つの通貨にチャージして利用することができます。

それらの通貨が使われていない国でも、米ドルにチャージしていれば同じように利用可能です。

使い方

入金

マネパカードを使って海外ATMでお金をおろすため、まずは専用口座に円貨で振込をします。
専用口座は三井住友銀行です。

スマホアプリなどを使ってネットバンクから振り込むと便利です。

ただし、銀行の営業時間を過ぎると翌日になります。

両替

しばらくして入金の確認が取れると、未チャージ残高に入金した額が反映されます。

未チャージ残高にあるお金は両替して使います。
米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルのいずれかに両替します。

両替は表示されているレートでされます。
両替時に同時にチャージするか選択することができます。

チャージ

両替時に同時にチャージしなかった場合は、別途でチャージ作業が必要です。
チャージは20分くらいで完了するようです。

チャージが済むと、チャージ残高にお金が移ります。
チャージ残高にお金が入ったら、利用可能になります。

ATMで引き出し・店舗で利用

MasterCardのマークのあるATMで利用することができます。
海外のATMでお金を下ろす場合、ATM手数料がかかります。

店舗で利用する場合はクレジットカードと同じように使えます。

さいごに

書いてる途中で気付いたんですが、公式の使い方ガイドがありました。

マネパカードの使い方ガイド

マネパカードはすごい便利で、いつも使っているんですが、意外と知らない人がいたので紹介してみました。
入会金や年会費がかからないので、旅人はとりあえず作ってしまっていいと思います。

海外キャッシングの繰り上げ返済をしなくて済むのも便利です。

▼申し込みはここからできます
新しい海外旅行の必需品【マネパカード】

海外旅行にクレジットカードを持っていく理由と、海外旅行保険についてまとめました。そして、世界一周(長期旅行)に持っていくことにしたクレジットカードを紹介します。